Tag Archives: 起業のヒント

バカにされているんじゃない、自分が自分をバカにしているんだ

06 4月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

私のところにいらっしゃるお客様は、大部分が個人事業主の方ですが、

会社を辞める前に、将来のことを相談に来てくださる方もいらっしゃいます。

 

「会社を辞めて、もっと自分を活かせる自分らしい仕事がしたい」

 

そう思うこと自体はとても素敵だと思うのだけど、それって裏を返すと、

「会社の仕事では自分らしさが活かせない」と思っていることになりますよね。

自分を客観視してそうだと思うのなら、自分らしさが活かせる場所を探していけばいい。

 

ただ、どういうことなのかと詳しくお話を伺っていくと、想いの根っこが相当深い人もけっこう多くて、

「会社では誰も認めてくれない」「バカにされている」といった怒りや悲しみだったりすることもある。

 

こちらを不当に扱ってくる職場にいる理由など1つもないと思うのですが、

(本気で不当な扱いを受けてる人は、早急に身を守る必要があるから私のところには来ない気がするけど)

一方で、仕事を変えても解決しないのではないかな?と感じることも非常に多いです。

まして、会社を辞めて起業しようとなると、会社員時代とは別の苦労に襲われるわけでして、

「会社」を辞めるのと「会社員」を辞めるのとでは、話がもう大幅に違います。リスクも生じる。

 

 

1つ、個人的に心得ていてほしいと思うことがあります。

 

周りが認めてくれないのではない、自分が自分を認めていないのだ。

周りが自分をバカにするのではない、自分が自分をバカにしているのだ。

 

いつだって自分を縛っているのは自分ではないだろうか。

自分が仕事の内容や役職に優劣を付けるから、周りからもそういう扱いを受ける(ように感じてしまう)。

 

自分にできることに対して、どれだけ誇りを持てているだろうか。

自分の仕事に対して、誇りを持てるほどの努力をしてきただろうか。

もし今までしてこなかったのなら、今からやろうとしているだろうか。

 

そして。

他人の仕事に対して、どれだけ敬意を持てているだろうか。

自分にはわからない苦労や努力があるかもしれない、と想像できているだろうか。

 

仕事を変えないと解決しないケースもあると思うけど、

仕事を変えなくても、自分の考え方や仕事への向き合い方で変えられることもある。

というか、考え方や向き合い方を変えない限り、どの仕事に就いても同じことを繰り返してしまう。

 

自分も周りも、みんなそれぞれ一生懸命生きてるわけだしさ。

 

 

そんなわけで4月も日本刀コンサルあります。

本気で起業したい人もした人も、迷っている人も、いろいろな人の「次の1歩」をお手伝い。

4月26日(水)の日本刀コンサルは、残席2です。

 

 

「企業と仕事がしたい」というご相談について。

28 2月 17
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

私はもともと翻訳者として独立していて、企業から仕事をもらって食べてきました。

(個人向けのセッション等を始めたのは、翻訳者として食べられるようになってからの話です)

 

コンサルで「企業と仕事がしたい」という相談を受けることがあります。研修講師がしたいとか。

企業との仕事は、5,000円とかで個人向けセミナーするよりレートが良かったりもするし(笑)、

信頼関係が作れて継続的に仕事がもらえるようになれば、それだけ収入も安定しやすいから、

それを魅力的に感じる人がいるのも、まあよくわかります。ちゃんと収入があるのって大事だからね。

 

仕事内容にもよると思うし、正しく的確な答えが書けるかどうかわからないのですが、

「企業と仕事をする」ということについて、私が考えていることをちょっとまとめておきます。

 

 

1.「個人向けと企業向けでは、仕事の取り方が全然違うよ」

 

これは以前、個人向けにも企業向けにも仕事をしている人にアドバイスされたことなのですが、

自分の経験とか、いろんな人を見てきた中でも、たしかにそうかもなあと思うやつです。

 

まず、個人向けの仕事の延長上に企業の仕事があるわけじゃない、と思ったほうがいい。

個人向けの仕事を頑張ったからといって、企業に認めてもらえるかというと、ちょっと疑問符が付く。

もちろん、個人のお客様からのご縁でその人の会社に呼んでもらえるとか、そういう道もあるでしょうが、

その経路は期待するほど多くないのでは?というのがいろんな人を見てきた中での実感です。

 

つまり、本当に企業と仕事がしたいのなら、別途営業しないといけない可能性が高いし、

個人向けをまず頑張ろう…というよりは、企業での実績をどうやって作るか考えたほうがいい気がします。

 

私自身は、個人向けの仕事は主にWeb経由で取っていますが、

企業からもらう翻訳の仕事は、いわゆるエージェントを使っています。

エージェントにお金が落ちてしまうことに不満を感じる人も多いようなのですが、

「私の代わりに営業とかいろいろしてもらっている」と捉えると、本当にありがたいなあと思うのですよね。

 

また、エージェントを介さずに直接、企業の翻訳や研修の仕事を頂いたこともありますが、

これどうやって頂いたのかというと、実はすべて知人の紹介です。

 

そんなわけで、個人的な意見としては、企業と仕事がしたいなら、

・エージェント経由でもいいから、「企業と仕事をしたことがある」という実績を作ること

・企業と仕事をしている人たちとつながりを持つこと(フリーランス、個人事業主、会社の決裁権ある人とか)

ということになります。まあ、Webもサイト1ページでもいいからあったほうがいいんだろうけど。

 

あとは、「ほんとに企業とやりたいなら、自らどんどん営業をかけるしかないよね」という意見もよく聞きます。

最近どうも、Web集客とかに頼りきりになっている人が多い感じがするのですが(自戒も込めるけど)、

やっぱり直接人に会って伝えるという行為をなめてはいけないし、怖がってはいけないですよね。

 

 

2.そもそも企業のニーズに応えるだけの仕事ができますか?

 

これ、あんまり言いたくないし、ブーメランになってないことを祈るけど(笑)、

個人向けのセッションやセミナーとかって、品質基準が崩壊してきてるように感じるのですよね。

もうなんか、誰も彼もがセミナーを開いてるもの(笑)。個人的にちょっと危機感があるんです、これ。

(たぶんコンサルタントがセミナーを入口にする集客の仕方を画一的に教えてるんだろうけど)

 

※ついでに言ってしまうと、私、セミナー開催するの完全に飽きてしまってます(爆)。招致以外はもう全部やめようかな…w



で、その状態で「企業とも仕事がしたい」って言われてしまうとね。

そのクオリティで企業で通用するのか?企業で求められるのか?金額に見合ったことができるのか?

それ以前の問題として、一般常識的な部分が緩んでしまっている人もたびたび見かけますし。

 

参考までに、私、これまでいろんな方にコンサルしてきましたけど、

「企業向けの仕事もできると思うよ」って私が自主的にアドバイスした人、いまだにお一人だけなんですよ。

お客様から「やりたい」って言われて手段を一緒に考えたことはありますけど、こちらから提案したのはお一人。

そのぐらい、企業向けの仕事に向いていて、かつ堂々と自信を持ってすすめられる人って、実は少ないです。

 

私は企業に勤務した経験ってすごく少ないし、企業とのお仕事はほんと緊張するんですけど、

やはりそれなりの金額を出していただいて、信頼して託していただく以上、それに応える義務はあると思う。

そもそも、仕事にもよるけど、法人ではなくて個人事業主だから…という理由だけで取引してくれない企業もあります。

だから頼んでいただけるだけでもすごいことで、それはしっかり責任を負って対応しないといけないよね。

 

まあどんな仕事もそうなんだけどさ。金額が小さくても、規模が小さくても、相手が誰であっても、ね。

 

 

 

**************

3月の日本刀コンサル、お申込受付中。27日(月)、残席2です。お早めに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは3月27日(月)です。

 

自分の魅力を知り、ビジネスに活かすための「ブランディングカルテ」です。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年あると、何よりも自分自身が変わります。ビジネスとともに自分自身の土台作りも。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

 

 

 

 

サービスって、告知すれば売れる…わけじゃないですよね。

21 2月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 
【お知らせ】

明日22日(水)、日本刀コンサルです。本日18時まで受け付けています。

 

☆☆☆

 

オリジナルビジネスコース日本刀コンサルで、商品やサービスの内容をよく相談されるわけです。

 

メニュー作りって、「自分のやりたいことを形にする」感じでたしかに楽しいんですけど、

作って告知すれば売れる!みたいな簡単な話になるとは限りません(っていうか普通なりません)。

頑張って形にすることで安心してそう思っちゃう人、実はけっこういるように思うんだけど。

 

だって、コンビニとかスーパーでも、「棚に置きさえすれば売れる」ってことはないはずだよね。

自分が買い物するときだって、「必要」とか「欲しい」とか何か思わない限り買わないはずで。

 

言い方はちょっとアレなんだけど、ただ告知して棚に置いておくだけじゃなく、

お客様にちゃんと買う理由を与えてあげることが大事だったりします。

買いやすいように、障害になりそうなものをできる限り取り払ってあげることも。

 

 

あなたのサービスや商品を買うと、いったいどんな良いことがあるのか?

そのサービスを受けた後の自分は、どれだけ素敵になれるのか。

その商品を買った後の自分は、どんな素敵な暮らしを送っているのか。

お客様に、素敵な未来をどこまでイメージさせてあげられるでしょうか。

 

また、感覚的に「あ、いいかも」とパッと見で思ってもらえることも大事です。

商品を売るならその商品自体が「手に取りたい」と思えるものかどうか。

パッケージのデザインとか、商品紹介の写真とか、見た目にもこだわる必要がありますね。

 

サービスを売る場合も、例えば自宅サロンならサロンの写真を通して「行きたい」と思わせる。

私みたいなコンサルとかカウンセリング系の仕事なら、本人の写真とか第一印象になるでしょうか。

Webサイトのデザインとか、名刺とか、そういったツールもその人の印象になるので大事ですね。

 

あと、最後の砦になるのが「本当にお金払って大丈夫かしら」っていう信頼の部分。

感覚とかイメージとしては素敵なんだけど、誰がやっているのかわからないものとか、

本当のこと言ってるのかな?みたいなものとか…早い話が、怪しければ買ってもらえない(笑)。

日頃から自分の持つ知識を伝えておくとか、人柄を知ってもらって親しみを感じて置いてもらうとか、

実際に購入したお客様の声なんかも、信頼につながりやすいかな。信頼は積み重ねだね。

 

感覚に訴えて、「なんかいいかも」と第一印象で気にかけてもらう。

未来像を見せて、「これがあると素敵な未来が待っているんだ」と思い描いてもらう。

商売をしている自分自身のことを伝えて、「この人なら安心だろう」と思ってもらう。

 

「買いたい」って思ってもらえるような情報って、ちょっと考えてもこれぐらいあります。

 

で、単体のサービスや商品でこういうこと考えるのも大事なんだけど、

複数のものを提供しているなら、その中での導線も考える必要がありますね。

 

自分の商品やサービスをどう伝えるのか。

それって単に伝え方の話だけじゃなく、当然ながら自分が売り物のことをよく知っていないといけないし、

最初から、どういうお客様に買ってほしくて、どう伝えたらそのお客様に刺さるのかっていうことを考えて、

商品やサービスを設計しておくってことになります。ただ作って出せばいいってわけではなく。

(もちろん、設計どおりに行くとは限らなくて、やってみて検証しないとわからない部分はあります)

 

勉強したことをぽんっと出せば売れる、っていうわけじゃないのですよね。ビジネスにするってことは。

 

 

**************

明日です。本日18時で締め切りますので、お早目に。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは2月22日(水)です。

 

自分をよく知っていたほうが、自分の軸を定めていたほうが、やっぱりビジネスは進めやすい。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年間で自分のブランドを築いてどんどん発信できるように。点を集めて線にしよう。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

【自分目線と他人目線】求められなければ仕事にならないから。

02 2月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

魅力カルテ、今ちょっと混んでまして、お待たせしてしまってごめんなさい。

今からお申込いただくと2月下旬以降になります(コースご希望の方も同様)。

その頃なら、もうカルテの送付はお待たせしなくて済むと思うので、気になる方はお早目にご予約を^^

 

 

魅力カルテに限らず、日本刀コンサルオリジナルビジネスコースでもそうなのですが、

「客観的な視点で物事を見られるかどうか」って、ビジネスをしようと思ったらやっぱり外せません。

なぜなら、ビジネスってお客様に買ってもらえて初めて成り立つものだから。

 

自分の好きなことを仕事にできるのは素敵なことだけど、

結局、求められなければ仕事にならないという現実があります。

 

自分のやりたいことを、どうやって他人が欲しがる形にして差し出すか。

自分のできることと、他人が欲しいものを、どうやって一致させていくか。

両立はできるのです。でも、そのためにはやっぱり客観的な視点を持たないといけない。

 

例えば魅力カルテを作っていると、ご本人が無自覚なところに魅力が眠っていることが多々あります。

「大したことない」「当たり前」「頑張ったつもりはない」と思っているところ、けっこうポイントです。

他人から見ると、まったくもって当たり前じゃなかったりするのですよね、こういうの(笑)。

ビジネスの種としても大きいので、これに気づかずに始めてしまうのはあまりにもったいない。

だって、あなたの「当たり前」こそが欲しがられているのだから。

 

また、自分が習ったセッションとか施術を「これすごいの!」ってただ差し出しても、

お客様には何が何だかわからない…なんてことも普通にある話です。

 

やりたいことやできることをただポンッと投げればいいわけじゃなくて、

お客様が買いやすいように道筋を作ってあげたり、買ったほうがいい理由を伝えてあげたり、

相手のことを考え、相手の悩みに寄り添い、相手の視点に立って先回りして行動していく感じ。

「線」を引くようなイメージを持っておくのが大事かな。商品やサービスは「点」じゃないのよね。

 

女性は「点」でしか考えられない人も多いように思うのですが、

・どうしてこの仕事をしているの?

・どうしてこの商品を買ったほうがいいの?

・サービスを受けるといったいどうなれるの?

・わざわざFacebookをやる意味は?ブログをやる意味は?

みたいな、思いつきじゃなく根拠のある行動を意識すると、線ができやすいように思います。

 

特にオリジナルビジネスコースなんかは、根拠をいちいち説明しながら進めます。

このへんの考え方が理解できると、半年のコースで習ったことが一生モノになりますな。

 

視野の狭さって、ビジネスに限らず、悩みや失敗のもとになりやすい気がします。

「他人目線代表」みたいな存在として、これからも視野を開くお手伝いがたくさんできるといいな、と。

気持ちいいもんね、視野が開けた瞬間って。「あああああっ!(ぴかーん)」みたいなさ(笑)。

 

 

**************

一番手軽に「ぴかーん」ってなるのは日本刀コンサルかな。今月もあります!

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは2月22日(水)です。

 

自分をよく知っていたほうが、自分の軸を定めていたほうが、やっぱりビジネスは進めやすい。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年間で自分のブランドを築いてどんどん発信できるように。点を集めて線にしよう。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

もし時を戻せるなら、25歳の私にアドバイスしたいこと。

31 1月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

【まずはお知らせ】

 

メルマガ読者のみなさま、メルマガ読者限定「魅力発掘おみくじ」は本日23:59締め切りです。

(日付が変わりましたら、申込ページを削除してしまいますのでご了承くださいませ)

1月5日&25日にメルマガ発行しておりますので、そこに記載のリンクからお申込ください。

なお、おみくじ&魅力カルテの割引も、お申込は今日中にお願いいたします(日程は2月でもOK)。

 

★☆★☆★

 

さて。

25歳って10年ぐらい前なんですけど、私フリーランスになったのがその頃なんですよね。

10年フリーランスでやってきたからこそわかること、あの頃わかっていたら良かったのに…と思うこと、

ちょっと浮かんできたので書き残しておくことにします。

 

せっかくなので当時(たぶん)の私(あまり成長してない?w)↓

 

25歳の私にアドバイスしたいこと。

 

とにかく一言、「開け」と言うだろうなあと思います。

「心を開け」であり、「選択肢を開け」でもあり。

 

 

心を開け。

 

フリーランスは人脈が大事だよ、と言われ続けてきたけれど、

正直、まだまだ自分のことばかりで必死でした。

 

この頃はまだまだ人が苦手で、心を閉じることに力を入れ気味になっていて。

親しくなりたいのにシャッターを閉める、みたいな矛盾したことをよくやってた(笑)。

人間関係って、こちらの都合で心を守ることばかり考えていてはやっぱりダメで、

まずは相手に興味を持つことだし、相手を信頼することなのだろうなと今は思います。

 

だからまずは心を開け。大丈夫だからもっと人とかかわれ。

 

 

選択肢を開け。

 

思い切ってフリーランスになったものの、

「私にはもうこれしかない」「これを手放したら終わりだ」みたいな、

けっこう追い詰められたことを頭の片隅で常に考えていたような気がします。

それもあって、だいぶ無理して働いていました。毎日、睡眠2,3時間とかで。

素直に頑張りたかったというのもあるのだけどね、何とか仕事として成り立たせたくて。

 

それにしても、自分の生きる力をまったく信じられなかったなあと。

マイナスから始まる無茶と、プラスから始まる頑張りは違います。

 

「これしかない」と思えるからこそ頑張れる、という側面もたしかにあるのだけど、

何か起きても何とかなる、何とかしよう、みたいな自己信頼って大事だなあと思うのです。

そして、そんな風に自分を信頼できているからこそ選べる選択肢というのがあるのだと。

 

 

…ま、きっと当時の私は聞く耳持たなかったと思うから(笑)、

10年後、こうして幸せに生きてるから安心しなさいってことだけで十分なのでしょう。

 

 

というか、これ書いてて思ったんだけど、

前ほど人間アレルギーではないけれど、何しろ1人の時間が好きすぎるので、

もう少しいろんな人に会いにいかないと…という点は10年前と変わっていない(爆)。

自己信頼度はアップしたと思うけど、逆に当時のがむしゃら感とか情熱をだいぶ忘れてる気がする。

当時はたしかに良くない無理のしかたをしてたけど、もう少しやれるでしょうよ、今の自分…。

 

記事を書きながら、思いがけず若干の反省モードに入る1月最後の日です。

 

 

私はこう見えてけっこうな怖がりなので、ぼーっとしてたら何もできなくなってしまう。

目の前のことに追われてばかりだと、つい忙しさに飲み込まれて満足してしまって、

守るばかりの毎日に甘んじてしまう。頑張っている気になって終わってしまう。それはやめたい。

 

 

やっぱり大事な選択であればあるほど怖い。

でも、怖い選択ほど、後にもたらされるものもきっと大きいのだと思います。

 

 

**************

2月も日本刀コンサルあります!私で良ければどんな相談もOKです。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは2月22日(水)です。

 

誰に何を伝えたらいいのかはっきりしていない方、これを持てばコンセプトや方向性が一発でクリアに!

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

自分のブランドを作り、発信し、ビジネスを続けるためのコースです。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

 

【あなたはどっち?】アイデアを形にする際の2つの壁

26 1月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

先日のゲリラお茶会で、話の流れでしゃべったことを整理して文章にしておきます。

 

 

アイデアを形にできない人の特徴。

 

サービスの中身にしても、コンセプトみたいな根幹的なことにしても、

自分で仕事をするってことは、自分で生み出さないといけないことがいろいろあるってこと。

 

ここに苦手意識がある場合って、実は2パターンあるなと思っていて、

 

(1)そもそもアイデアが出せない人

(2)アイデアは出るけど形にできない人

 

(1)と(2)って、ぜんぜん違う能力の話なんですよね。

 

 

(1)そもそもアイデアが出せない人=広げるのが苦手

 

何を考えるにしても、「とりあえずアイデアを出してみる」って意外と大事なんですが、

コンサルとかセミナーをやってきた経験上、何も浮かばない…という人が一定数いる感じです。

何も出てこないとなると、何も作れないので(笑)、何かしら出してほしいわけなんですけども。

 

正解にこだわるタイプの人は、アイデア出し苦手です。

学校のお勉強的な「正解」って、大人の世界にはすごく少ないと思うのですが、

ついつい、「これでいいのかな…」って思ってしまうクセ、引きずっている人は多いです。

「こんなアイデア、自分にはできない」とか「こんなの変かな」とかもそう。

思考に制約がかかってしまって、良いアイデアが出にくくなってしまいます。

 

頭を少し柔らかくして、そういう制約を取っ払って何でもいいからアイデアを出してみる。

いきなり人に見せるわけじゃないのだから、何を思いついたって自分の勝手です。

自分で勝手にかけている枷を外せるかどうかが決め手になりますね。

 

 

(2)アイデアは出るけど形にできない人=収束させるのが苦手

 

逆に、「アイデアは大量に出せるけど、うまく形にできない」という人もいます。

 

とにかく発想が豊かで、いろんなことを思いつく。自分に制限もあまりかけていない。

でも、あまりにいろんなことを思いつきすぎて、脈絡がなさすぎて、

いざ「形にしよう」「まとめよう」と思っても、まとめられない。形にできない。

押し入れの中身全部出しちゃって、どう収納したらいいのかわからない、片付けられない、みたいな。

 

こちらは、物事の共通点やつながりを見出すのが苦手な方が多いですね。

出たアイデアを収束させていく作業って、アイデア同士をくっつけていく作業だったりもします。

 

若干変な例かもしれないけど、

「にんじんとじゃがいもとたまねぎが家にあって、豚肉が特売」っていうのがアイデア出したところ。

これをくっつけて「カレーを作ろう」「肉じゃがにしよう」っていうのが収束・まとめの作業。

まとめるのが下手な人は、材料を眺めても料理が浮かばない状態の人なんですね。

にんじんとじゃがいもとたまねぎと豚肉がくっついたらどうなるのかイメージできなくて、単体のまま。

 

こちらも正解があるわけじゃなくて、何通りも組み合わせ方はあるはず。

料理も、慣れると冷蔵庫の中身で適当にちゃちゃっと作れちゃうわけで、

共通点を探したり、組み合わせ方をいろいろ思い浮かべたりすることに慣れると、

出しっ放しで終わらずに、ちゃんと形にするところまで持っていけるのではないでしょうか。

(1)同様、制限をかけずに自由な組み合わせが作れるかどうか、という点も大事ですね。

 

アイデアを形にするって、この両方が揃って初めてできることです。

単なる思いつきとか、何かが降りてくるとか、そういうことではなくて(そういうのたまにあるけど)、

頭の可動域を広げるというか、制限をかけることなく頭を自由に動かせるかどうか。

その自由な頭の動きを、慣れるまでやれるかどうか。ぼーっとしてて急にできるわけじゃないんだよね。

 

 

**************

2月も日本刀コンサルあります!私で良ければどんな相談もOKです。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは2月22日(水)です。

 

誰に何を伝えたらいいのかはっきりしていない方、これを持てばコンセプトや方向性が一発でクリアに!

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

自分のブランドを作り、発信し、ビジネスを続けるためのコースです。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

 

 

生徒たちに教わっていた「集客に必要なたった1つのこと」

12 1月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

まず、集客とはちょっと関係なさそうな話をします。

 

大学を出て最初に就いた仕事は、英会話学校の先生でした。

3歳から80歳まで教えましたが、比較的たくさん教えたのが、中学生と高校生。

そして、私を気に入ってくれるのも、圧倒的多数が中学生と高校生でした。

 

何かと反抗したいお年頃で、リトマス試験紙のような行動でこちらを値踏みしつつ、

学校の先生でも親でもない、宿題サボっても認めてくれるような大人を探してる彼らと、

うまくやっていく(そして最終的に成績を上げる)ためのコツは、1つ。

 

授業の最初に、彼らの話を徹底的に聴いてあげること。

 

先生や親に対する不満だったり、部活の先輩がカッコいいっていう話だったり、

宿題やっていない言い訳だったり、将来の進路に関する真剣な相談だったり、

まーそれはそれは、いろんな話を聞かされたもんです。

 

いや、授業の時間は1コマ40分しかなかったので、

本当はそんなことしてる暇ないのですよ。あっという間に10分ぐらい経ってしまうし。

でも、やる気のないままだらだらやるぐらいなら、30分集中してくれたほうが効果が出るだろうし、

あとは私自身が講師として、彼らのことをもっと知りたいなと思っていたこともあります。

 

1回10分。

この短い時間の積み重ねが、彼らとの信頼関係を作ってくれていたんですね。

 

ある程度話を聴いたら、スパッと話を切って授業を始める!という指導もしっかりやっていましたが、

それは学生だってちゃんとわかっていて、ずっと話をしていることを良しとはしていません。

相手のことをしっかり受け止めたうえで、こちらの意思もしっかり伝える。

ちゃんとコミュニケーションが取れれば、相手は安心して心を開いてくれて、こっちの話も聴いてくれる。

 

横浜西洋館

 

ちゃんとコミュニケーションが取れれば、相手は安心して心を開いてくれて、こっちの話も聴いてくれる。

 

大事なことなので2回書いておきましたが(笑)、

もうこれ以上説明する必要はたぶんないよね。そういうことなんだよね。

 

集客だって、結局のところコミュニケーションであって、信頼関係なんですよね。

 

信頼関係ができると、こちらの話もちゃんと聴いてもらえる。

そんな信頼関係を作るためには、相手の話を聴いて、受け止める。

 

Webで集客するときも、直接話はできなくとも基本線はあまり変わらなくて、

いかに「この人は信頼できそうだから仕事頼もう」と思ってもらえるかだし、

いかに「この人と話してみたいな」と思ってもらえるかじゃないだろうか。

そのために、いろんな角度から自分を伝え、信頼に値するだけの記事を書くわけで。

 

本質はどこでも一緒。コンサルのコツなんかも同じだな。

 

 

***********

ブログやSNSなど発信に関するお悩みは、まずこちらでご相談いただくのが気楽&効果的かな。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは1月20日(金)です。

 

効果的な発信を継続しなければビジネスにはつながらない。半年間、全面的にサポートします。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

2017年もそれ以降も、ずっとあなたの味方でいてくれるのが、このサービスのすごいところ。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

女性起業家をコンサルする者として考える、コンサルの存在意義。

28 12月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

【お知らせ】

明日29日(木)、ゲリラお茶会@池袋です!

お席があれば当日ご連絡いただいてもOKです。お待ちしてます!

 

☆★☆★☆

 

女性起業家のためのコンサルを提供していながら、よく考えることがあります。

別になくても誰も死なないコンサルっていう仕事の意義って何だろう?と。

 

しかも、もはやコンサルって乱立していますし、誰でも始められてしまう部分もあるので、

(資格が必要なわけじゃないから、「コンサルやります」って言えばできちゃう)

「コンサル」って聞くだけで、インチキじゃないかみたいな言い方をする人さえいてね。

実際のところ、コンサルの世界って本当に玉石混合だろうと思うし…。

 

私は私で、自分が良いと思うサービスをプライド持って提供してるつもりだけど、

それは私の考えであって、外から見たら、同じように見えてしまう可能性だってある。

 

それに、Google先生に聞けば基本情報ぐらいなら全部出てくる時代です。

検索して独学すれば無料なのに、お金を払って相談する意義って何だろう?とも思うわけです。

よほどの意味がなければ、わざわざお金を払うほどの価値を感じてもらうことはできない。

 

わざわざお金を払ってコンサルを受ける意義。

たぶんね、自分をストレッチするためというか…視野とか世界を広げるためなんだよね。

売上増やしたりとか、今できていないことをするためには、殻を1枚破らないといけないわけで。

 

 

これは私含めて誰でもそうだと思うんだけど、自分のことって本当に見えません。

自分を客観視しているつもりでも、やっぱり自分は自分で、主観が入るわけなので、

大事なことそっちのけで、ピントのずれたことを延々と頑張ってしまったりするのね。

 

例えば、ビジネスがうまくいかない…と思ったときに、

 

・なぜうまくいっていないのか、最初から捉え間違えている

・うまくいかない理由はちゃんとわかってるけど、対処法を間違えている

・そもそも何がいけないのかぜんぜんわかっていない

・根本的にビジネスの考え方を知らない

 

…みたいなことは、お客様とお話していると、驚くほど当たり前にあります。

私自身もそうですけどね。自分ひとりで試行錯誤してたら、盛大にずれてた…って経験あるし、

今だってもしかしたら(というか確実に)、自分が見えていないおかしなこと、あると思うの。

 

で、そんなときに登場するのが他人なんですよね。

自分のことはわからないけど、他人のことはよく見えるから!

 

個人的に、他人の目で必要なことを指摘してもらうっていうのは、

もう1歩成長したい、今の状況を打破したい、と願っているときこそすごく有効だし必要だなと。

自分のアタマだけじゃうまくいかないのなら、誰かのアタマを拝借するしかないわけだから。

 

それに、自分だけで考えていると、過去の自分に引っ張られてしまいがちです。

「前回こうしたから、こうすればいいはず」「今までできなかったから、またできないはず」みたいな。

今の自分と過去の自分は違うよ。でもそういう先入観も1人だと捨てにくい。他人なら関係ないけど。

 

だから、遠慮なく殻を壊してくれて、自分をひとまわり大きくしてくれそうな人を選んで、

相談してみると良いんじゃないかなと思うし、そういう人を私自身も選ぶことにしています。

 

個人的には、身近な知り合いの中にそういう人がいると良いよね、と思うのだけど、

まったく自分を知らない人のまっさらな客観的意見が欲しい!と感じることも多くて、

そういうときはお金を払ってでも積極的に相談しにいきたい、と思っていて、極力そうしています。

 

 

…ってことは、コンサルを提供する私としては、

それだけの器を備えていないといけないってことなんですよね。

先入観を持たずに広い視野で物事を見て、ビジネスの知識もいろんな角度で蓄えて、

引き出しをたくさん用意しておかないと、さまざまなお客様の殻を破ってあげることはできない。

 

こんな記事書いちゃった以上、自分自身がそういう存在でいられるようにしないといけなくて、

自分でハードルを上げて、自分で首を絞めてる感が満載の記事になってしまいました(爆)。

 

でもそれが私の理想だから。理想を追います、追い続けます、どこまでも。

 

 

★☆★☆★

今年の更新は今日までです。過去記事やサイト全体のメンテナンスをしたいので。

新年は、4日か5日ぐらいから復帰予定です。とりあえず実家に帰って姪とたわむれてきます。

 

各種サービスのお申込は、返信遅くなるかもしれませんが受け付けておりますので、

2017年、自分の世界をさらに広げたい方はぜひご検討くださいませ。

現在提供中のメニューはこちらです。

 

 

2016年もたくさん読んでくださってありがとう!良いお年をお迎えください^^

 

 

 

【痛い起業女子の共通点】きらきらなんて、しようとしなくていいのに。

22 12月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「その辺のきらきら起業女子みたいにはなりたくないんです!」

 

…こういうの、もう何度聞いたかわからない(笑)。

 

やたらとお茶会ばかりやってるとか、やたらと自撮りばっかりやってるとか、

やたらと仲間とつるんでるとか、アメブロにいそうとか、各自イメージはいろいろみたいですが、

いずれにしても「あの人たちは痛い」「同類には見られたくない」みたいな相談の多いこと。

 

※そういう意味では、私はほとんど「サムライ」ですので、安心してお越しくださいw

 

 

痛い起業女子の共通点って何だろう?

 

そもそも「起業女子」っていう言い方が好きじゃないんだけども。

(ちなみに便宜上「女性起業家」をよく使うけど、これもそんなに好きな言い方ではないです)

 

共通点はね、ざっくり1つにまとめられると思う。わりとシンプルな話です。

 

↓↓↓

 

自分のことばかり考えていると、痛く見える。

 

もうね、これに尽きると思うの。

 

img_4511

 

誰でも認めてほしい気持ちは持っているし、それは普通のことだけど、

「もっと見て!」「もっとかまって!」があまりに強烈になると痛く見えるんじゃないかな。

相手の評価を求めて自分を作ろうとする姿が痛々しいんだよね、たぶん。

 

だって起業女子って、起業してるわけですよ。

ビジネスするわけじゃないですか。ビジネスってお客様がいるじゃないですか。

なんでお客様のことじゃなく、自分が注目集めることばかり考えてるんだ?っていう話ですよ。

自分のことも考えますけど(自分大事だからね)、お客様が不在じゃどうにもならぬ。

 

なんだろう、きらきらすることが目的になっちゃってるのかな。

こうすればきらきら輝けるかも!みたいなことを思ってるのだとしたら、

きらきらは無理やり作るものじゃないんだけどなあ、と私は思ったりするわけです。

 

そもそもあなたは何も考えなくても最初からきらきらしたものをいっぱい持ってるはずで、

わざわざ自分を作らなくても素で生きていれば、自然ときらきらが振りまかれるだろうと思うし、

そのきらきらをお客様や友達や家族や恋人や、周りの人に素直に差し出してあげれば、

本当の意味できらきら輝いた女性になっていくんじゃないのかなあ、と私は思うのだけど。

 

注目を集めないときらきらできないわけではない。

起業しないと、お金稼がないと、周りにちやほやされないと、きらきらできないわけではない。

過剰にきらきらを追い求めてしまう人は、自分の持っている輝きにあまりに疎すぎるし、

周りのきらきらに過剰反応して振り回されすぎているのではないでしょうか。

 

まずは、下手に飾らず素で生きること。

そして、ビジネスをするのだから、お客様を大事にすること。

 

起業ってやること地味だからね。それでもきらきらしたいなら違う方法がオススメかも。

 

 

…あと、「ああなりたくない!」という気持ちを強くお持ちの方へ。

それはそれで素直な気持ちだと思うし、こちらとしても尊重したいと思うのですが、

それよりもできれば「私はこうなりたい」を持ってきてほしいかな、という気持ちがあります。

なんというか、「嫌」が強すぎると、つい潔癖を求めてしまって選択肢が狭くなっていくから。

 

 

***********

※平日のご予約枠が少なくなっております。余裕を持ってご予約いただけましたら幸いです。

 

2017年、早いうちにやることを決めておけば、きっと大きな実りと嬉しい未来が得られるから。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは1月20日(金)です。

 

2017年もそれ以降も、ずっとあなたの味方です。あなたの未来の地図として。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

コースは年内いっぱいで、内容&価格を少し改定します。いろんな手法を織り交ぜて伴走します。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

あと、来年もおみくじやるよー。詳細はこちらの記事で確認しておいてくださいね

 

自分もお客様も幸せになれるビジネスを継続する【オリジナルビジネスコース】

16 12月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

昨年の夏に始めたオリジナルビジネスコース

おかげさまで多くの方にご活用いただいていて、今月も2名の方が修了されます。

 

ビジネスって、お客様に商品やサービスを「欲しい!」と思ってもらえないと回りません。

自分のやりたいことをやるのも大事だけど、お客様が欲しくなければ、ビジネスにならない。

 

自分もお客様も幸せになれるようなビジネスを、少しでも長く継続してほしい。

オリジナルビジネスコースの目指すところは、端的に言ってしまえばそういうことです。

 

で、そのために、以下のようにコースの内容を充実させたいと思います。

1年半ぐらいやってきて、必要だと感じたものを追加していきます。

 

Read More…