Tag Archives: 生き方論

何があっても、私はこの手を離さない

23 3月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

大きな仕事を立て続けに受けていたもので、すっかり何も書けなくなっておりました。

物書き系の仕事の割合が異常に高いもんで、脳みその一部分だけ摩耗したような状態になるのよね…。

 

そして気付いたら春分の日も過ぎているではないか。こんなこと↓書いていたのになあ(遠い目)

 

【宣言】目標は春分の日。こんなこと計画中。

 

一応、サイト自体は見られるようになってるんですけど、まだ空っぽなのよ…。

こちらのサイトからも記事を一部リライト&移行していくつもりでいますが、これからです

あと、今まで書いていなかったような記事も書いていくつもりです(個人的にはこっちがハイライト)。

あと1、2週間でとりあえず公開しようとは思ってます。最終形態として整っていなくても。

 

 

今年はとにかく頑張ろう!と決めていたのだけど、

この数ヵ月は、ちょっと思ったのと違う方向に頑張らざるをえなかったりして、

想像以上に消耗ばかり、思うばかり、もどかしいばかりの数ヵ月になってしまいました。

普通に忙しくて頭から煙出そうになってましたけど、そうなると身体も疲れて心も疲れるわけで。

 

頑張ろう!といくら決めても、ガソリンとかエンジンとか、いろんなものがなければ前には進まない。

体力が必要。身体が疲れてぼろぼろだと動けないから、まずは休むことが仕事になる。

気力も必要。気持ちが充実していないと、どこかでぷつりと切れるし、身体もうまく動かない。

 

 

いつもいつも頑張れるわけじゃない。どうしようもないことだって、ときには起こる。

それでも、頑張りたいものがあることを忘れずにいること。手も目も心も、決して離さないこと。

 

慌ただしい日常に流されて忘れてしまうことが大半なのかもしれないけど、

だからこそ、手綱を握り続けられるものは、ちゃんと叶えられるものなのだろうな、と信じて。

「手放す」ことの重要性をよく耳にするけれど、本気でつかみたいものは全力でつかむんだぜ。

 

 

そういうわけで、また少しずつ行きたい方に向かって走りはじめます。

このブログは新サイトへの移行期間に入りますので、不定期更新になる予定です。

サービスも、今後リニューアルも考えていますが、今のところ通常どおりやっています。

 

 

直近では、来週月曜日の日本刀コンサル、あと1枠だけございますので、

先ほどお申込いただき、満席になりました。4月の募集を始めたので、そちらもぜひ。

キャリア相談から魅力を活かしたブランディングとか発信術・文章術まで、ご相談ありましたらどうぞー。

【月1回限定/人数限定】日本刀コンサル

 

魅力カルテオリジナルビジネスコースは、以下から日程をご確認くださいませ。

(一時期よりはかなり予約取りやすいと思いますが、限られていますのでお早めに)

【魅力カルテ・オリジナルビジネスコース】ご予約可能日一覧

 

 

傷ついても、傷だらけになっても、笑って歩け。笑い飛ばして歩け。

24 2月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

私、後悔ってほとんどないなあ…と思ってずっと生きてきたのだけど、

今年に入ってからは、「もっとこういう生き方をしていたら…」ばかりが浮かんでくる不思議。

なんなんでしょうね。まあ、自分では理由がわかっているのですが、言葉にうまくできない。

 

自分が気づいてしまったことや他人の言葉が、心にぶすりと刺さってしまう瞬間は多々あって、

そのたびに、自分の至らなさとか、あのときこうしておけば…とか、いろんなことが頭を駆け巡るけど、

それによって激しく自信を失うわけでもなく、極度に落ち込むわけでも怒るわけでもなく、

「はあ、なんか刺さって痛いけど歩こっ」みたいな気持ちでいるのが今の状態です。

 

 

傷を負わないことが強いのではなくて、たとえ傷を負ったとしても、

絆創膏貼って、ケロッとした顔して、げらげら笑って歩ける人が好きです。

なんなら、鼻の頭にキャラクターの絆創膏とか貼っちゃって、追加で笑いを取れるぐらいがいい。

 

それは痛みを感じないことでは決してなくて、

ちょっとした切り傷や擦り傷には慣れているということ=いろんな経験をしてきていること。

そして、本当に痛いときにはちゃんと手当を受けて、また笑えるような状態を作れること。

ひどいけがなら病院に行くのと同じで、誰かの手を借りて、笑っていられるように戻ればいい。

 

ついでに言うなら、「痛いの」ってむやみに傷を見せびらかすのは個人的に美しいとは思えないので、

すごく痛い想いをし終わった後に、「大けがしちゃってさ~」ってげらげら笑って語れるぐらいのほうがいい。

痛みをシェアするんじゃなくて、その後の笑いと強くなった姿をシェアできる人のほうが、私は好きだ。

 

こうして書けば書くほど、「じゃあお前はどうなんだ」とブーメランが返ってくるわけだけど、

ダメならダメで、痛いままで笑って歩き続ければいいよね、と今の私は思いますし、

歩いているうちにその傷が癒えていくのだろうし、その程度で傷を負わなくなったりもするんだと思います。

 

どうやってもきれいには生きられない。

でも、「汚れがたくさんついてるのにトータルだとなぜか美しい」みたいな生き方には憧れます。

 

 

 

**************

3月の日本刀コンサル、お申込受付中。27日(月)、3名限定です。お早めに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは3月27日(月)です。

 

自分の魅力を知り、ビジネスに活かすための「ブランディングカルテ」です。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年あると、何よりも自分自身が変わります。ビジネスとともに自分自身の土台作りも。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

 

 

真面目な人は、自ら壊れることを覚えたら最強だと思う。

23 2月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

これね、たびたび思ってきたことなんです、実は。

感覚的な話だけど、どこまで通じるかな?

 

壊れ方を知れ。そしてたまに自ら壊れよ。特に真面目な人。

 

お客様にもちょうど「もう少し壊れても平気じゃない?」なんてことを話したところだったのだけど、

そしたらちょうど「しいたけ占い」のしいたけさんが、(たぶん)似たようなことを書かれていまして。

↓↓↓

占い師さんで意地悪な人とは何か(しいたけのブログ)

 

「自分が作っていく作品に光を注ぎ続けると、吐き出している側の人の闇って増えてくる」

「Twitterとかでも人生相談系のツイートとかやっている人って、時々壊れてわけのわかんないことを叫んだりしているじゃないですか。あれって多分光と闇のバランスを元に戻すためにやっていると思うのです。」

「僕は時々壊れることで自分自身のバランスをとります。」

 

これね、なんかわかるんです。感覚的にだけど。

大きな光を放ち続けている人ほど、実は見えないところで闇を抱えていたりもする。

「光」をたくさん与えている人は、実は「闇」のほうにも振り子が大きく動かせる人、みたいな。

なんかこう、天才ほど変態っぽかったりとか(私は天才と変態って紙一重だと思ってる)。

 

これも感覚的な話なんだけど、何かが突出してできる人って、他がからっきしダメだったりしません?

すべてが光の人ってやっぱりいなくて、なんか「容量」みたいなのありそうってたまに思うのです。

 

で、この発想で行くと、真面目で完璧主義、完全無欠っぽい人って危ないです。

光ばかり見せようとして、無意識にどんどん闇が蓄積されて、ある日突然パタッと倒れてしまうから。

「闇」って、気持ち的なこともそうだし、体力的なこともそうだと思います。

「光」を生み続けるのって、思いのほかエネルギーを消費するもんですから。

 

本当に真面目な人って、親しい人の前でもとてもきちんとしていて、

光ばかりを人に見せ続けてしまいがちなのだけど、それだとほんとに望まぬ形で壊れてしまいます。

だから、先に壊れ方を覚えておくと良いというか…しいたけさんも書いていらっしゃるように、

「時々壊れることで自分自身のバランスをと」ることが良い対策になるのでは、と本気で思うわけです。

 

 

私は一人暮らしを始めて、思う存分壊れられる環境を手に入れられてから、すごく楽になったクチで。

3日間布団かぶって寝続けるとか。3日間ひたすら泣き続けるとか。ろくでもないもの衝動食いするとか。

クッションとかぬいぐるみを叩きつけるとか。顔を枕に押し付けて叫びまくるとか。衝動的にモノ捨てるとか。

まあ私はこの程度ですけど、もっともっと上はあるでしょう。自分と他人が傷つかなければ何でもよい。

 

ご家族いるとやりにくいかな。そういう人は外で飲んだくれたり食い倒れたり、なんか考えたらいいと思う。

周りの迷惑を考えないのがコツ、というか意外と許容してくれるんじゃないかって思う今日この頃です。

 

なんか身も蓋もない感じでこういうの徹底的にやるとね、いつの間にか飽きて光の側に戻りたくなるの。

それで、また翌日からちゃんと光を出せる人に戻れる。だから自主的に壊れるのって大事だなと。

 

あと、最初のほうに書いたように、

「光」をたくさん与えている人は、実は「闇」のほうにも振り子が大きく動かせる人だと思うのですね。

だから、「光」を世にたくさん出したいなたら、「闇」のほうの振れ幅も大きく持っておいた方がいい。

 

個人でビジネスをしていて、自分のブランドで何かをしようと思ったとき、

「徹底していること」「突出していること」ってけっこう大事な要素になります。

突出するって、振り子の幅が大きいってことなのだろうな、とこれ書いていて思いました。

すごく眩しいように見えて、実はぶっ壊れ方もすごいっていう(笑)。

 

 

感覚で書ききったのでどこまで伝わるかわかりませんけど、とりあえず思ったことを。

 

 

**************

3月の日本刀コンサル、お申込受付中。27日(月)、3名限定です。お早めに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは3月27日(月)です。

 

自分の魅力を知り、ビジネスに活かすための「ブランディングカルテ」です。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年あると、何よりも自分自身が変わります。ビジネスとともに自分自身の土台作りも。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

 

【非効率のための効率化】幸せを増やすための工夫をする

20 2月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

【お知らせ】

22日(水)、日本刀コンサルです。明日18時まで受け付けています。

 

☆☆☆

 

 

いつも今ぐらいの時期になると、年始の気持ちが早々に薄れてきてしまって、

日々のあれこれに追われまくっていたことが多いのだけど(年度末の繁忙期ということもある)、

今年はとりあえず、気持ちだけは切らしていない感覚があって、その点はちょっと満足しています。

 

とはいえ、やることがたくさんあるのは今年も変わらない(というかむしろ増えてる)ので、

そんな中で、どうやってやりたいことを自分の日常に組み込むか?というのはやはり大きな課題の1つ。

 

時間は限られているし、体力的にもそんなにタフなほうではないし、そして何より、

私は人と比べて、脳みそにものすごいカロリーを取られる仕組みらしく、頭から疲れる(笑)。

睡眠時間が確保できないと、何もかもが回らなくなってしまうのは目に見えてます。

 

でもやりたいことはたくさんあって、それがやれないのはストレスにもなるし、

なんかこう、エネルギーが出しきれていない感覚がものすんごいわけ。溜めこんでる感が。

(このエネルギーもう少しうまく出せるといいんだけどな、出し方がまだわからない)

 

 

非効率のための効率化

 

という言葉をこないだから頭にずっと置いているのですが、

時間管理をして、物事を効率良く進める理由って、非効率な時間を楽しむためだと思うのです。

 

例えば趣味とかって基本的に非効率ですし、効率を考えずに楽しめるほうが楽しいよね。

だらだらするのも、効率的にやろうなんて考えずに、ただひたすらだらだらしたいし、

あとは新たに挑戦することとか、不慣れなことって、どうしても効率的にはできません。

 

だからこそ、効率的に済ませられることは効率的にサクッと済ませてしまいたい。

日々の習慣的なこととか、家事とか事務作業とか、そういったものですよね。

仕事だって、集中して済ませてしまったほうが、だらだらやるよりも早い。

効率を上げて時間を圧縮して、残った時間を非効率なことにがっつり割けたら楽しい。

 

あくまで私の場合ですけど、

・余計な物事をできるだけシャットアウトすること(いろいろなことに気づいてしまう体質なので)

・やろうと思ったらその場でアクションを始めること(始めるまでの時間がもったいなさすぎる)

・とにかくしっかり体調を整えること(眠かったり疲れてたりすると効率はどうしても落ちる)

この3点がしっかりできると、だいぶうまくやれるような気がしています。

 

何もかも抱えることはできないっていうのもよくわかっていて、

ただでさえ抱え過ぎやすい私は、根本的にやることを減らさないといけないのかもしれないけど。

工夫を絞り出してクリアできることならクリアしたいよね。やりたいことから手を放す前に。

 

あとは助け合える人間関係をもう少し増やしたい…。もちろんもらうばかりじゃなくて、ちゃんと相手の役に立てる人間になりたいです。

 

 

**************

あさってです。残席2。明日18時で締切です。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは2月22日(水)です。

 

自分をよく知っていたほうが、自分の軸を定めていたほうが、やっぱりビジネスは進めやすい。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年間で自分のブランドを築いてどんどん発信できるように。点を集めて線にしよう。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

リアルこそが伝わり、リアルこそが人の心を動かす。

20 1月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

魅力カルテのインタビューでは、お客様の半生をじっくり伺います。

具体的には、インタビューのもとになる魅力カルテ事前アンケートを見てみてください。

 

とにかく、なんというか「リアル」です。生きてきた道をそのまま振り返ってもらうというのは。

 

実際に見てきたことや感じてきたことを伝える言葉は、想像や伝聞よりもはるかに強力です。

お客様はきっと、そのときの映像を脳裏に見ているだろうし、感情も感じていると思う。

涙を流す方もいるのは、経験がまさにリアルに思い出されているからですよね。

 

こういった場面を見ていると、いつも思うのです。

もっとリアルな経験ごと伝えていけばいいのに、と。

私にお話してくださったこと、世間に伝えても大丈夫だから、って。

 

経験はやっぱり強いし、なにしろオリジナルです。

正確に言うと、似たような経験をする人は世の中にたくさんいるかもしれないけど、

そこで生じる感情は人それぞれで、まさにあなただけのものなんです。

 

でも、実際にそれをさらけ出すのは難しい、と感じる人も多い。

嫌われないか、叩かれないか、今までとイメージが変わってしまって、人が離れていかないか…。

お客様を見ている限り、実際にそういう事例に出会ったことはないのですけどね。

 

想いを伝えているはずなのに伝わらない…と思っている人がいるとしたら、

「いまひとつわかってもらえない…」という気持ちがくすぶっている人がいるとしたら、

言葉で表面的に伝えているだけになっていて、自分自身の心がどこか閉じていないだろうか?

 

IMG_4422

 

実は、「この人は知られたくないことがあるのだな…」という壁は、言葉からすぐに感じ取れます。

私はそのまま受け止めますが、実際には、その壁が壊れない限り、世の中に魅力は伝わっていかない。

だって、壁が先に伝わってしまうから。相手が「これ以上踏み込んではいけないんだな」と感じる壁が。

そして、壁を作って知られたくないことを頑丈に守ろうとするあまり、リアルさが消えてしまう。

1枚フィルターを通したような、どこかぼんやり不自然な景色しか見えないのですね、周りの人には。

 

あなたにとっては、当たり前だったり、恥ずかしいことだったりするのかもしれない。

でも、あなたの周りの人は、意外とそういうリアルな部分に興味を持っています。

だいたい、誰だってみんな、リアルに生きてきてるんだから。泣いたり怒ったり恥をかいたりしながら。

 

もちろん、何もかもすべてを隠さず伝えろ、ということではありません。

でも、経験はひとりひとり違えど、共感するポイントってある種の生臭さなんじゃないかなあ。

 

 

**************

★あなたの生きてきた道が、そのままあなたのブランドを作ってくれます。

魅力カルテは、あなたの魅力を文章化。あなただけのビジネスを構築するためのマニュアルです。

※今年の魅力発掘おみくじお申込くださった方は、割引あります^^

 

妄想を現実にしてしまえプロジェクト。

16 1月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

妄想、楽しいよねぇ。

 

魅力カルテのインタビューでも、お客様から「妄想大好きでした」っていう話をよく聞くんですが、

ご多分に漏れず、私もいろんなことをうだうだと妄想する子どもでしたし、今でも変わらず妄想好きです。

 

ひとりの時間って私大好きなんだけど、誰にも邪魔されることなく、自分の世界にどっぷりつかって、

何の制限を付けることもなく、好きなだけ想像を広げられるからかもしれないな、と思ったりします。

制限のない想像ができることって、思考力も創造力も広げてくれると思うので、大事なこと。

 

妄想の内容もそれはそれは多岐にわたっていますが、

起こる確率が宝くじ当たるより低そうなことを、頭の中に思いっきり描き出すのは、

思うようにいかないときや疲れてるときの最高の娯楽ですよ。またの名を現実逃避と言いますけど。

まあ、「妄想してる場合じゃないよ!」って、我に返らざるをえなかったりするわけだけどもね。

 

 

でね、今年ふと気づいたことがあるのです。

 

妄想は本当に妄想でしかないのか?

妄想は本当に逆立ちしてもできなさそうなことばかりなのか?

妄想を現実にしてしまう手立てはないものなのか?

 

よくあるじゃないですか。「思いつくことは実現できるから思いつくんだ」みたいな話。

だとしたら、妄想であっても、ちゃんと自分で思いついていることなのだから、

妄想止まりじゃなく、ちゃんと現実になったとしてもおかしくないってことだよね?

もちろん、妄想の内容によっては本当に逆立ちしても絶対無理なこともあるのだけど、

ちょっと冷静に考えてみたら、100%無理なことばかりとは限らないような気もする…。

 

 

だったら妄想を現実にしてしまおうじゃないか。

 

そんなプロジェクトを、今年は勝手にひとりで展開することにしました。

 

もちろん、よくわかっているのです。

妄想って現実から遠いからこそ楽しかったりもするし、

現実的ないろんなことを考えなくていいからこそ楽しかったりもする。

妄想だからこそ、良いことばかり思い描けて幸せな気持ちになれるわけであって、

現実はだいたいそうもいかない。普通は厄介なあれこれに対処しないといけない。

妄想するのは簡単でも、現実にしようと思ったら、茨の道を通らないといけないかもしれない。

 

妄想って、妄想のままにとどめておいたほうが、たぶん圧倒的に楽しいのです。

 

でもね、自分の妄想してることを改めて振り返ってみると、

何をどう考えても絶対にありえないっていう次元のものもたしかにあったんだけど、

「絶対に100%ありえない」って言いきれるもの、思ったより少ない気がしたのですよ。

 

もしかして、勝手に妄想の枠に収めてしまっているだけなんじゃないだろうか?

「妄想」ってことにしておけば、実現しなくてもがっかりしなくて済んで、あきらめもつく。

実現しようと一生懸命行動しなくても済む。大変な思いをしなくても済む…。

 

妄想は妄想で楽しい。「ありもしないこと」を考える時間は最高に楽しい。

でも、その中の「もしかしたらあるかもしれないこと」は、現実に引っ張り込んだらいいじゃないか。

もし、本当に現実に引っ張り込むことができたとしたら、現実がもっと楽しくなるんじゃないだろうか?

 

叶えたいことなら、とりあえず叶える方向に動いてみたらいいじゃないか。

 

私たちは生きている限り、どうやっても現実から逃れられないわけだから、

現実に文句を言って逃避して暮らすぐらいなら、現実を楽しくする努力をしたほうが良いよね。

だからこそ、「妄想を現実にしてしまえ」プロジェクトです。妄想も現実も楽しくやりたい。

 

だいたい、今の私は、昔の私が妄想できた範囲さえも、ゆうに超えてしまっているのですよ。

頭に思い描ける範囲のことって、実は大したことではないような気もするのです。

 

 

***********

妄想、語りにきてください(笑)。現実にするための策が見つかるかもしれないし。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは1月20日(金)です。

 

自分を活かして仕事がしたい方、セルフブランディングが必要な方、必携です。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

6ヵ月あったら、妄想が現実に近づくかも?自分ブランドを作り、発信し、ビジネスを続けるためのコースです。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

 

 

 

【痛い起業女子の共通点】きらきらなんて、しようとしなくていいのに。

22 12月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「その辺のきらきら起業女子みたいにはなりたくないんです!」

 

…こういうの、もう何度聞いたかわからない(笑)。

 

やたらとお茶会ばかりやってるとか、やたらと自撮りばっかりやってるとか、

やたらと仲間とつるんでるとか、アメブロにいそうとか、各自イメージはいろいろみたいですが、

いずれにしても「あの人たちは痛い」「同類には見られたくない」みたいな相談の多いこと。

 

※そういう意味では、私はほとんど「サムライ」ですので、安心してお越しくださいw

 

 

痛い起業女子の共通点って何だろう?

 

そもそも「起業女子」っていう言い方が好きじゃないんだけども。

(ちなみに便宜上「女性起業家」をよく使うけど、これもそんなに好きな言い方ではないです)

 

共通点はね、ざっくり1つにまとめられると思う。わりとシンプルな話です。

 

↓↓↓

 

自分のことばかり考えていると、痛く見える。

 

もうね、これに尽きると思うの。

 

img_4511

 

誰でも認めてほしい気持ちは持っているし、それは普通のことだけど、

「もっと見て!」「もっとかまって!」があまりに強烈になると痛く見えるんじゃないかな。

相手の評価を求めて自分を作ろうとする姿が痛々しいんだよね、たぶん。

 

だって起業女子って、起業してるわけですよ。

ビジネスするわけじゃないですか。ビジネスってお客様がいるじゃないですか。

なんでお客様のことじゃなく、自分が注目集めることばかり考えてるんだ?っていう話ですよ。

自分のことも考えますけど(自分大事だからね)、お客様が不在じゃどうにもならぬ。

 

なんだろう、きらきらすることが目的になっちゃってるのかな。

こうすればきらきら輝けるかも!みたいなことを思ってるのだとしたら、

きらきらは無理やり作るものじゃないんだけどなあ、と私は思ったりするわけです。

 

そもそもあなたは何も考えなくても最初からきらきらしたものをいっぱい持ってるはずで、

わざわざ自分を作らなくても素で生きていれば、自然ときらきらが振りまかれるだろうと思うし、

そのきらきらをお客様や友達や家族や恋人や、周りの人に素直に差し出してあげれば、

本当の意味できらきら輝いた女性になっていくんじゃないのかなあ、と私は思うのだけど。

 

注目を集めないときらきらできないわけではない。

起業しないと、お金稼がないと、周りにちやほやされないと、きらきらできないわけではない。

過剰にきらきらを追い求めてしまう人は、自分の持っている輝きにあまりに疎すぎるし、

周りのきらきらに過剰反応して振り回されすぎているのではないでしょうか。

 

まずは、下手に飾らず素で生きること。

そして、ビジネスをするのだから、お客様を大事にすること。

 

起業ってやること地味だからね。それでもきらきらしたいなら違う方法がオススメかも。

 

 

…あと、「ああなりたくない!」という気持ちを強くお持ちの方へ。

それはそれで素直な気持ちだと思うし、こちらとしても尊重したいと思うのですが、

それよりもできれば「私はこうなりたい」を持ってきてほしいかな、という気持ちがあります。

なんというか、「嫌」が強すぎると、つい潔癖を求めてしまって選択肢が狭くなっていくから。

 

 

***********

※平日のご予約枠が少なくなっております。余裕を持ってご予約いただけましたら幸いです。

 

2017年、早いうちにやることを決めておけば、きっと大きな実りと嬉しい未来が得られるから。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは1月20日(金)です。

 

2017年もそれ以降も、ずっとあなたの味方です。あなたの未来の地図として。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

コースは年内いっぱいで、内容&価格を少し改定します。いろんな手法を織り交ぜて伴走します。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

あと、来年もおみくじやるよー。詳細はこちらの記事で確認しておいてくださいね

 

【引き寄せの法則】望みどおりの結果を引き寄せるための3ヵ条。

07 12月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「引き寄せ」という言葉の本質。

 

「引き寄せ」という言葉、もうずいぶん浸透しましたよね。

引き寄せが上手な人を見ていると、ただぼーっとしているわけではもちろんなくて、

ちゃんとポイントを押さえてるというか、やることやっているなあっていう感じがあります。

 

ぼーっと願っただけで何かが叶うわけじゃないんだよね(笑)。

だいたい、そんな簡単に引き寄せが起きちゃうとしたら危険で仕方ない(笑)。

頭の中でちょっとでも妄想したことが現実になったら…絶対怖すぎますよねw

 

実際に望みどおりの結果を引き寄せている人たちを見ていると、

 

(1)やるんだ!と決めること。

(2)邪魔な思考を置かないこと。

(3)逃げ道を作らないこと。

 

大事なポイントはこんな感じじゃないでしょうか。

 

970388_530749350345641_2005985473_n

 

「引き寄せ」3ヵ条。

 

(1)やるんだ!と決めること。

 

まずは決めなければ話にならない。何を引き寄せたいのかな。

できるだけ具体的に決めるのがポイントのような気がします。

「いつかサロン持ちたい~」とかじゃなくて、「3年後に自由が丘のマンションでサロンを開く」とか。

間取りとかまでイメージして、実際に内覧しにいっちゃえばいいんじゃないかと思う。

 

これ、口で言うのは簡単なのですが、

みんなできるのなら、世の中誰でもうまくいっているわけで…(笑)。

そういうわけで、(2)と(3)がセットで必要になってくるだろうなと思います。

 

(2)邪魔な思考を置かないこと。

 

やると決めたら、余計なことを考えるのはムダです。

「本当にできるだろうか…」「周りに反対されないだろうか…」「やっぱり違うことをしたほうが…」

ついつい、足を引っ張るような感情が出てきてしまうものですが、スパッとお引き取り願いましょう。

 

必要なこと以外のことをあれこれ考えるのは、エネルギーのムダ遣い。もったいないです。

すぐ行動する人って、邪魔な思考が出てくる隙を与えないから、実現が早いんだと思うよ。

 

(3)逃げ道を作らないこと。

 

これは「どうしても」という気持ちが持てるかどうか…だと思います。

「どうしても欲しい!」「どうしてもやりたい!」という気持ちが持てているかどうか。

「どうしても」という想いがあると、逃げ道はなくなる…というか、「逃げる」という選択肢がないのですね。

そこまでの想いを持てるかどうか。大きな望みであるほど、心の底から湧き上がる強い想いが必要かも。

 

変に執着して「これを引き寄せないと私は不幸になる…」みたいに思っちゃうと逆効果。

「今でも十分幸せだけど、これが叶ったらもっと幸せ!」っていうぐらいの軽さが良いのかと思います。

重く思い詰めて、エネルギーをマグマのように溜め込んでぐつぐつするんじゃなく、

前向きで軽やかなエネルギーで動き続けているほうが良い循環のような気がしています。

 

 

☆★☆★☆★

 

結局、「引き寄せ」が上手な人って、

引き寄せたい出来事がちゃんと自分の素直な本心に沿っていて、

その本心の方向にエネルギーを集中させられる人なんだと思うんですよね。

 

で、エネルギーを向けたい方向がわかったら、あとは動く。

目標に向けて動くのもそうなんだけど、外に出て人に会うとか、散歩するとか、

そういう物理的な「動く」も、意外と物事の流れを変えてくれたりするものですよ^^

 

 

***********

12月の日本刀コンサルは、19日(月)です。今年のお悩み、今年のうちに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは12月19日(月)です。

 

コースは年内いっぱいで、価格を少し改定することになると思います。半年後の自分が楽しみだね。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

言葉としてはっきり自分の半生が見えてくる体験って、意外とできないものなんですよね。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

 

セラピー、占い、強み診断…自分探しにハマる前に考えるべき3つのこと

29 11月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「もうこれ以上、セラピーとか占いとか強み診断とか、

自分探しのためのいろいろなサービスを転々と受けなくて済むように…。」

 

魅力カルテは、実はこんなことも願いつつ作ったサービスなんです。

 

過去、現在、未来が1本の脚本みたいな感じで見えてきてしまいますし、

文章化されているので、いつでも読み返して、自分の軸を確認することができる。

あちこちで新しく何かを受けなくても、魅力カルテに戻ればいいだけなんですね。

1回のサービスとしては高額かもしれませんが、ずっと使える分安上がりというわけ。

 

「セッションジプシー」とでも呼べばいいのかな、とにかく今はいろんなセッションがありますけど、

自分探しを転々とやり続ける人が多すぎるのでは?と、以前から感じていました。

 

たしかに、楽しいですけどね。いろんなセラピーとか占いを受けて歩くのって。

「当たってる~!」っていうか、当ててほしいっていうか、自分のことをわかってくれた感?

新しい自分が見つかった!みたいな感じ?何でしょうね、何かわからないけど楽しい。

 

純粋に楽しくて受けて歩いてるなら、それはそれでいいと思うんだけど、

私が見ている限りの話ですが、極度のジプシー体質になってしまっている人もいます。

そういう人たちって、よくよく心の声を聴いてみると、

 

・「誰か私を変えて〜!」って、心のどこかで思っている

強みがわかったけど、変わらなかった。じゃあ潜在意識のことを聞いてみたら変わるかも。

潜在意識もわかったんだけど、何も変わらない。じゃあ、あの人のコンサルなら変わるかな…みたいな。

結果を聞いただけで変わるなら苦労しないんだけど(笑)、でもどこか期待してしまってる。

 

・「簡単に人生がうまくいくような、すごい能力が出てこないかな…」って心のどこかで思っている

「この強みを活かしさえすれば稼げる!」みたいな、

そういう魔法みたいなものを求めて歩いてるのかな?っていう感じの人もいます。

うまくいかないのは、まだ本当の自分が引き出されていないからだ!みたいな。

 

どっちにしても、少しでも面倒なことは避けたい、ラクしたいっていうのと、

他人から聞かされる結果によりかかって、振り回されてるっていう感じなんだよね。

 

こういう気持ちでいる限りは、財布が軽くなるだけで何も変わらないんじゃないかな。

自分の人生は自分で生きるしかない。他人が答えをくれるわけではありません。

 

a1380_000939

 

私の魅力カルテも含め、自分と向き合うサービスを受けようというときには、

次の3つをきちんと考えてから申し込むといいかなと思います。

 

(1)自分に必要なものを明確にして。

なぜそのサービスが今の自分に必要なのか?そのサービスから何を得たいのか?
何も考えずに漫然と受けると、何も得られないんです。結局ジプシー行きになります。

(2)この人なら信頼できる!という人を見つけて。

結局、人間って「何を言われるか」ではなく「誰に言われるか」で行動するんですよね。
「この人の言うことなら聞いてみよう」と思える人を探すのがとても大事ではないかと。

(3)よし、自分は変わるんだ!と覚悟を決めて。

人間の脳って、変化を嫌がり、安定を好むようになっているのだそうです。
だからこそ、「変わろう」って自分で決めないと、誰の手にかかってもダメなんですね。
覚悟を決めるってことは、後戻りする道をなくして、言い訳する余地もなくすことです。

 

自分探しをしたから人生が変わるわけじゃない。

自分を探してもいいけど、延々と探しても前に進まない。探した結果を踏まえて、

自分の手と足で自分の人生を切り拓くしかありません。そこはラクできない。自分の仕事。

誰に何を言われようと、自分は自分でしかないし、自分の人生は自分にしか決められない。

 

あなたが変われるのは、セラピーや占いを受けたときではない。

あなたが変わろう!と決めたときだけなんです。

 

 

**************

1回のセラピーよりは高額かもしれませんが、ジプシーするよりは安上がり。

何年も大事にしてくださる方が多い、お守りのようなサービスです。

魅力カルテは、あなたの魅力や想いを言語化。ぶれない自分軸が見えてきます。

 

12月の日本刀コンサルは、19日(月)です。今年のお悩み、今年のうちに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは12月19日(月)です。

 

自分らしさとは、自分のすべてを集めた「束」なのだと思う。

25 11月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

私がフルタイムの会社員をしていた期間、たった1年半。

 

その1年半の間に、生徒に英語を教え、先生の面接をし、研修をし、給与査定もしていた。

電車に乗るとお腹が痛くなって、まずトイレ直行。食事がとれなくなって、身体が壊れて辞めたのでした。

朝起き上がるのに苦労する時期もあったな。それでも行くのが仕事だ!って思ってたので頑張ったけど。

 

「それだけいろんな経験をしたんだから、必ず活きるよ」

 

人生の先輩たちは、みんな口々にそう言っていた。

大学を出たばかりにしては、たしかにいろんな経験をさせてもらったけど、

まあこっちとしてはそれどころじゃないし、次のキャリアを考えないといけないし、

頭ではなんとなく理解していたけど、心の底からそう思うほどの余裕はどこにもなかった。

 

昨日、電車の中でふと、そんな23歳の私のことを思い出した。

そう、お腹が痛くなりながらも、いろんなことに振り回されながらも、必死で働いていた頃の私。

 

10年以上経って、あの頃のことって、実はろくに覚えていない。きつかったはずなんだけど。

頭で記憶してることはあるけど、きつさはもうリアルに思い出せない。現実だったはずなのに。

 

人は忘れる生き物。本当によくできてるなと思う。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-24-20-00-37

 

でも、あれが現実だった何よりの証拠は、たぶん私の中にごりごりと彫り込まれている。

 

3歳から80歳まで、幅広い年代の人たちに教えた経験がなかったら、

自分でセミナーを開いたり、曲がりなりにも企業研修で教えたりできただろうか?

講師業や面接、研修、査定を通して、徹底的に人を見るという力を養っていなかったら、

人の本質を見抜かなければいけない今の仕事は、成立していただろうか?

 

経験の真っ只中にいるときは、「これが何の役に立つのか」なんてわからないことも多い。

無理に苦しい経験をする必要なんてないけど、わざわざ身体を壊す必要なんてないけど、

今の苦労がいつどこで役に立つかわからない。そのときにならないと役に立ってることさえわからない。

 

12年前の自分は、どこかに自分にとって完璧な世界があるような気がしていて、

今すぐそこにたどり着きたい、たどり着かないといけない、そう思っていた気がする。

何でもかんでも自分の思い通りになる世界というのは存在しないけど、

思い通りにいかない世界を楽しむ余裕ができるのが、年を重ねることなのだろうか。

いちいち目くじらを立てるでもなく、かといってすべてを諦めてしまうのでもなく。

 

いずれにしても、今日は必ず明日につながっている。

少なくとも、私の12年前は、ちゃんと今につながっていた。

 

楽しかったこと、苦しかったこと、役に立ったと明確に思えること、思えないこと、

大きなことから小さなことまで、自分の人生にかかわるすべての物事を束ねたものが、

自分らしさであり、オリジナルなんだろうな、と思う。

 

だから、生きている限り、束が作れない人はいない。

自分らしさがよくわからないという人は、たぶん束にしてみたことがないだけなんだよね。

 

 

***********

言葉という形で、あなたらしさを束ねていくと、魅力カルテができあがります。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

京都行きのお知らせです。写真の展示に遊びにきてくださる方、コンサル希望者、募集中!

【京都に行きます】12月12~14日、お会いできる人募集中!

 

12月の日本刀コンサルは、19日(月)です。今年のお悩み、今年のうちに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは12月19日(月)です。