Tag Archives: 心の翻訳

真面目な人は、自ら壊れることを覚えたら最強だと思う。

23 2月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

これね、たびたび思ってきたことなんです、実は。

感覚的な話だけど、どこまで通じるかな?

 

壊れ方を知れ。そしてたまに自ら壊れよ。特に真面目な人。

 

お客様にもちょうど「もう少し壊れても平気じゃない?」なんてことを話したところだったのだけど、

そしたらちょうど「しいたけ占い」のしいたけさんが、(たぶん)似たようなことを書かれていまして。

↓↓↓

占い師さんで意地悪な人とは何か(しいたけのブログ)

 

「自分が作っていく作品に光を注ぎ続けると、吐き出している側の人の闇って増えてくる」

「Twitterとかでも人生相談系のツイートとかやっている人って、時々壊れてわけのわかんないことを叫んだりしているじゃないですか。あれって多分光と闇のバランスを元に戻すためにやっていると思うのです。」

「僕は時々壊れることで自分自身のバランスをとります。」

 

これね、なんかわかるんです。感覚的にだけど。

大きな光を放ち続けている人ほど、実は見えないところで闇を抱えていたりもする。

「光」をたくさん与えている人は、実は「闇」のほうにも振り子が大きく動かせる人、みたいな。

なんかこう、天才ほど変態っぽかったりとか(私は天才と変態って紙一重だと思ってる)。

 

これも感覚的な話なんだけど、何かが突出してできる人って、他がからっきしダメだったりしません?

すべてが光の人ってやっぱりいなくて、なんか「容量」みたいなのありそうってたまに思うのです。

 

で、この発想で行くと、真面目で完璧主義、完全無欠っぽい人って危ないです。

光ばかり見せようとして、無意識にどんどん闇が蓄積されて、ある日突然パタッと倒れてしまうから。

「闇」って、気持ち的なこともそうだし、体力的なこともそうだと思います。

「光」を生み続けるのって、思いのほかエネルギーを消費するもんですから。

 

本当に真面目な人って、親しい人の前でもとてもきちんとしていて、

光ばかりを人に見せ続けてしまいがちなのだけど、それだとほんとに望まぬ形で壊れてしまいます。

だから、先に壊れ方を覚えておくと良いというか…しいたけさんも書いていらっしゃるように、

「時々壊れることで自分自身のバランスをと」ることが良い対策になるのでは、と本気で思うわけです。

 

 

私は一人暮らしを始めて、思う存分壊れられる環境を手に入れられてから、すごく楽になったクチで。

3日間布団かぶって寝続けるとか。3日間ひたすら泣き続けるとか。ろくでもないもの衝動食いするとか。

クッションとかぬいぐるみを叩きつけるとか。顔を枕に押し付けて叫びまくるとか。衝動的にモノ捨てるとか。

まあ私はこの程度ですけど、もっともっと上はあるでしょう。自分と他人が傷つかなければ何でもよい。

 

ご家族いるとやりにくいかな。そういう人は外で飲んだくれたり食い倒れたり、なんか考えたらいいと思う。

周りの迷惑を考えないのがコツ、というか意外と許容してくれるんじゃないかって思う今日この頃です。

 

なんか身も蓋もない感じでこういうの徹底的にやるとね、いつの間にか飽きて光の側に戻りたくなるの。

それで、また翌日からちゃんと光を出せる人に戻れる。だから自主的に壊れるのって大事だなと。

 

あと、最初のほうに書いたように、

「光」をたくさん与えている人は、実は「闇」のほうにも振り子が大きく動かせる人だと思うのですね。

だから、「光」を世にたくさん出したいなたら、「闇」のほうの振れ幅も大きく持っておいた方がいい。

 

個人でビジネスをしていて、自分のブランドで何かをしようと思ったとき、

「徹底していること」「突出していること」ってけっこう大事な要素になります。

突出するって、振り子の幅が大きいってことなのだろうな、とこれ書いていて思いました。

すごく眩しいように見えて、実はぶっ壊れ方もすごいっていう(笑)。

 

 

感覚で書ききったのでどこまで伝わるかわかりませんけど、とりあえず思ったことを。

 

 

**************

3月の日本刀コンサル、お申込受付中。27日(月)、3名限定です。お早めに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは3月27日(月)です。

 

自分の魅力を知り、ビジネスに活かすための「ブランディングカルテ」です。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年あると、何よりも自分自身が変わります。ビジネスとともに自分自身の土台作りも。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!

 

 

星野源『蘇える変態』に学ぶ、垣根をつくらないモノの見方

21 12月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

テレビを持っていなくて、ドラマを見ることのない私でも、

さすがに、「逃げるは恥だが役に立つ」の大人気ぶりはもちろんのこと、

それに伴う(ってことでいいのよね)星野源さんのブレイクぶりも知っておりました。

 

今まで名前しか知らなかったのです、星野源さん。

俳優でミュージシャンで文筆家だって。なんだその引き出しの多さ。面白そうでずるいじゃないか。

 

面白そうだと思ったら、私はご本人の言葉が知りたいな、と思うわけです。

というわけで、ラジオ「星野源のオールナイトニッポン」に何度か耳を傾け、

本(最新刊かな)を1冊買って読み終えたところで。

 

星野源『蘇える変態』

星野源 蘇える変態

 

コンサルでお客様に熱弁ふるってしまうほど良かった。

(ただの雑談じゃなくて、ちゃんとお悩み解消の事例として出したんだよ!)

 

本を読む前にラジオを数回聴いていたのだけど、

 

むやみに線を引かない人なのだなあ

 

って思ったんですよね、初めてラジオを聴いたときに。

 

話の振れ幅がすごく広い。真面目な話からどうしようもない下ネタまで。

これができるのって実はすごいことで、ジャッジする癖がある人にはできない芸当だと思うのね。

いちいち「アレは良い、コレはダメ」って判断する人は、どうしても許容範囲が狭くなるから、

話のネタも狭くなるはずだし、相手の話を受け止める度量みたいなものも狭くなりがちです。

 

で、『蘇える変態』を読んでみたら、

こちらも、真面目な話の合間に下ネタが多数ちりばめられていたのですが(笑)、

あとがきにこう書いてありました。

 

下品な話ばかりしたいわけではありません。

下品な話の方が本質的さ、と訴えるつもりもありません。

あまり自分の中に「話の種類」の垣根がないだけなんだと思います。

 

「話の種類」の垣根がない。

 

『感動の逸話も、セックスの面白体験談も、どちらも平等に興味があり、

自分にそのエピソードがあれば書きたいことです』と続いていました。ああ、なるほど。

 

本のほうも話の幅が広いのです。下ネタも満載でありつつ、心に刺さるような言葉もたくさん。

それは、そこに垣根をつくっていないからなんだ。自分からわいてきたものを等しく書いただけ。

この「開いた」感じが魅力的なのかもしれないな。こじれてる人は閉じてるんだよね。

 

ポジティブとかネガティブとか、正しいとか間違ってるとか、上品とか下品とか、

こんなこと言ったら恥ずかしいかもとか、嫌われちゃうかなとか、くだらないよなとか、

世間一般としてそういう判断基準があるのは事実で、マナーとして必要なときもあるんだけども。

 

自分から出てきた感情や、自分の価値観や、自分の感じたことに、色をつけて線を引くのは自分。

 

自分から出てきたものに変わりないのに、どうして扱いが変わるのだろうね、考えてみたら。

「こんなこと考えてる自分は変かも」とか、「こんなネガティブではいけない」とかさ。ほんとか?

自分の感じたことにいちいち線を引いて垣根をつくってしまう必要は本当にあるんだろうか?

 

自分の好きなことに素直でいること。

自分の興味のあることに素直に興味を持ち続けること。

自分の感じたことを素直に感じきること。

 

私たち、こういうことを意外とできていなくて、難しく感じちゃうこともあるのだけど、

素直にやってしまえるだけで、心もラクになるだろうし、人生楽しくなるんじゃないかと思っていて、

最近の私の目標は完全にここに置かれています(笑)。垣根のない自分として素直に生きる。

どこまで開いた自分でいられるんだろうか?このあたりを極めたいのが今の気分ですw

 

それでも周りの目が気になったり、勇気が出なかったり…ってことはあると思うのです。

そんなあなたには、あとがきの最後に書いてあった一言を送ります。

 

人はみな、変態だと思います。

 

これは私も完全同意していまして(笑)、首をぶんぶん振って頷いてしまったぜ。

みんなどうせ変態なんだから、少々のこと隠したってどうせ変態なんだよ!諦めろ(笑)!

 

 

…そんなわけで『蘇える変態』、下ネタ多めにつき、苦手な人にはかなりオススメできませんが(笑)、

つい自信を失いがちな人は特に、だまされたと思って読んでみてくださいな。

この記事には、あとがきからしか引用しませんでしたけど、良い言葉いっぱい入ってるの。

 

他にも「人見知りだと思うことをやめた話」とか「自信の持ち方」とか、

彼の名前で検索するとネット記事落ちてます(雑誌本文の写真が含まれてるのでリンクやめておきますが)。

 

星野源さん、個人的に当面このままチェック継続予定。

引き出しが多くて、しかも奥行のある人は魅力的だ。ソウイウヒトニワタシモナリタイ。

 

 

【起業家あるある!?】無責任な「応援してる!」に日本刀で斬り込む。

15 12月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「応援してる!」とか言うくせに、いざってときに無責任な人が多いですよね?

 

…っていう話を、お客様から何度か聞かされてましてね。

口では「応援してる!」って言う。「応援して!」って頼まれることもあるから、協力もする。

でも、こっちが協力してほしいときには、お願いしても知らん顔…みたいな話。

 

これ、「起業家あるある」に加えていいのかしら。どうですかねみなさま。

 

「応援すると応援される」っていう話をよく聞きます。

自分が応援してもらいたいなら、まずは自分が誰かを応援しなさい、みたいな。

たしかに、そういう面は大いにあるなと思うのですけどね、

 

応援すると応援されるんだから、あなた私を応援しなさいよ♡

 

みたいな意味に心の中でしちゃってる人がけっこういるっぽいね。

 

 

…ちょっと待て(笑)。

 

 

あの、そういう心の声ってけっこう漏れてますから。

「誰かのため」と見せかけて、実は「自分のため」みたいなやつ。ばれてるから。

たとえばれなかったとしても、口だけの人は結果的に信頼失いますから。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-12-18-40-55

 

でもね、本音を言わせていただくと、

「応援すると応援される」とか、先に出すのか後に出すのか…みたいな話って、

個人的には、なんというかもう、正直、面倒でしかたないのですよね。

冒頭の話だって、結局は「応援したんだから応援し返してよ」っていう見返りの話だもの。

(応援したら応援してくれるはず!って期待してるからこそ不満が出るわけで)

 

応援してもらっていない人でも、「この人は応援したい!」っていう人はいっぱいいるし、

逆にたくさん応援してくれている人でも、「ちょっと応援できない…」ってことも正直あります。

(質の悪い商品とか、個人的にどうしても共感できないとか、そういうのはちょっとねぇ)

 

応援したくなる人は、自分にできることを精一杯やって、精一杯生きている人。

私は、精一杯の人をたくさん応援したいのです。私のエネルギーの限り。

自分が「応援したい!」と思う人を、ただ素直に応援していきたいのです。

 

こんな感じを基本スタンスにさせていただきたく思う今日この頃です。

 

自分の持つ力を出そうとしてるから、周りも何かとサポートしたくなるし、

既に自分の力があるから、周りが手を貸せばするっとうまくいったりする。

最初から他人に寄りかかって全部やらせる気満々の人は、やっぱり応援されにくいと思うよ。

 

勢いとその場のノリだけで「応援してる!」なんて、そんな軽い言葉は要らないし、使いたくないなぁ。

大人の世界には「社交辞令」というものもあるけど、社交辞令的な応援とか、されてもなんか戸惑うし。

 

 

***********

※平日のご予約枠が少なくなっております。余裕を持ってご予約いただけましたら幸いです。

 

今年の総括とか、来年のビジョンとか、そんな話をするのに良い日程でっせ。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは12月19日(月)です。

 

コースは年内いっぱいで、内容&価格を少し改定します。半年後の自分が楽しみだね。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

2017年もそれ以降も、ずっとあなたの味方でい続けてくれるのがこちら。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

 

自分のことだけでも他人のことだけでもない。「両立」こそ女性起業家の道

08 12月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「自分の好きなことだけやっていれば売れる」

「いや、それでは売れない。お客様の欲しいものを売るべき」

 

…Facebookなんかを見ていると、相反する2つの意見をよく目にします。

いったいどっちなのか??この言葉だけ見ると迷ってしまいますよね。

気持ちとしても、せっかく起業するならやっぱり自分の好きなことを仕事にしたい。

でも、ビジネスとして続けるためには、お客様に買ってもらえないと意味がない…。

 

個人的には、どちらの意見も正しいと思っていて、2つを両立してこそ、

女性起業家さんは幸せにお仕事できるんじゃないかな、って思っています。

 

スクリーンショット 2015-12-16 09.12.51

 

他人のことばかり気にすると、自分を見失う。

 

・集客できないと、自分を否定されたようで落ち込む

・売れない不安が大きくなり、周りの人の意見に振り回されてしまう

・価格をむやみに下げたり、お客様に媚びるようなおかしな策を取ってしまう

・好きで始めたはずのことが、だんだん楽しくなくなっていく

・「私、どうして起業なんてしたんだろう…」「もういいや、やーめた」

 

…みたいな経過をたどってしまう方、女性は特に多いんですよね。

自分のやっていることにどんどん自信がなくなっていって、

それにつられて自分本体もどんどん弱って、続けられなくなってしまうっていう。

 

売れるかどうか=他人からの反応も、ビジネスだから当然大事なんだけど、

 

売れないからといって、自分という人間まで否定されたわけではない

 

という点はよく覚えておかないといけません。「自分」と「自分の仕事」を同一視しないこと。

仕事で提供する価値と自分の存在価値は別の話だよ。個人で起業すると混同しやすいけど。

そこに線が引けるだけでも、周りの評価に振り回されて苦しくなることは減るんじゃないかな。

 

 

自分のことばかり悩んでいても、ビジネスは回らない。

 

周りに振り回されることなく、自分の意思に忠実にいることは大事なのだけど、

たとえ売れなくても、自分という人間の価値が変わるわけじゃないのだけど、

ビジネスなので、お客様に選ばれないと売れなくて、売れないと続けられません。

 

「私はこれがやりたいのっ!」にこだわりすぎて、お客様に選ばれていないケースもあります。

 

あのね、やりたいことって狭く考えないで、少し広く考えるといいと思うのですよ。

例えば私なら、「魅力カルテしか売りたくない!」とか駄々をこねるのではなくて(笑)、

 

・文章化も売りなのだから、文章の書き方を切り口にサービス作ってもいいよね

・魅力を活かしたビジネスがしたい人がいるのだから、ビジネスの始め方まで教えてもいいよね

・人の本質に触れるのが楽しいのだから、話を聴いたり本質を見たりするサービスなら何でもアリだね

 

みたいな感じで、自分のやっていることを少し分解して、切り口をいろいろ考えたらいい。

りんごを縦半分に切るのか、横半分に切るのか、うさぎにするのか…みたいな違いです。

切り方が違うだけで、本質は変わっていない。相手が喜ぶ切り方をすればOKっていうだけ。

どの切り方だと自分のお客様に刺さるかな~って考えて、そうやって切ればいいわけね。

 

あと、「私、本当にこれがやりたいのかな…」「私って何が得意なのかな…」といったあたりを

延々と悩んでしまう人も多いんですが、この状態もお客様を見ていないですよね。

自分と向き合う時間も大事なんだけど、そればかりやっててもビジネスってできないです。

 

 


 

人間、誰もが「役に立ちたい」っていう気持ちをどっかに持ってると思うのです。

過度な承認欲求は自分も相手も苦しめてしまうけど、素直に役に立ちたいと思うことがある。

 

自分が満たされた状態で、本心からお客様を想える状態を作れたら最高だよね

 

って常々思っています。振り回されるのではなく、とにかく一緒に幸せな気持ちになる感じで。

 

やっぱり迷うことはあるし、悩むこともあるし、自分を見つめる時間が必要なときもある。

もし自分がちょっと疲れてしまうことがあったら、できるだけ早く自分をケアしてあげて、

またお客様のために頑張れるような状態を、少しでも早く取り戻せるようにしたいものです。

お客様のためにもね。そしてそれって、自分のビジネスのためでもある。両者とも幸せになれるね。

 

自分という人間の存在価値は、ビジネスがどうであれ不変。

自分のビジネスは、お客様のためにお客様目線で価値を提供する。

 

この2つを切り離すこと、忘れずにね。

 

 

自分もお客様(他人)も幸せになれるビジネスが作れたら、

そんなビジネスができる自分になれたら、やっぱり嬉しいですよね。

 

月1回、気軽に相談できる場を設けています。内容は私で良ければ何でも。

短い時間ながらも、必ず「次への1歩」が見つかる、踏み出せる、そんなコンサルです。

↓↓↓

今月の日本刀コンサルは、12月19日(月)です。

 

 

 

 

「物事はシンプル?ふざけんな!」と思っていた人(=私)が納得できるまでの話。

22 11月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「人生ってとってもシンプルなんですよ~」

「世界ってすごくシンプルにできてるんです」

 

いろんな人が言います。物事はとてもシンプルにできているのだと。

 

自信の持ち方もシンプル。引き寄せる方法もシンプル。脳のしくみだってシンプル。

たしかにシンプルなんです。多くの場合、自分の頭がわざわざ複雑にしているだけ。

だから、何事もシンプルに考えれば、物事はうまく回るはずだし、生きるのも楽になるはずで。

 

それでも私、何でもかんでも「シンプル」「シンプル」って連呼するの、あまり好きじゃないのです…。

 

 

シンプルだったらこんなに悩んでねーんだよ(怒)!!!!!

 

 

って、何度思ったことかわからないもの、昔(笑)。

 

10年ちょっとぐらい前まで、私は激しく自分に自信がなくて、自分が嫌いで、

「私が今死んだらお葬式には何人来てくれるか」ってよく数えていた記憶があります。

周りの目は過剰に気になっていたから、そう見えないように頑張って生きてたかもしれないけど。

 

そんな状態の人に、「シンプル」って言ってみ?絶対通じないですから。

慣れ親しんだ複雑で意味不明な思考回路のほうが、本人にとってはよほどシンプルなんですよ。

シンプルなことが理解できない自分に気づいたら、ますます自信がなくなり、怒りを覚えるだけ。

で、ますます心を閉じていくだけ。その繰り返しでどんどん卑屈になっていく…。

 

ただ、それをずっと繰り返していたら、苦しいままだというのもわかっていて、

何とかしたい、何とかしなきゃ…というちょっとした「隙間」みたいなものがあったのも事実です。

そっちのほうに行ったら、何かいいことがあるんじゃないか…でも無理かな、でも…みたいな。

 

卑屈な状態を抜け出して、「たしかにシンプルだな」って思えるようになったのは、

「世界はシンプルなんだ」って、一度本気でだまされてみよう!と決めたからだと思います。

 

自分が信じてハマってる思考回路よりも、もっとシンプルでやさしい世界があるのだ、と。

その世界では、自分は愛されていて、既に十分満たされていて、素晴らしい存在なのだ、と。

普段は「けっ」って思うようなことを、一度徹底的に信じ込んでみたらどうなるんだろう?って。

 

自分が嫌いだと、あまりに卑屈でいることに慣れすぎてしまってるので、

いちいち毒づきたくなるんだけどね。「愛されてるとか絶対嘘だろ」みたいな(笑)。

でも苦しかったので、本気でだまされることに決めた。そしたら、シンプルな世界が見えてきた。

 

img_5049

 

こうやって改めて書いてみると、自己啓発や心理学が洗脳チックになっていくのがよくわかるな。

私自身、セミナーに通って自分を少しずつ変えていって、それ自体は役に立って有り難かったけど、

あとは実際に社会の中で、自分を信じて生きていかないと意味ないな…と思ったところでやめた。

セミナーの中には仲間、理解者しかいない。そういう存在も必要だけど、社会はそういう人ばかりじゃない。

 

そこからさらに、自分なりに1つ1つ紐解いて、頭から理解していく作業もしましたし、

ひたすら体当たりを繰り返して、身体にしみこませてやっと腑に落ちたこともある。

とにかく、教わったことをもとに、自分なりの論理づけでさらに定着させていった感じです。

そこまでやって、「ああ、本当にシンプルなんだなあ」って本気で思えるようになった。

 

というわけで、私がバカなだけかもしれませんが、納得するまで10年ぐらいかかりました。

 

ガチで取り組んで10年です。ほんとに腑に落ちてきたのは、もうこの数年の話じゃないだろうか。

そして今でもたまに、複雑に考えて悩んで、後から我に返って「はっ!」ってなったりしてる(笑)。

 

そんな経緯を踏まえたら、簡単に「シンプルなんだよ」って片付けるのは、私にはとても難しい。

全然間違ってない、正しいけど。でも、過去の自分がどんどん嫌な気持ちになったのを思うと難しい。

「シンプル」とか「簡単」とかってこっちが言うことじゃなく、相手が感じて気づいたときに威力のあること。

 

 

言葉でまとめて「シンプルよ」って言ってしまうよりも、一緒に絡まった糸をほどいていって、

最後に「なーんだ、意外とシンプルなんですね!」って気づいてもらえたらいいんだろうなあ。

 

今の私は、起業したい人が不安になったとき、起業していてうまくいかなかったとき、

マインドやメンタルの部分を支えるような話、自信を取り戻せるようなアドバイスもよくします。

土台の部分がぐらついていたら、ビジネスはうまくいかないから。起業するなら特にそう。

 

どういう存在でいたらいいんだろう、とたまに考えます。

 

 

無責任に煽らないこと。心のない「大丈夫」は絶対言わないこと。

「大丈夫」という言葉は、大丈夫だと本当に思っているときに言うこと。

複雑に絡んだ部分は、一緒に、根気よく、ほどいていくこと。そういう姿勢を見せること。

結果的に大丈夫でなかったとしても、帰る場所としてどっしり構えていること。

受け入れてもらえなくても同じ。こちらは変わらずどっしり構えていること。

相手の力を信頼すること。相手の選択を信じて尊重すること。

不必要に寄り掛からせないこと。自分の足に力を入れて立っていてもらうこと。

テンション高くも低くもなく、安定してどんっとした存在でいること。

 

まあ、まだまだブレはあるなと反省することもありますけど…。

 

私がどんな状態であっても変わらず受け止めてくれる人こそ、有り難い存在だなと感じるので、

私もそういう存在でいられたら、相手にも安定やシンプルな人生が訪れたりしないかな、って思うの。

 

 

***********

12月の日本刀コンサルは、19日(月)です。今年のお悩み、今年のうちに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは12月19日(月)です。

 

12月は京都に行きます。写真の展示に遊びにきてくださる方、コンサル希望者、募集中!

【京都に行きます】12月12~14日、お会いできる人募集中!

 

魅力を知り、活かし、ビジネスをつくり、続けていくためのマインドや考え方まで手にしてほしい。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

これまでの人生が1本の線で結ばれて、この先の方向性がすっと見えてきます。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

 

自分で自分を伸ばせる人、自分で自分をつぶす人。

16 11月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

何をするにも、自分の意識の持ち方って、とても大きく影響します。

意識次第で、自分のことをどんどん成長させることもできるし、

逆に、自分で自分をダメにしてしまうことだってできる。

 

大きなポイントの1つが、

 

頭の中で、自分とどんな会話を繰り広げているか

 

ではないかと思っています。

 

気にしたことありますか?一人でいるときの、自分との脳内会話。

たぶん、けっこう自分と会話してると思うんですよね、頭の中で。

「ああ、おなかすいたなあ…今日の晩ごはん何にしようかな…」とか、

「どうしよう、この試験ぜんぜんわからない…やばい…」とか。その他、日常的にいろいろ。

 

12047053_918651241555448_7083212930655367043_n

 

自分で自分をつぶしてしまう人は、

「なんで私ってこんなに何もできないんだろう?」

「なんで私ってこんなにバカなんだろう?」

みたいな質問を、自分に向かってたくさん投げかけていますね。

 

自分がダメなのが前提だと思って問いかけてるの、自分に。

 

私は何もできない。私はバカだ。そこは疑いの余地がなくて、なんで?って。

親が子どもを「なんであんたはそんなにダメなの?」って毎日責め続けてるイメージをしてみて。

毎日そう聞かされたら、「自分はなんかダメらしい」って洗脳されて、しょぼん…となるじゃんね。

 

自分への問いかけが下手だと、自分で自分をどんどんつぶすことになる。

だったら、自分への問いかけ方、自分への話しかけ方を変えたらいい。

 

問いかけられると、脳みそって「答え探しモード」に入るんですよね。

自分のダメさ加減を問いかけても、ダメなところが見つかるばかりで気持ちは沈む。

自分を前に進めるための答え探しができるように、そういう質問を投げかけたらいい。

 

「どうしたら、もっとうまくなれるだろうか?」

「どうしたら、自分にもできるようになるだろうか?」

「どうしたら、夢をかなえることができるだろうか?」

できることは前提、そのための方法って何だろう?っていう発想で自分に問いかける。

 

何か失敗したりうまくいかないことがあったりしても、

「なんで私はこんなにダメなんだろう…」って責めるよりは、

「失敗を繰り返さないために、次はどうすればいいだろう」っていう聞き方なら、

自分を攻撃しなくとも、きちんと反省できるし、次への学びにもつながるわけで。

 

だからまずは、自分がどんな脳内会話を繰り広げているのか、気にしてみてください。

 

自分をダメにしそうな会話なのか、成長させられそうな会話なのか。

誰よりも長く付き合う相手が自分ですから、自分との話し方を変えられると、影響が大きい。

 

だいたい、落ち込んで悪循環にハマっているとき、物事がうまくいかないときって、

自分で自分を苦しめるような脳内会話をしてしまっていることが多くて、

それをやめるだけでも、ずいぶん元気になれるはずなんです。

 

それでも「どうしたらいいのかわからない…」と思うときは、

第三者に話してみたらいい。たぶん一瞬で解決するんじゃないかな。

自分の視野が狭くなっていて、自分からは解決策が見えなくなっているだけだから。

 

私の日本刀コンサルでも、客観的な視点からお手伝いできます。

視野を広げて、思考回路を前向きに切り替えるのは、得意分野の1つだよん。

どうもうまくいかない、どうしたらいいのかわからない…そんなときはぜひ。

 

今月の日本刀コンサルは、来週22日(火)です。

 

 

 

【継続は力】自分を信じ続けるためのたった2つのコツ。

14 11月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

何を続けるにしても、まずやらないといけないのは、

 

自分を信じ続けること

 

じゃないかなと思っています。

 

自分の本質的な価値や可能性を信じ続けること。

頑張っても結果が出ないときや、悪いことが続いてしまうときであっても。

 

…って言うのは簡単だけど、実際に続けるのはなかなか大変です。

なかなか芽が出なくて、「自分にはもう無理…」って心が折れてしまうことだってあるわけです。

すっぱり諦めることが必要なときだって、限られた人生の中ではあるかもしれません。

 

どういう状態でも自分を信じ続けるためには、

 

1.信じられなくなっても、また信じ直せばいいと思うこと。

 

信じられなくなってもいいんです、別に。24時間ずっと信じられなくても。

そんなに人間の心って、鋼のようにはできていない(笑)。明日からまた思い直せばいいだけ。

自分に自信を持つにしても、自分を好きになるにしても、完璧にやろうとする人が多すぎる。

 

何日経っても気持ちが戻らない…と思うなら、まずは身体を休めること。

疲れているとネガティブになりやすいので、とりあえず食べて寝てください。

それでもダメなら、時が経つのを待つ。慌てない。誰かに相談したっていいよね。

 

2.信じるのは「何が起きても自分は大丈夫」という根っこ。

 

「何かができるかどうか」「結果が出たかどうか」を基準に考えるから、

失敗したときや結果が出なかったときに、自分のことが信じられなくなるんだよね。

人間はそもそも完璧じゃなくて、ミスもするので、失敗も結果が出ないのも当たり前にあります。

 

「私にはできる」っていう信じ方よりも、「何が起きても大丈夫」って信じたほうがいい気がする。

一見悪いことが起きても、後々考えてみたら実は悪くなかった…ということ、たくさんあります。

自分に起きていることは全部良いこと、悪そうに見えてもちゃんと良い方向にいくから大丈夫、と。

 

IMG_9640

 

なんとかなると思っていれば、なんとかなるような気がしてくるし、ダメだと思えばダメな気がしてくる。

不思議とそんなもんなんだよな、と思うのです。どちらを選ぶかは自分次第ね。

 

 

***********

来週です。月1回だけ、人数限定で開催しています。私の時間を切り売りするような感じで(笑)。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは11月22日(火)です。

 

自分を信じ続ける力も、6ヵ月あればかなりついてきます。矯正ギプス的な(笑)。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

とにかく起業したい人には全員持ってほしいサービスです。よく泣かれます。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

 

結果が出せる人と出せない人の決定的な違い。

28 10月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

【お知らせ】

10/30(日)、31(月)の福岡でのご予約は、明日29日(土)で締め切ります!

日本刀コンサル、魅力カルテ、あと実費のみでランチご一緒してくださる方を募集してまーす。

 

★☆★☆★

 

オリジナルビジネスコースをやっていると、

今までどうしたらいいかわからなかった起業がするっとできたとか、

今まで全然うまくいかなかった集客が初めてうまくいったとか、

中身は人それぞれですが、次のステップへの1歩を進める人が次々と現れます。

 

別に私がえらいわけではなく、努力して結果を出しているのはお客様でして、

そのお客様を観察していると、結果を出す人の特徴ってやっぱりあるんですよね。

 

自分から逃げない人は成功する

 

っていうのが、本日現在のまとめでございます。

過去の自分を思い返しても、やっぱりそうだよなあと思います。

 

img_5765

 

今までと違う結果が欲しいのであれば、行動を変えるしかないんですね。

今までと同じことしかやらなければ、同じ結果しか出ませんから。

でも、その行動を変えるというのが、簡単に行かなかったりもするわけで。

踏み出す勇気が必要だし、労力だって現状を維持するよりたくさんかかります。

 

ここで結果の出る人と出ない人の差がすっと開いてしまう。

 

たしかに、やったことのないことをやるのは、怖さや不安がつきものですし、

慣れないことだから、手間がかかったり、エネルギーを大量に使ったりもします。

 

でも、そんなときこそ、ごまかすことなく、面倒がらず、怖さや不安と向き合えるかどうか。

怖がったり不安がったりしている自分を、逃げずに見つめられるかどうか。

そのうえで、「それでもやっぱり結果を出したい、やろう」という気持ちになれるのかどうか。

壁を乗り越える勇気を持ち、自分にとって未知の世界を目のあたりにする覚悟があるかどうか。

 

怖さや不安を乗り越えて、望む未来への道を「えいっ」と踏み出せた人には、

その先に神様からのご褒美というか、ちゃんと成果が待っていてくれるんだなあと思うのです。

 

一方、「逃げ癖」みたいなものを持ってしまっている人もいて、

そういう人は、なにやらこれは大変そうだぞ…と思った瞬間に、逃げ道を探しています。

進むべき道を、逃げる自分自身を、直視しなくて済むように。嫌な想いをしなくて済むように。

逃げ道は、散々やったことがあって慣れ親しんだ道とか、簡単で変化につながらない道が多いかな。

 

テスト直前になると、勉強しなきゃいけないのに、今しなくてもいい掃除しちゃったりするでしょ(笑)?

今やるべき大事なことがあるのに、今じゃなくてもいい慣れ親しんだことに逃げてしまう。

全然進んでなくてヤバそうなテスト勉強じゃなく、目に見えて成果の出る掃除をしてしまう。

 

「いや、部屋をきれいにするのは大事なんだ、掃除しなくちゃ」って一生懸命言い聞かせて、

こういうときに限って、いつもやらないところまで、ものすごく頑張って掃除しちゃったりします。

そうすれば、とりあえず「自分は頑張ってる、何かやってる」っていう気持ちにはなれるし、

万一テストがダメでも「掃除で忙しかったから仕方ないよな~」って言い訳の余地が残る。

掃除して見るからに部屋がきれいになるから、「成果が出た」っていう達成感も得られるんですよね。

 

まあ、掃除に逃げてるってことに気づかない限り、テストは毎回大変な結果になりそうですけども。

 

ブログで発信するのが大事!と言われたところで、

「うー、反応が怖いけど…でも集客もしたいし、とりあえず始めてみよう」と思える人は、結果出せそうな人。

「ブログ?うーん、あ!今はプロフィール写真きれいにするのが先だし♪」って、別のことを見つけてきて、

本来やるべきことに向き合わない人は、結果出せなさそうな人。プロフィール写真もまあ大事だけどね。

 

セミナーやってみたら?と言われたところで、

「やったことないし…集客自信ないし…でも頑張ってみようかな」と思える人は、結果出せそうな人。

「セミナーなんて…ほら、私には合わないし、あ、実はやりたいことじゃなかったみたい♪」ってかわすのは、

逃げ続けて、いつまでたってもやりたいことにたどりつけなくて、結果出せなさそうな人。

 

もちろん、本当に自分の気持ちと向き合ったうえで「やらない」「違うことをする」なら良いのですが、

何をやっても「なんか違う」って思ってる人、物事のデメリットばかりが見えて不満ばかりの人、

やりたいことがいつまでも見つからない人、ころころやりたいことが変わってしまう人、

自分では一生懸命頑張って行動してるつもりだけど成果が全然出ないという人は。

もしかしたら、向き合うべきものと向き合っていなくて、逃げ癖がついてるのかもしれません。

 

ま、逃げ回らないとわからないこともありますし、逃げても課題は追っかけてくるって言いますから、

逃げられるところまで逃げてみるのも1つでしょうけど。結局どこかで向き合うことになるからね。

 

 

***********

10/30(日)、31(月)@福岡、明日29日(土)で締め切りますのでお早めに!

福岡でのセッション&ランチ、絶賛受付中です。記事のシェアも歓迎!

 

ちょっと話がしたいとき、ビジネスのヒントが欲しいとき。月1回だけですが、ご相談お受けしてます。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは11月22日(火)です。

 

自分らしさや自分の考え方の癖こそ、自分一人じゃわからないから。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

とにかく起業したい人には全員持ってほしいサービスです。よく泣かれます。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

自信がない仕事こそ、思いつく限りのことを精一杯やるしかないのだ。

27 10月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

今までとちょっと違うタイプのお客様からご依頼を頂きまして、いろいろ勉強中です。

本を読んだり、事例を探したり、同業さんのことを調べてみたり、似たようなものを試してみたり。

当然ながら、情報として得られたものがそのままお客様に当てはまるとは限らないですが、

本質を理解して、目の前のお客様のために使える形に応用するのも、仕事のうちで。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-26-15-12-42

 

フリーランスになって10年、今の魅力翻訳家の仕事も丸5年になります。

看板として掲げているのとは違う分野の仕事、やったことがない仕事、まったく自信のない仕事。

「なぜこれを私に頼むんだろう?」というような仕事の打診、これまでに何度もありました。

 

「頼まれごとは試されごと」だから、頼まれたら全部受けなさい、という人もいます。

頼まれたら、返事は「はい」か「Yes」しかないんだから、とかね(笑)。

なぜなら、普通に考えて、できそうもない人にわざわざ仕事を頼むわけはないから。

あなたを信頼して頼んでいるのだから、自信を持って堂々と引き受けなさい、という話です。

 

私は、いくらなんでもこれは品質が保証できない…とか、責任が取れない…という仕事は、

結果的に誰も得しないので、遠慮なく断ってきましたけど、これはこれで一理あるなと思っていて。

「たしかにやろうと思えばできなくもないかな…うーん、でもな…」ぐらいのものであれば、

せっかくご指名いただいたわけだから、できるだけお引き受けするようにしています。

 

そういう仕事に自信なんてありません(笑)。

でも、私をわざわざ選んでいただいた以上は、できる限りのことをするしかないわけで、

思いつく限りの準備をして、今できることを振り絞って、誠実に真剣に取り組むしかありません。

 

それを乗り越えられたら、自信なんて勝手についてくるわけで。

 

「自信がない」という声は、年がら年中いろんな人から聞きます。

それに対するアプローチは、時と場合によっていろいろあるし、いろんな人が語ってますけど、

そのうちの1つとして言えることは、「自信がないなら、自信を付けるために何かしてますか?」って話。

 

腕に自信がないなら、腕を磨く努力をしていますか?

経験が少なくて自信がないなら、経験を増やす工夫をしていますか?

知識が足りなくて自信がないなら、日頃から勉強していますか?

 

いやいやその前に自分に自信がなくて動けないんです…っていう人は、

「うまくできなかったらどうしよう…」とか、「失敗して傷つくのが怖い…」とか、

自分のことを心配して不安になることに、エネルギー使い過ぎじゃないかしら。

それよりも、どうやったらお客様が喜ぶか?って考えるほうにエネルギー使ったらどうかな。

 

自信がないなら、というか自信がないからこそ、やることを徹底的にやるしかないのです。

思いつく限りのこと、やれるだけのことをやったら、あとはたぶん神様が何とかしてくれる(笑)。

 

 

お客様を勉強の材料に使うつもりは毛頭ないのだけど、それでも。

実際の仕事、実際の体験ほど、勉強になるものはない。だから、どこかで踏み出すのが一番早い。

頼んでいただけたことを有り難く受け止めて、できる限りのことをやって応えるのみです。

 

 

***********

10/30(日)、31(月)@福岡、あさって29日(土)まで申込受付中です!

福岡でのセッション&ランチ、絶賛受付中です。記事のシェアも歓迎!

 

ちょっと話がしたいとき、ビジネスのヒントが欲しいとき。月1回だけですが、ご相談お受けしてます。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは11月22日(火)です。

 

自分らしさや自分の考え方の癖こそ、自分一人じゃわからないから。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

とにかく起業したい人には全員持ってほしいサービスです。よく泣かれます。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

「やりたい」と言いながら、結局やらない人の3つの特徴。

19 10月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

1.特に困っていない。

 

「あれがやりたい」「これがやりたい」といろいろ言いながらも、

どれも手を付けていないのだとしたら、たぶんやらなくても何一つとして困らないから。

そして、やりたいことをやっていない今の状況でも、それなりに心地良いと思っているから。

 

人間って、脳みその仕組み的に、変わりたくない生き物だったりするので、

今のほうが心地良いと思うと、そのままを望んじゃうもんなんですよね。

 

例えば、「起業したい」と言いながら何もやってこなかった人も、

真剣にお金に困っていて、かつ会社勤めができない事情がある…とかになれば、

やりたいやりたくない以前に「必要」なわけで、何かしら行動するんじゃないでしょうか。

切羽詰まった状態って、決して心地よくないから、そこから出たい…という気持ちにもなりますし。

 

 

2.ダメな自分のほうが好き。

 

ダメな自分だとメリットがあると思い込んでいて動けない人もいます。

「ダメな自分でいるほうが、慰めてもらえて、優しくしてもらえる」とかね。

 

やりたいことをやってしまうと、慰めてもらえなくなるかもしれない。

優しくしてくれる友達が離れていくかもしれない。自分が認めてもらえなくなるのが怖い。

それに、失敗しても「どうせ自分はダメだから」と思っていれば、傷も浅くて済む。

 

本当の友達なら、やりたいことをやって輝いていく様子を応援してくれると思うし、

その程度で離れる友達なんて別に要らなくないか?と思ったりもするのですが、

それに、「ダメだと思っているから失敗する方向に心も身体も動く」んじゃないかと思うのですが、

まあ、そういうのも自分で気づけないと変われないんだよね。

 

 

3.実はやりたいと思っていない。

 

発している「やりたい」が本音じゃなくて嘘だった、なんてこともあります。

みんながやっているから、何となくつられてそう思ってしまっていたとか。

自分の本音がどこにあるのかわからなくなってしまってるパターンですね。

 

やりたいことをやっていないのだとしたら、心地悪いはずです。我慢するのつらいしね。

さっきも書いたけど、人間って何かと変わりたくない生き物だったりするわけです。

でも、「やらないことが気持ち悪い」「やったほうが絶対にハッピー」だと思えるような、

今の心地良さを超えるような想いがあれば、乗り越えて変わろうとするわけですね。

 

だから、大きなことであればあるほど、本気で本音で思ってることじゃないと動けないかも。

 

IMG_8244

 

…で、3つ挙げてきましたけど、一番言いたいのはここからで、

 

あなた、既に今やりたいことをやってますよね?

 

っていう話なんです。

 

例えば、「あれがやりたい」「これがやりたい」って、理想や夢を想像すること「だけ」がやりたいとか。

妄想してる時期が一番幸せだったりするじゃないですか。そう、妄想したかったんじゃない?

あとは、お友達にちやほやされて、とにかく人気者っぽい感じを味わいたいだけだとか。

置いていかれたくないから、みんなと同じことを言って、仲間に入れておいてほしいとか。

 

もっとシンプルな話だと、

些細なことをいつも悩んでる人は、「悩むことがやりたい」のかもしれないし、

いつも怒ってる人は、とにかく「怒ることがやりたい」のかもしれないなと思うのです。

そんなことない!と思うかもしれないけど、それがいつもの自分だと、その状態が落ち着くの。

 

何もやらないのも、「何もやらない」ということがしたいのかもしれないよね。

はたまた、ごろごろしたいとか、睡眠取りたいとか、そんなことならやりたいかもしれない。

ならば気が済むまで眠ったらよろしい。嫌になったり困ったりすれば、自然と動きたくなるから。

 

「やりたいこと」はカッコいいことばかりとは限らないのですよ。

 

 

***********

10/30(日)、31(月)に福岡に行きます!まだまだ募集中です。

福岡でのセッション&ランチ、絶賛受付中です。記事のシェアも歓迎!

 

一番気軽に相談していただける場です。残席1名。明日18時締切です。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは10月21日(金)です。

 

本当にやりたいことを、口だけにしないでちゃんとやりたい人向け。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

とにかく起業したい人は全員持ってください。話はそれから(笑)!

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。