Tag Archives: 勝手に魅力発信

東京・池袋の「泊まれる本屋」BOOK AND BED TOKYOで至福の寝落ち体験!

24 10月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

勝手に魅力発信Vol. 5

BOOK AND BED TOKYO(東京・池袋)

1700冊の本に囲まれて、本棚の隙間で幸せな寝落ち体験を。

 

はい、泊まってまいりました。寝落ちしてまいりました。

久しぶりの「勝手に魅力発見」コーナーは、池袋にある「泊まれる本屋」BOOK AND BED TOKYO

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-20-17-20-36

 

今ちょうど東京メトロの広告に使われてますね、この本棚の写真(角度は違うけど)。

はしごの上や途中にある、本の見えない部分が寝床になってます。

 

こちら、コンセプトが「泊まれる本屋」。宿泊施設(ホステル)なんですが、本がずらり1700冊。

 

映画を観てたら寝ちゃったとか
友達とLINEしてたら寝ちゃったとか
とにかく好きなことをしてたらうっかり寝ちゃったって
最高の寝る瞬間の体験じゃないですか?
そんな寝る瞬間に至福の体験を用意してくれるホステルを
本をテーマに自分たちで作る事にしました

BOOK AND BED TOKYOのWebサイトより引用)

 

「あの幸せな体験を、遠慮なくどっぷりやっちゃいたいよねー」っていうことですね。

リアルに思い出せるじゃないですか、好きなことしながら、すとんと寝落ちする気持ち良さとか幸せ感って。

それ思い出したところで、あの本棚の写真を見せられて、あの中で眠れるって…本好きにはたまらんよね。

ああ、感覚に訴えて心をくすぐることの強さよ。

 

さて、実際どんなところかといいますと。

 

池袋駅西口、飲食店などが入ったビルの7階にあって、エレベーターを出ると。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-20-18-25-52

ここが受付。ベルを鳴らすとスタッフの方が対応してくださいます。

身分証明書のコピーを取られたのだけど、セキュリティ対策かな?

 

チェックインが済むと、ドアのロックを開けて館内へ。例の本棚が目の前にあります。

ちなみに本はわりと幅広いセレクトです。小説、アート系、旅行ガイド、実用書…洋書もあります。

 

そして本棚の前には、ソファーがいっぱい。ここがラウンジスペース。

だいたいみんな、ここで本読んだりPC叩いたりしてる感じです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-21-7-27-11

ちなみに、写真奥のほうに細長く暗い一角が見えると思いますが、

あそこにBUNKっていう押し入れみたいな寝床が並んでます。本棚以外にも寝るとこがあるのね。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-21-7-27-50

ご覧のとおり窓がどーんとありまして、遮るもののない通りに面したビルの7階なので、日中は明るいです。

このソファーのスペースなら、飲食もOK、持ち込みOK。バルミューダのトースターとか置いてあった。

 

そして寝床なんですが(そう、部屋っていうか寝床って感じ)、

本棚の隙間に眠る「BOOKSHELF」と、本棚から少し離れた「BUNK」の2種類。

そして、それぞれに「STANDARD」と少し狭い「COMPACT」の2種類があります。

 

私は本棚の隙間、「BOOKSHELF STANDARD」をお部屋を選びました。

本棚についてるはしごをのぼって、上段にあるスペースを割り当てられまして。

image

はしごからひょいと覗くとこんな感じ。手前の青はカーテン、グレーは小さなロッカー。

 

image

もちろん、読書灯は必須ですよねっ。

奥にコンセントもありますので、ケータイやPCの充電も問題なし。(共有のソファーの下にもコンセントあり)

決して広くはありませんけど、本読んで寝落ちするだけなので、これで十分でしょう。

 

上段からの眺めはこんな感じ。どこまでも本です。

本棚の前はソファーなので、ほぼ誰かいるけど、この高さだと人の目は気にならない(カーテンあるし)。

image

 

本を読みながら観察してみたところ、宿泊してるのは主に、

大きなスーツケースを持った外国人観光客と(ホステルとして泊まる目的の人たち)、

比較的身軽な日本人1人客&カップル(本読みたい人たち)って感じでした。女性1人客も多い。

ちなみに、女性1人で泊まっても、特に不安や怖さを感じるようなことはなかったです。

 

 

で、泊まってみた感想なんですが、

徹底的に、いつまでも本を読んでいたい人向けにできてるなあと。

その使い方が最も適しているし、そういう人が最も幸せに過ごせる場所です。一貫してます。

(あとは、旅行時の安宿として割り切れるなら。)

 

本棚の中で眠るっていうのは、なんとも魅惑的なんだけど、カーテン1枚で仕切られてるだけなのと、

特にBOOKSHELFエリアは、人の行き来があって、音はもちろん揺れも少し感じました。

結局ドミトリータイプのホステルなので、安眠したい人はここをあえて選ばないと思うのですが、

少しでもゆっくり寝たいなら、本棚から離れたBUNKスペースのほうが少し静かかも。

(音に関しては、耳栓が無料で置いてあります)

 

そういう意味でも、「寝るぞー」と思って静寂を求めるよりも、

本を読み疲れて気づいたら意識がありませんでした…的なほうが寝やすい(笑)。

私は最初からそのつもりだったので、幸せな寝落ちをばっちり体験いたしました。ふふふ。

 

 

その他、注意点としては、

 

★ホステルなので、最低限のものしかありません。

タオルとか歯ブラシとかシャンプーとか、基本的に全部持ち込むか有料です。

 

★現金が使えません。

宿泊料金を含め、クレジットカードかSuicaなどのICカードのみとのこと。

館内でコーヒー買うのも、全部カードだと言われました。

 

★そして、予約のコツ。

特にBOOKSHELFのほうは、予約が1ヵ月以上先までいっぱいです。

ただ、直前になってぽろっとキャンセルが出ることもあるようです。

気になるのであれば、まめに予約ページをチェックすると良いかも。

実は今回、私も前日にキャンセルが出ていたのを押さえました。

 

 

最大で16時~翌日11時まで、本読み放題。

私も滞在中に、普段読まないような本を積み上げてがっつり読みました。

本を読むという行為自体は、日常の中にごく普通にあるもののはずなのに、

実際に行ってみると、立派な本棚があって、山盛りの本に囲まれて、何も気にせず寝落ち…。

なんとも非日常な感じが楽しかったです。ある種の「夢の国」だよね、これは。

 

泊まるのは難しい…という人は、日中4時間だけの利用も可能ですよん(予約不可)。

 

 

BOOK AND BED TOKYO

東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階

池袋駅C8出口徒歩30秒

 

 

魅力翻訳家の「勝手に魅力発信」コーナー【まとめ記事】

23 10月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

及川智恵が実際に体験して「これは良い!」と思った商品やサービスを紹介するコーナーです。

「魅力を引き出し言葉で伝える専門家」として、私なりの視点で各商品・サービスの魅力を発信しています。

私が好きで「勝手に」やっているだけですので、自腹購入ですし、ステマ的要素はありません。

また、このコーナーに関しては、私のクライアントも含まれません。

 

また使いたい、長く続いてほしい…と思うものには、積極的にお金を払いたい、それだけです。

もし興味のわいたものがありましたら、ぜひ体験してみてください。ビジネスのヒントとしても面白いです。

 

※通常は、「人」の魅力を引き出して言語化し、ビジネスに活かすお手伝いをしています。

自分の魅力を知りたい、ビジネスに活かしたい…という方は、ぜひ魅力カルテをご利用ください^^

 

 

★☆★☆★

 

池袋の「泊まれる本屋」BOOK AND BED TOKYOで至福の寝落ち体験!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-20-17-20-36

たくさんの本に囲まれて、本棚の隙間で、本を読みながら寝落ちできちゃう、魅惑の宿泊施設。

 

 

めがね米/めがねの聖地で生まれたお米は本気でおいしかった

写真 2016-06-04 11 20 47

めがねの聖地・福井県鯖江市で生まれたお米。昨年分は完売、新米が出たようです(2016.10)。

 

 

はたらける美術館/きゅっと集中したいときは、美術館を独り占めしよう。

写真 2016-06-02 11 15 07

「プライベート美術館」「美術館で働く」という二重の新発想。静かに集中できる良い空間です。

 

 

コガネイチーズケーキ/糖質制限中もOK!白砂糖不使用のチーズケーキ

image

白砂糖なし、添加物なし、食べても罪悪感が少ない!デパートの催事で買えることもありますよ。

 

 

庭のホテル 東京/上質で安らぐ和の空間で「ひとり時間」を満喫

12994562_1015068405247064_7158288296227936441_n

1日中部屋にいたくなるホテル。華美ではないので、かえって静かで上質な時間が過ごせます。

 

 

めがね米/めがねの聖地で生まれたお米は本気でおいしかった

10 6月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

Vol. 4 めがね米(福井・鯖江産)

ただ面白いだけじゃない、本気でおいしいお米はめがねの聖地生まれ

 

今回紹介するのはこちらです。

↓↓↓

めがね米

 

めがね米。

 

名前の通り、中身はお米です。パッケージがめがねかけてますけど。

こういうの見ちゃうと、めがね歴20年の私としては買わないわけにいかない(謎の使命感)。

 

いったいどんなお米なのか?なぜお米にめがね??というあたりは、

商品に同封されていたリーフレットに、ちゃんと書いてありました。

 

めがね米

 

コシヒカリ発祥の地である福井県の鯖江市で育った
真面目に美味しい、100%コシヒカリのお米です。

眼鏡をかけた人たちだけで育てました。

生産農家、精米業者、販売者、
みんな眼鏡をかけている人たちだけで育てました。
「それだけ?」そう、それだけ。

※続きは商品のWebサイトに書いてあります。

 

 

…それだけだそうです。

 

それだけだそうですが、

先月末ぐらいから、ネットメディアでかなり話題になったようで、私もWebで見つけました。

(最初に掲載されてるツイート、25,000RTされてます…)

↓↓↓

メガネ好きに朗報→眼鏡をかけた人たちだけで育てた『めがね米』が何しろ面白いと話題に「ちょっと衝撃的」

 

 

でもこれ、ただ面白いことをしたわけじゃなくて、「めがね」にこだわるのは理由があるんだよね。

こちらのお米、産地は福井県鯖江市。これでもう気づいた方もいらっしゃいますよね。

鯖江って、めがねで有名な街です。国産めがねの95%以上を生産してるとのこと。

 

しかも、先ほどのリーフレットに書いてあった通り、福井県=コシヒカリ発祥の地だそう。

中身にもちゃんとこだわってて、農薬も少ない『「安全でとびきりおいしい」お米』。

↓↓↓

めがね米ってどんなお米?めがね米の品質についてご紹介します。

 

早速炊いて食べてみましたが(無洗米なので手間要らずなのも良いね)、

すごくもっちりした美味しいお米でした。こんなに粘りのあるお米久しぶりかも。

写真 2016-06-07 9 01 40

 

とても良いお米を使っていて、めがねまでかけてるので(笑)、

お値段は、通常のお米よりだいぶお高めになります。

(2合×3ですが、近所のスーパーの特売のお米ならたぶん5キロ買える)

 

でも、このパッケージのかわいさに見合ったサイズだからこそ、

そして、中身にも品質の良いおいしいお米を使ってるからこそ、

 

・めがね好きな人へのプレゼントとして

・めがね好きな人が、めがねへの愛を確かめるアイテムとして(?)

 

気軽に買い求められる「幸せ」「お楽しみ」として、面白いし嬉しいなあと思います。

 

 

たぶんこれを面白がって購入する人は、めがね好きが非常に多いと思うので、

鯖江産のめがねを扱っているめがね屋さんで一緒に売るとか、

このお米買った人でめがね好きのコミュニティ作っちゃうとか、

なんかわかんないけど、鯖江のめがねも買ってもらえるような仕組みになるといいですね。

 

めがね米は、鯖江に行かなくても通販で買えます。都内だと吉祥寺で1軒取り扱いあり。

 

 

 

はたらける美術館/きゅっと集中したいときは、美術館を独り占めしよう。

03 6月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

Vol. 3 はたらける美術館(東京・西新宿五丁目)

独り占めできる美術館。アートの力を借りて静かに集中できる貴重な空間

 

「はたらける美術館」という名前の場所なのです。

サイトを見てみると、トップページにこんなふうに書かれています。

↓↓↓

『はたらける美術館とは、“Everyone’s Private Museum”をコンセプトとした専有できるプライベート美術館です。』

 

プライベート美術館。美術館を独り占めできて、しかも「はたらける」らしい。

オフィス空間に絵がある、という場所はたくさんあるでしょうが、その逆は聞いたことがない。

面白そう!と思ったら行くしかないですね。サイトから予約をして、早速行ってまいりました。

 

大江戸線の西新宿五丁目駅から、10分弱かな。住宅街の中に看板がひょっこりあらわれました。

はたらける美術館 エントランス

 

くるっと左を向くと、入口。なんとも隠れ家な雰囲気。ちょっとどきどき。

はたらける美術館 エントランス

 

扉の向こう側は、こうなってました。異空間への入口!ふおお!ってなります。

(せまそうな写真が撮れてしまったけど、実際にはもう少しゆったり感じられるはず)

はたらける美術館 入口

この↑写真の右側にカウンターがありまして、そこで受付します(支払いは後で)。

靴を脱いで、置き石の上を1歩1歩進んでいって、正面の白い扉の向こうが「美術館」。

 

がらがらがら…と扉を開けると、中は↓こうなってます。

はたらける美術館

おおおーーーって声が出た(笑)。

 

すごく良いです。畳敷きの和の空間。奥には障子(向こう側にトイレがあります)。

広さもちょうど良くて、1人でいても広すぎない。でも、仮に4人入っても全然狭くない広さ。

(写真には手前側が写ってないので、もう少し広く感じるのではないかと思います)

 

…なんて落ち着ける美術館!(※まだ入室しただけです)

 

お茶とお菓子は出してくれます(飲食持ち込み禁止)。お菓子(抹茶クッキー?)がおいしかった。

はたらける美術館

奥に写っている冊子は、閲覧用に貸していただいた展示作品の目録です。そう、美術館ですから!

 

このとき展示されていた作品はこの6点でした。購入もできるようです(勧誘とかは一切ないです)。

はたらける美術館 作品

作品の幅が広くてなかなか楽しい。展示は毎月変わるようですね。

個人的には、一番下の右側、カラフルなストールみたいなのが好きです。

 

まずはじっくり作品を眺めて、それから「はたらく」ほうをスタート。

家でずるずる終わらせられなかった作業を、どうしてもこの時間で終えたかったのですが、

これが面白いように集中できました。空間の心地良さと、作品が飾られている相乗効果でしょうか。

サイトにも「何もない状況に比べて脳が活性化することは実証されています」と書かれていますね。

 

私の体感としても、脳を活性化させて挑みたい作業はとても向いている空間だと思います。

アイデア出しなどのクリエイティブな作業をしたり。あるいは、深くじっくり思考や検証をするときも。

かなり静かなので(空調とかスタッフの方の作業音は少し聞こえますが、騒音は一切ありません)、

ほんと、集中しやすいです。びっくりしました。月1回ぐらい、貸し切って考え事に充てます。決定。

(そしてシーズンに1回、庭のホテルに泊まる。ああ、もう素晴らしすぎる!)

 

絵を買って飾るという文化は、日本にはまだあまりなじみがないような気がしますが、

こうして「絵があるとこんな良いことがあるよ!」っていう体験ができると、少し距離が縮まりますね。

 

また、アートを生み出す側としても、ただ「見てもらう」という観点だけじゃなくて、

「アートと共に何をするのか?」っていう発想があると、まだまだ面白いことが生めそうな気がしました。

アートと共に働く。アートと共に旅をする。アートと共にくつろぐ。他にもあるかな。なんだろうね。

 

ぜひアートと空間をぜひ独り占めしてみてください^^7月末までちょっとお安いです。

お茶を出していただいたり、説明を受けたり…で5~10分経ってしまうので、

じっくり考え事をしたい方は2時間予約がオススメです。直感系の作業なら1時間がいいね。

↓↓↓

はたらける美術館

東京都渋谷区本町4−41−13
都営地下鉄大江戸線「西新宿5丁目」駅 A2番出口より徒歩6分

※Wifiやコンセント、完備されています。

 

コガネイチーズケーキ/糖質制限中もOK!白砂糖不使用のチーズケーキ

22 4月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

Vol. 2 コガネイチーズケーキ(東京・東小金井)

からだにやさしくておいしい。白砂糖を使わない甘さ控えめチーズケーキにこころも大満足♪

 

私、甘いものがあまり得意ではありません。正確に言うと、砂糖の甘さが。

誰かと食事に行ったときに、デザートお相伴することはあるし、

コース料理などに出てきたデザートはありがたくいただくのですが、

わざわざ自分で買い求めることはほとんどありません(しょっぱいのは食べる。クラッカーとか)。

 

そんな中で、唯一自分で買う可能性があるものが、

 

甘さよりも濃厚さが圧倒的に勝るチーズケーキ

 

なのです。チーズケーキというかクリームチーズみたいなずっしり濃いやつ。

ただ、あまり出会えないんだよね…。ケーキだから、やっぱりべたっと甘いのが多い(私基準で)。

(こうなると、クリームチーズそのまま買ってきたほうが早いだろっていうレベルなんだけども)

 

もっとクリームチーズの酸味とか濃厚さを味わえるものはないのか?と見つけたのが、こちら。

 

image

 

コガネイチーズケーキ。

白砂糖を使用せず、ドライフルーツやきび砂糖を使って、甘さ控えめに作られてるとのこと。

(合成甘味料や保存料等の添加物も使用していないとのことです)

渋谷東急の催事に出店されていたので(もう終了してますが)、購入してきました。

 

何種類ものフレーバーの中から購入したのは、わりと定番っぽいものを2つ。

上の写真の白いリボンがきび砂糖プレーン、緑のリボンが砂糖不使用ドライフルーツです。

1個の大きさは、手のひらにぴったり乗っかるぐらいだったかな。

 

 

こちらがきび砂糖プレーン。ほんとにプレーンです。

(なんかこの写真だと横の色暗く見えるけど、下のクッキー部分除いて真っ白です)

image

食べてみてびっくり。本当に、かなり甘くないです。

きび砂糖入ってるはずなんだけど、白砂糖よりはやっぱりマイルドなのかな?

だとしても、砂糖の量かなり抑えてるように感じます。普通のケーキの砂糖の量って…(汗)。

 

で、さらに甘くないと感じたのが、下の台の部分(全粒粉クッキー)。

ケーキの部分が濃厚でも、台が甘くておいしくない…と感じることがけっこうあるのです(私基準で)。

これはこのクッキーだけでも、ちょっと小腹がすいたときとかに良さそうだなあ。

 

「濃厚」と宣伝文句には書かれていますが、個人的には、むしろさっぱりめだと感じました。

ゼラチン使っていて、ババロアをぎゅーっと濃くしたような舌触り?これはこれでとてもおいしい。

 

プレーン以上に個人的ヒットだったのが、砂糖不使用ドライフルーツ。

image

ドライフルーツの甘酸っぱさとの相性がすごく良い!

これは砂糖要らないねー。フルーツの味で十分おいしい。ヒットでした。

私は解凍したその日にいただいたのですが、少し置くとフルーツの甘みがさらに出るらしいです。

(そうそう、冷凍状態で販売されてたのです。冷凍で3週間、解凍後3日、日持ちするそうです)

 

コガネイチーズケーキができるまでのお話は、こちらに書かれています

女性の店長さんなのね(後から知ったのですが、前回の「庭のホテル」も女性経営者さんでした)。

 

商品に同封されていたチラシには、

 

「糖質制限中の方はもちろん、食に関しての意識が高い方や、

ダイエット中だけど、たまのご褒美にはケーキを罪悪感なく食べたいという方、

甘すぎるケーキが苦手な方にも、ご好評いただいております」

 

と書かれてました。糖質制限ダイエットしてる人、添加物気になる人、けっこういるんじゃないかな。

 

「おいしいものって、身体に悪いものばかりだね~(笑)」なんてよく言いますが、

あえてその真逆を目指す「美味しい=からだにいい」というコンセプト、目を引きました。

 

コガネイチーズケーキ、店舗は中央線東小金井駅近くにあります。楽天で通販も可能。

 

 

***********

◎5/14(土)は宇都宮!個別枠が減ってきました。ざっくり塾もやるよー!

5/14(土)宇都宮でざっくり塾や日本刀コンサル、魅力カルテが受けられます!

 

◎明確なコンセプトを立てて、自分らしさを活かして人が集まるビジネスをしよう^^

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分を活かしたビジネスを構築。

 

◎ビジネスの指針として必携!です。まずはこちらにどうぞ。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

庭のホテル 東京/上質で安らぐ和の空間で「ひとり時間」を満喫

15 4月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

勝手に魅力発掘Vol. 1

庭のホテル(東京・水道橋)

1日中部屋にいたくなる、上質で安らぐ和の空間。ひっそりと息を抜くのに最適

 

「勝手に魅力発掘」って…魅力翻訳家オススメのものをレビューする、それだけです( ̄▽ ̄)

Vol. 1とか書いてしまったけど…さて、いつまで続くでしょうか…w

 

 

先日、自宅以外のところでぼーっとする時間が欲しいなあと思って、

一晩だけ、ホテルにこもってまいりました。日曜日の夜のことです。

 

私は、あまり豪華な空間とかおもてなしが欲しいと思うことはなくて、

どちらかというと、シンプルな空間で、適度に放っておいてもらえるほうが好き。

 

今回は特に、引きこもってぼーっと考え事するか寝るか…という気持ちだったので、

室内が清潔でシンプルで、あまり余計なものがなく穏やかに過ごせること

・でも安っぽくなくて、ずっと部屋にいたくなるような上質さがあること

という条件で探しました。立地や眺望はあまりこだわりなし。ゴージャスさも不要。

 

で、見事に条件をクリアしたのが、庭のホテル

 

庭のホテル東京 エントランス

水道橋駅から歩いて3分ぐらい。ちょっと裏のほうにあります。

チェックイン時の応対、丁寧だけど過剰さを感じなくて、私好み。わくわく。

 

泊まったのはこんなお部屋↓

庭のホテル東京 客室 スタンダード

入った瞬間に、「私の選択は間違いない!」って本気で自画自賛した件。

 

ベッド置いてありますけど、障子があったりして、圧倒的に「和」です。

この写真だと暗くてわかりにくいですが、お部屋の色遣いも和の雰囲気で、

土のようなベージュに、木の茶色、竹の緑。さすが「庭」のホテル!という色遣いです。

そして、この和の色遣いがね、本当に落ち着きを与えてくれました。

和の色はどこか濁りがあるものですが、かえって強すぎなくて安らぎをくれるね。

 

お部屋は決して広くはありませんが(窮屈でなければ狭くても構わなかった)、

ベッドがセミダブルだったので、大の字でお昼寝しておきました(笑)。

水回り含め、どこにも汚さや古さがなくて、とにかく清潔で洗練された空間。

観光に出かけるわけでもないし、1日中いたくなる部屋に泊まりたかったのだ。

日中も夜も、とても静かだったし。いろいろ完璧。

 

庭のホテル東京 ラウンジ

ラウンジで気分転換もできます。隣には小さなジムもあった。

長期滞在する人が運動するのかな?海外からの出張のお客様とかね。

(ちなみに、私が泊まった日は、欧米系の外国人客が大半でした)

 

水道橋という場所柄、ビジネスや観光のために泊まる人が多いのでしょうが、

個人的に、「寝るだけ」のために泊まるのは惜しい!と思ってしまうホテルでした。

今回みたいにぼーっと考え事をしたり、書きものをしたり、はたまたごろごろしたり、

そんな目的で、今後もシーズンに1回ぐらいは訪れて、ひっそり過ごせるといいなあ…と。

 

「隠れ家代わりに使いたい!」と思って内緒にしようかと思ったんだけど、書いちまったぜ( ̄▽ ̄)

(見つけても知らないふりをしてください、探さないでください、なーんて)

 

 

***********

 

◎自分の生き様と直結するビジネスができるといいよね。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分を活かしたビジネスを構築。

 

◎こちらはすべての女性起業家さんに持っていてほしいです。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。