Blog Detail

【自分目線と他人目線】求められなければ仕事にならないから。

02 2月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

魅力カルテ、今ちょっと混んでまして、お待たせしてしまってごめんなさい。

今からお申込いただくと2月下旬以降になります(コースご希望の方も同様)。

その頃なら、もうカルテの送付はお待たせしなくて済むと思うので、気になる方はお早目にご予約を^^

 

 

魅力カルテに限らず、日本刀コンサルオリジナルビジネスコースでもそうなのですが、

「客観的な視点で物事を見られるかどうか」って、ビジネスをしようと思ったらやっぱり外せません。

なぜなら、ビジネスってお客様に買ってもらえて初めて成り立つものだから。

 

自分の好きなことを仕事にできるのは素敵なことだけど、

結局、求められなければ仕事にならないという現実があります。

 

自分のやりたいことを、どうやって他人が欲しがる形にして差し出すか。

自分のできることと、他人が欲しいものを、どうやって一致させていくか。

両立はできるのです。でも、そのためにはやっぱり客観的な視点を持たないといけない。

 

例えば魅力カルテを作っていると、ご本人が無自覚なところに魅力が眠っていることが多々あります。

「大したことない」「当たり前」「頑張ったつもりはない」と思っているところ、けっこうポイントです。

他人から見ると、まったくもって当たり前じゃなかったりするのですよね、こういうの(笑)。

ビジネスの種としても大きいので、これに気づかずに始めてしまうのはあまりにもったいない。

だって、あなたの「当たり前」こそが欲しがられているのだから。

 

また、自分が習ったセッションとか施術を「これすごいの!」ってただ差し出しても、

お客様には何が何だかわからない…なんてことも普通にある話です。

 

やりたいことやできることをただポンッと投げればいいわけじゃなくて、

お客様が買いやすいように道筋を作ってあげたり、買ったほうがいい理由を伝えてあげたり、

相手のことを考え、相手の悩みに寄り添い、相手の視点に立って先回りして行動していく感じ。

「線」を引くようなイメージを持っておくのが大事かな。商品やサービスは「点」じゃないのよね。

 

女性は「点」でしか考えられない人も多いように思うのですが、

・どうしてこの仕事をしているの?

・どうしてこの商品を買ったほうがいいの?

・サービスを受けるといったいどうなれるの?

・わざわざFacebookをやる意味は?ブログをやる意味は?

みたいな、思いつきじゃなく根拠のある行動を意識すると、線ができやすいように思います。

 

特にオリジナルビジネスコースなんかは、根拠をいちいち説明しながら進めます。

このへんの考え方が理解できると、半年のコースで習ったことが一生モノになりますな。

 

視野の狭さって、ビジネスに限らず、悩みや失敗のもとになりやすい気がします。

「他人目線代表」みたいな存在として、これからも視野を開くお手伝いがたくさんできるといいな、と。

気持ちいいもんね、視野が開けた瞬間って。「あああああっ!(ぴかーん)」みたいなさ(笑)。

 

 

**************

一番手軽に「ぴかーん」ってなるのは日本刀コンサルかな。今月もあります!

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは2月22日(水)です。

 

自分をよく知っていたほうが、自分の軸を定めていたほうが、やっぱりビジネスは進めやすい。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年間で自分のブランドを築いてどんどん発信できるように。点を集めて線にしよう。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!