Blog Detail

もし時を戻せるなら、25歳の私にアドバイスしたいこと。

31 1月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

【まずはお知らせ】

 

メルマガ読者のみなさま、メルマガ読者限定「魅力発掘おみくじ」は本日23:59締め切りです。

(日付が変わりましたら、申込ページを削除してしまいますのでご了承くださいませ)

1月5日&25日にメルマガ発行しておりますので、そこに記載のリンクからお申込ください。

なお、おみくじ&魅力カルテの割引も、お申込は今日中にお願いいたします(日程は2月でもOK)。

 

★☆★☆★

 

さて。

25歳って10年ぐらい前なんですけど、私フリーランスになったのがその頃なんですよね。

10年フリーランスでやってきたからこそわかること、あの頃わかっていたら良かったのに…と思うこと、

ちょっと浮かんできたので書き残しておくことにします。

 

せっかくなので当時(たぶん)の私(あまり成長してない?w)↓

 

25歳の私にアドバイスしたいこと。

 

とにかく一言、「開け」と言うだろうなあと思います。

「心を開け」であり、「選択肢を開け」でもあり。

 

 

心を開け。

 

フリーランスは人脈が大事だよ、と言われ続けてきたけれど、

正直、まだまだ自分のことばかりで必死でした。

 

この頃はまだまだ人が苦手で、心を閉じることに力を入れ気味になっていて。

親しくなりたいのにシャッターを閉める、みたいな矛盾したことをよくやってた(笑)。

人間関係って、こちらの都合で心を守ることばかり考えていてはやっぱりダメで、

まずは相手に興味を持つことだし、相手を信頼することなのだろうなと今は思います。

 

だからまずは心を開け。大丈夫だからもっと人とかかわれ。

 

 

選択肢を開け。

 

思い切ってフリーランスになったものの、

「私にはもうこれしかない」「これを手放したら終わりだ」みたいな、

けっこう追い詰められたことを頭の片隅で常に考えていたような気がします。

それもあって、だいぶ無理して働いていました。毎日、睡眠2,3時間とかで。

素直に頑張りたかったというのもあるのだけどね、何とか仕事として成り立たせたくて。

 

それにしても、自分の生きる力をまったく信じられなかったなあと。

マイナスから始まる無茶と、プラスから始まる頑張りは違います。

 

「これしかない」と思えるからこそ頑張れる、という側面もたしかにあるのだけど、

何か起きても何とかなる、何とかしよう、みたいな自己信頼って大事だなあと思うのです。

そして、そんな風に自分を信頼できているからこそ選べる選択肢というのがあるのだと。

 

 

…ま、きっと当時の私は聞く耳持たなかったと思うから(笑)、

10年後、こうして幸せに生きてるから安心しなさいってことだけで十分なのでしょう。

 

 

というか、これ書いてて思ったんだけど、

前ほど人間アレルギーではないけれど、何しろ1人の時間が好きすぎるので、

もう少しいろんな人に会いにいかないと…という点は10年前と変わっていない(爆)。

自己信頼度はアップしたと思うけど、逆に当時のがむしゃら感とか情熱をだいぶ忘れてる気がする。

当時はたしかに良くない無理のしかたをしてたけど、もう少しやれるでしょうよ、今の自分…。

 

記事を書きながら、思いがけず若干の反省モードに入る1月最後の日です。

 

 

私はこう見えてけっこうな怖がりなので、ぼーっとしてたら何もできなくなってしまう。

目の前のことに追われてばかりだと、つい忙しさに飲み込まれて満足してしまって、

守るばかりの毎日に甘んじてしまう。頑張っている気になって終わってしまう。それはやめたい。

 

 

やっぱり大事な選択であればあるほど怖い。

でも、怖い選択ほど、後にもたらされるものもきっと大きいのだと思います。

 

 

**************

2月も日本刀コンサルあります!私で良ければどんな相談もOKです。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは2月22日(水)です。

 

誰に何を伝えたらいいのかはっきりしていない方、これを持てばコンセプトや方向性が一発でクリアに!

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

自分のブランドを作り、発信し、ビジネスを続けるためのコースです。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!