Blog Detail

女性起業家をコンサルする者として考える、コンサルの存在意義。

28 12月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

【お知らせ】

明日29日(木)、ゲリラお茶会@池袋です!

お席があれば当日ご連絡いただいてもOKです。お待ちしてます!

 

☆★☆★☆

 

女性起業家のためのコンサルを提供していながら、よく考えることがあります。

別になくても誰も死なないコンサルっていう仕事の意義って何だろう?と。

 

しかも、もはやコンサルって乱立していますし、誰でも始められてしまう部分もあるので、

(資格が必要なわけじゃないから、「コンサルやります」って言えばできちゃう)

「コンサル」って聞くだけで、インチキじゃないかみたいな言い方をする人さえいてね。

実際のところ、コンサルの世界って本当に玉石混合だろうと思うし…。

 

私は私で、自分が良いと思うサービスをプライド持って提供してるつもりだけど、

それは私の考えであって、外から見たら、同じように見えてしまう可能性だってある。

 

それに、Google先生に聞けば基本情報ぐらいなら全部出てくる時代です。

検索して独学すれば無料なのに、お金を払って相談する意義って何だろう?とも思うわけです。

よほどの意味がなければ、わざわざお金を払うほどの価値を感じてもらうことはできない。

 

わざわざお金を払ってコンサルを受ける意義。

たぶんね、自分をストレッチするためというか…視野とか世界を広げるためなんだよね。

売上増やしたりとか、今できていないことをするためには、殻を1枚破らないといけないわけで。

 

 

これは私含めて誰でもそうだと思うんだけど、自分のことって本当に見えません。

自分を客観視しているつもりでも、やっぱり自分は自分で、主観が入るわけなので、

大事なことそっちのけで、ピントのずれたことを延々と頑張ってしまったりするのね。

 

例えば、ビジネスがうまくいかない…と思ったときに、

 

・なぜうまくいっていないのか、最初から捉え間違えている

・うまくいかない理由はちゃんとわかってるけど、対処法を間違えている

・そもそも何がいけないのかぜんぜんわかっていない

・根本的にビジネスの考え方を知らない

 

…みたいなことは、お客様とお話していると、驚くほど当たり前にあります。

私自身もそうですけどね。自分ひとりで試行錯誤してたら、盛大にずれてた…って経験あるし、

今だってもしかしたら(というか確実に)、自分が見えていないおかしなこと、あると思うの。

 

で、そんなときに登場するのが他人なんですよね。

自分のことはわからないけど、他人のことはよく見えるから!

 

個人的に、他人の目で必要なことを指摘してもらうっていうのは、

もう1歩成長したい、今の状況を打破したい、と願っているときこそすごく有効だし必要だなと。

自分のアタマだけじゃうまくいかないのなら、誰かのアタマを拝借するしかないわけだから。

 

それに、自分だけで考えていると、過去の自分に引っ張られてしまいがちです。

「前回こうしたから、こうすればいいはず」「今までできなかったから、またできないはず」みたいな。

今の自分と過去の自分は違うよ。でもそういう先入観も1人だと捨てにくい。他人なら関係ないけど。

 

だから、遠慮なく殻を壊してくれて、自分をひとまわり大きくしてくれそうな人を選んで、

相談してみると良いんじゃないかなと思うし、そういう人を私自身も選ぶことにしています。

 

個人的には、身近な知り合いの中にそういう人がいると良いよね、と思うのだけど、

まったく自分を知らない人のまっさらな客観的意見が欲しい!と感じることも多くて、

そういうときはお金を払ってでも積極的に相談しにいきたい、と思っていて、極力そうしています。

 

 

…ってことは、コンサルを提供する私としては、

それだけの器を備えていないといけないってことなんですよね。

先入観を持たずに広い視野で物事を見て、ビジネスの知識もいろんな角度で蓄えて、

引き出しをたくさん用意しておかないと、さまざまなお客様の殻を破ってあげることはできない。

 

こんな記事書いちゃった以上、自分自身がそういう存在でいられるようにしないといけなくて、

自分でハードルを上げて、自分で首を絞めてる感が満載の記事になってしまいました(爆)。

 

でもそれが私の理想だから。理想を追います、追い続けます、どこまでも。

 

 

★☆★☆★

今年の更新は今日までです。過去記事やサイト全体のメンテナンスをしたいので。

新年は、4日か5日ぐらいから復帰予定です。とりあえず実家に帰って姪とたわむれてきます。

 

各種サービスのお申込は、返信遅くなるかもしれませんが受け付けておりますので、

2017年、自分の世界をさらに広げたい方はぜひご検討くださいませ。

現在提供中のメニューはこちらです。

 

 

2016年もたくさん読んでくださってありがとう!良いお年をお迎えください^^