Blog Detail

テストする女性誌『LDK』が売れていると聞いて買ってみた

06 12月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

先日、こちらの雑誌を購入しました。

(公式さんのツイートお借りします)

↓↓↓

 

『LDK』という女性誌です。

 

先日、こちら↓の2本のWeb記事を読んで初めて知ったんですけど、

創刊3年で部数激増!
徹底的なテスト検証で本当にいい商品を探し出す女性誌『LDK』が売れている理由

コスメ雑誌では不可能なことをやる!
女性向けモノマガジン『LDK』の驚くべき検証方法とこだわりの記事づくりの舞台裏

 

雑誌が売れないこの時代において、創刊3年で部数が倍増ってすごいことだよね。

気になって書店に行ってみたら、数冊しか残っていなくてびっくりしました。

 

こちら、「テストする女性誌」っていうキャッチコピーが付いていて、

表紙にはさらに「いいも悪いもちゃんと言う。LDKはあなたの味方です!」って書かれています。

 

中身を見ると、コスメ、洗剤などの日用品、家電、食品、100均グッズ、ファッションまで、

とにかくいろんなものをテストしまくって、「これいいよ!」「これはちょっと…」って率直に評価。

人気ありそうなブランドの商品でも、容赦していません。悪いものは悪いって書いてる。

そして掲載されてる商品数、すごいです。ジャンルも広い。生活に必要なもの全部って感じ。

 

面白いなあ、と思いました。

 

今、私たちは本当のことが知りたい。

 

みんな気づいちゃってるんだよね。

雑誌に載ってる商品って、メーカーから依頼を受けた広告が混じってたりすること。

「これいいよ!」っていう雑誌の言葉を、本当に信じていいのかどうかわからないこと。

 

徹底的に読者目線で考えたら、「で、本当のところはどうなのよ?」ってなるわけで、

『LDK』は、記事広告を入れずに、自分たちで製品を検証した結果を掲載しているとのこと。

検証方法にも相当こだわっている様子。みんなが知りたい「本当のこと」が伝わるわけですね。

 

本当のことを伝える。

 

これ、女性起業家さんが発信するときも同じことですよね。

本音・本心を伝えること。似非きらきら女子は、もうみんな見抜けてしまうし。

変に飾ったところを伝えるよりも、リアルな感じのほうが親近感を生むもんです。

最近いつも言ってる気がする。本音を伝えましょうって。メール講座にも書いた(笑)。

 

 

この記事に書いたことは、あくまで私個人の解釈にすぎないんですけど、

なんというか、こういう雑誌が売れるのってすごく時代を象徴してる感じがして、

ヒントも多いなあと感じたので、私の主観でいろいろ書かせていただきましたm(__)m

 

 

***********

12月の日本刀コンサルは、19日(月)です。今年のお悩み、今年のうちに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは12月19日(月)です。

 

コースは年内いっぱいで、価格を少し改定することになると思います。半年後の自分が楽しみだね。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

言葉としてはっきり自分の半生が見えてくる体験って、意外とできないものなんですよね。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。