Blog Detail

自分で自分を伸ばせる人、自分で自分をつぶす人。

16 11月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

何をするにも、自分の意識の持ち方って、とても大きく影響します。

意識次第で、自分のことをどんどん成長させることもできるし、

逆に、自分で自分をダメにしてしまうことだってできる。

 

大きなポイントの1つが、

 

頭の中で、自分とどんな会話を繰り広げているか

 

ではないかと思っています。

 

気にしたことありますか?一人でいるときの、自分との脳内会話。

たぶん、けっこう自分と会話してると思うんですよね、頭の中で。

「ああ、おなかすいたなあ…今日の晩ごはん何にしようかな…」とか、

「どうしよう、この試験ぜんぜんわからない…やばい…」とか。その他、日常的にいろいろ。

 

12047053_918651241555448_7083212930655367043_n

 

自分で自分をつぶしてしまう人は、

「なんで私ってこんなに何もできないんだろう?」

「なんで私ってこんなにバカなんだろう?」

みたいな質問を、自分に向かってたくさん投げかけていますね。

 

自分がダメなのが前提だと思って問いかけてるの、自分に。

 

私は何もできない。私はバカだ。そこは疑いの余地がなくて、なんで?って。

親が子どもを「なんであんたはそんなにダメなの?」って毎日責め続けてるイメージをしてみて。

毎日そう聞かされたら、「自分はなんかダメらしい」って洗脳されて、しょぼん…となるじゃんね。

 

自分への問いかけが下手だと、自分で自分をどんどんつぶすことになる。

だったら、自分への問いかけ方、自分への話しかけ方を変えたらいい。

 

問いかけられると、脳みそって「答え探しモード」に入るんですよね。

自分のダメさ加減を問いかけても、ダメなところが見つかるばかりで気持ちは沈む。

自分を前に進めるための答え探しができるように、そういう質問を投げかけたらいい。

 

「どうしたら、もっとうまくなれるだろうか?」

「どうしたら、自分にもできるようになるだろうか?」

「どうしたら、夢をかなえることができるだろうか?」

できることは前提、そのための方法って何だろう?っていう発想で自分に問いかける。

 

何か失敗したりうまくいかないことがあったりしても、

「なんで私はこんなにダメなんだろう…」って責めるよりは、

「失敗を繰り返さないために、次はどうすればいいだろう」っていう聞き方なら、

自分を攻撃しなくとも、きちんと反省できるし、次への学びにもつながるわけで。

 

だからまずは、自分がどんな脳内会話を繰り広げているのか、気にしてみてください。

 

自分をダメにしそうな会話なのか、成長させられそうな会話なのか。

誰よりも長く付き合う相手が自分ですから、自分との話し方を変えられると、影響が大きい。

 

だいたい、落ち込んで悪循環にハマっているとき、物事がうまくいかないときって、

自分で自分を苦しめるような脳内会話をしてしまっていることが多くて、

それをやめるだけでも、ずいぶん元気になれるはずなんです。

 

それでも「どうしたらいいのかわからない…」と思うときは、

第三者に話してみたらいい。たぶん一瞬で解決するんじゃないかな。

自分の視野が狭くなっていて、自分からは解決策が見えなくなっているだけだから。

 

私の日本刀コンサルでも、客観的な視点からお手伝いできます。

視野を広げて、思考回路を前向きに切り替えるのは、得意分野の1つだよん。

どうもうまくいかない、どうしたらいいのかわからない…そんなときはぜひ。

 

今月の日本刀コンサルは、来週22日(火)です。