Blog Detail

プロフィールやキャッチコピーだけ整えても売れない。発信するなら○○性を意識する

09 11月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

私の仕事は、「魅力を引き出して活かす」だけでなく、「言葉で伝える」という部分まで含んでいます。

昔から、ブログの文章は「読みやすいので真似しています」とかよく言われていましたし、

一時期、文章に特化したコンサルや、プロフィールやキャッチコピー等の作成代行もしていました。

 

ただ、特に文章作成を代行する仕事は、やるうちに違和感が大きくなってしまって。

 

プロフィールだけ、キャッチコピーだけ、肩書きだけ…表向きの言葉だけ整えてもダメなんですよね。

 

なんか、「言葉がキマれば売れるはず」みたいな感覚でいらっしゃる人がけっこういて。

もちろん、全員がそうだというわけじゃないんですけどね。思った以上に多かったのは事実です。

 

言葉が大事なのは、言うまでもない。

でも、プロフィールも、キャッチコピーも、肩書きも、サービス内容も、ブログで発信する内容も、

全部トータルで考えて初めて、あなたやあなたのお仕事の魅力が確実に伝わるのではないでしょうか。

 

img_5125

 

一貫性が欲しいんです。

 

変わらないものに、人は安心感を覚えるから。筋が通っていると、信頼されるから。

一部分だけ切り取ってプロの言葉を使っても、他の部分でベクトルの全然違う言葉が並んでいたら、

変に浮いたようになってしまって、一貫して見えない。プロの仕事であっても逆効果になってしまう。

 

それで、どうやったら一貫性が伝わるのかっていうと、

 

お仕事全体のコンセプトを決めて、それに沿った発信をすること。

 

理念とか方向性という言い方でもいいけど、とにかくそれが軸になります。

企業のホームページ見ると、だいたい「企業理念」って載っていますよね。

事業全体を通して、どんな人たちに、どんな未来を提供するのか。何を目指すのか。

これが軸になるということは、これを真っ先に決めないといけないってことです。

そうじゃないと、プロフィールも、キャッチコピーも、肩書きも、サービスの中身も、作りようがない。

 

方向性を具体的に考えずに、甘いままで言葉だけ作りはじめてしまうのって、

行き先がわからないのに、一生懸命道順を考えているような、そんな変な状態になっちゃうんです。

いくら言葉の響きが良くても、「なんか違う…」っていう話になりやすいんですよね。

 

それと、自分の素を伝えることに抵抗を持たないこと。

 

特に個人事業主は、何よりも「自分であり続けること」が基本中の基本じゃないかな。

その都度「あれを言ったら嫌われるかな」とか「もっとカッコよく見られたいな」とか、

下手に考えてしまうから、こじれてしまって一貫しなくなってしまうんですね。

自分を変に盛るようなブランディングも、徹底的にやり続ける覚悟があればいいけど、

結局どこかでひずみが出てきて、自分がつらくなってしまうことが多いものです。

 

素直に書いていれば、「自分」という一貫した軸が自然と伝わっていくはず。

だから、まずは素の自分であること。素の自分を伝えることを厭わないこと。

 

今はオリジナルビジネスコースを立ち上げていて、

女性起業家さんをそれこそトータルでサポートさせてもらっているし、

魅力カルテだって、結局のところは、その人丸ごと、生き方の軸を言語化するサービス。

 

嫌でも軸ができあがるわけなので、文章だけを引き受けていた頃よりもやりやすいですし、

いろいろなお客様を見ていても、トータルで考えたほうが成果の出方が明確なんですよね。

 

 

***********

まずはこれで、自分自身の生き方の軸を知ってください。働き方は生き方だからね。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

方向性を決めるところから、メニュー作り、発信まで、トータルでサポートいたします。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

ためしに相談してみたい方、ちょっと聞いてみたいことがある方、月1回だけご相談お受けしてます。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは11月22日(火)です。