Blog Detail

福岡出張を通して感じた「東京の人って…」

02 11月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

【お知らせ】

明後日11/4(金)はゲリラお茶会です!

福岡みやげも持っていきます。定員ありますので、お申込はお早目に。

 

★☆★☆★

 

昨日の夜、福岡から帰ってきました。

 

14915410_1183381018415801_8169247626324482247_n

 

博多駅周辺はかなりの都会ですね。この数年で開発も進んだとのこと。

ほとんど博多駅の周辺にいたので、離れた地域のことはあまりわからないのですが、

地下鉄やバスで10~20分の範囲を見る限りでは、とても住みやすそうな街だなあと。

そして、空港が地下鉄でたったの2駅!この近さ、仕事によっては最強だろうねぇ。

 

 

今回の出張、セッションやランチの募集もかけたのですが、

九州とのつながりは、今回オリジナルビジネスコースを申し込んでくださったお客様1人だけ。

他に知り合いはおらず、ブログやメルマガの読者さんにもしかしたら会えるかな?ぐらいの感じで。

 

それが結果的には、毎日どなたかとお会いするようなスケジュールになり、

観光は、空き時間に近場に出かけるのがやっと…という嬉しい悲鳴状態になりました。

いくらブログを毎日読んでくださっていたとしても、会いにくるというのはそれなりのハードル。

それを超えて、この機会にお申込くださった方には、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

17214_1185504951536741_1654099729417037354_n

※おいしいものは博多駅構内にちゃんと用意されていたので、それなりにありつけました(笑)。

 

今回、福岡だけでなく、佐賀や長崎の方ともお会いしまして、

あくまで限られた人数の中ではあるんですけども、強く感じたことは、

 

九州の人、なんだかんだで幸せそうに生きてるなあ…

東京の人、いろいろ思い詰め過ぎなんじゃないか?

 

ってことでした。

 

なんだろうね、話してて空気感が違うなと思ったんですよね。

似たようなご相談でも、東京の人のほうが深刻でどんよりしてるの。

仕事だって、東京のほうが数も種類もありそうだし、お金ももらえそうなのに、

トータルで見て、仕事を含めて人生楽しんでいるのは九州の人のような感じがしました。

 

東京の人のほうが、「生きる」ということにシンプルに向き合ってないのかな?

選択肢が多すぎて、「生きる」以外のことに振り回されすぎなのかも。プライドとか見栄とか。

人とのつながりが薄いからこそ、そういうもので自分を表現するしかないのでしょうか?

 

人生で起きることをうまく受け入れて楽しんでいるのは、圧倒的に九州の人でした。

もちろん、1人1人が抱えているものはいろいろあるんだけども、その上でね。

 

何度も言うけど、九州の人に何百人も会ったわけじゃないし、私の個人的感覚です。

たまたまそういう人ばっかり会いにきてくださったのかもしれない。個人差があるのは当然です。

 

でもなんというか、私たちって、何はともあれ「生きる」ことじゃないですか。

 

「より良く生きたい」と思うことは当たり前の欲求だし、あれこれ追い求めるのも素晴らしいことだけど、

自分の首を変に絞めてしまうぐらいなら、まずはその首を絞めている何かをほどいていかないと。

 

本当はなくても困らないものが、世の中にはたくさんあるわけだし。

 

 

***********

 

ちょっと話がしたいとき、ビジネスのヒントが欲しいとき。月1回だけですが、ご相談お受けしてます。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは11月22日(火)です。

 

自分らしさや自分の考え方の癖こそ、自分一人じゃわからないから。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

とにかく起業したい人には全員持ってほしいサービスです。よく泣かれます。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。