Blog Detail

「私って何屋さん?」幅広く活動する個人事業主が一言で自分を伝える方法

20 10月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

【直前のお知らせ】

10月の日本刀コンサルは明日21日です。今日の18時で締切!残席1です。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは10月21日(金)です。

 

 

★☆★☆★

 

例えば、セラピストをしながらクリエイターとしても活動されていたり、

あるいは、セラピストさんであっても、とても幅広いセラピーができたりと、

一言では括りきれない幅広い活動をしている方、けっこういらっしゃいます。

私自身も、もとは翻訳者として独立し、魅力翻訳家の仕事に至り、写真もやりますしね。

 

で、こういう方からよくご相談を受けるのが、

「私っていったい何屋さんと言えば良いのでしょうか…」です。

 

一言で説明できたほうが、自己紹介するにしても、名刺に書くにしても、便利なのは事実。

でも、いろいろなことをしていると、一言にまとめるのは至難の業ですよね。

 

「何屋さん」という発想で考えているとき、注目しているのは「商品」だと思います。

「八百屋さん」なら野菜を売る人、「魚屋さん」なら魚を売る人、「セラピスト」ならセラピーを売る人。

 

でも、商品ばかりに注目しているから、何屋さんなのか…って考えてしまうし、わからなくなるんですね。

だから、自分が何屋なのか迷ってしまったら、商品という枠を一度外して、問いかけてみてほしいのです。

 

何のためにこの仕事をやっているのだろうか?

お客様は、自分の仕事によって、どんな未来を手にするのだろうか?

 

写真 2015-02-21 1 59 01

 

商品やサービスは、お客様の未来をより良くするための道具だと思ったらいい。

いろいろな仕事をするって、単純に言うと、いろんな道具を持っているということになります。

 

で、その道具を使ってあなたが作りたい未来は、どんな方角を向いているのか。

私自身は、魅力翻訳家の仕事も、写真の作品を生み出すにしても、

今掲げているコンセプト「オリジナルで生きる」っていう方向を目指してやってます。

多くの人が「オリジナルで生きる」ことのできる未来を、私は作りたいと思ってるのね。

 

やっている中身はある程度多様でもかまわなくて、

どっちのほうを目指してやってるのか、「この指とまれ!」って感じできちんと打ち出せば、

その未来像に共感したお客様が、ちゃんとその指に止まってくれるわけです。

 

何のためにこの仕事をやっているのだろうか?

お客様は、自分の仕事によって、どんな未来を手にするのだろうか?

 

この軸が明確に作れれば、関係なさそうなサービスも一貫性が見えてきます。

自分の活動を1つにまとめた肩書きとかキャッチコピーなどもまとめやすくなりますね。

 

「私は、●●●●●な未来をつくるために、xxxxxを通して活動をしています。」

 

このあたりの話は、まずこちらのメール講座やっていただけると良いかなと思いますが、

あなたがビジネスを通して実現したい未来、お客様に提供したい未来って、どんなものでしょうか?

 

 

***********

10/30(日)、31(月)に福岡に行きます!まだまだ募集中です。

福岡でのセッション&ランチ、絶賛受付中です。記事のシェアも歓迎!

 

一番気軽に相談していただける場です。今日18時に締切。残席1名。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは10月21日(金)です。

 

本当にやりたいことを、口だけにしないでちゃんとやりたい人向け。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

とにかく起業したい人には全員持ってほしいサービスです。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。