Blog Detail

「事例くれくれ君」と「うちは特殊君」の話、女性起業家版。

22 9月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

【お知らせ】

9/26(月)日本刀コンサルです!お申込は25日(日)18時に締め切りますので、お忘れなくー。

 

 

★☆★☆★

 

さて、今日は、昨日読んだ記事をご紹介。

東京大学准教授 中原淳先生のブログです。このサイトいいなあ。

 

「他社の事例」をいくら聞いても、さっぱり活かせない「事例くれくれ君」にご用心!?

「変化はとにかく拒絶」したい「事例くれくれ君」の背後にうごめく「うちは特殊くん」と「事例ないのか君」!?

 

2本とも、会社の中の人材を想定して書かれているのだと思いますが、

これ、女性起業家さんにも当てはまる話かもと思ったので、紹介させていただきます。

 

「事例くれくれ君」っていうのは、

『いつも「他社」の実践事例を収集し、欲しがっているけれども、

いっこうに、自社を変えようとはしないで、不満ばかりを述べている人』

 

「うちは特殊君」っていうのは、

『「自社が特別であり、他社の事例はうちにはあてはまらない」という言葉を常にはきつづける人』

 

というふうに書かれています。

 

これ読んだときに、頭の中で女性起業家版がふと浮かびまして、

 

前者は、セミナーやコンサルを転々とするわりに、自分では何も行動しないで、

「あのセミナーは良くない」「あのコンサルは合わなかった」などと言ってる人

 

後者は、「私にはこのやり方は向いていない」「私にはこの方法は合わない」など、

やらないこと、できないことを、自分らしさや個性を盾にして正当化している人

 

っていうイメージでしょうかね。

 

2本目の記事の最後にも「変化に対する拒絶」とハッキリと書かれていますが、

こういう人たちって、起業したいよりも、変わりたくない、何もしたくないという気持ちが先なんですね。

 

会社の中にいたら、会社として、チームとして、やらないといけない仕事ってあるかもしれないけど、

会社にいない人は、本当に何も変えたくないなら、何もしないことを選べますよ、自分で。

起業なんて、絶対しなければいけないもんでもないのだし。その望み、簡単に叶うじゃん。

 

で、やっぱり自分で仕事がしたくて、「良くない」とか「合わない」とか言って終わりにせず、

ちゃんと学びを自分のものにするためには、どうしたらよいのかというと、

 

『事例を収集する意味を明確にする』

『ある特殊な事例の背後にある「もっとも本質的なもの=他の文脈でも通用しそうなもの」を抽出する』

 

という2つが必要だと、1本目の記事に書いてあります。

 

不満や批判しか出てこない人は、そもそも自分のやりたいことがわかっていないことがほとんどです。

漠然と周りにつられて起業したいとか、なんかきらきらしたいから起業かな、とか曖昧な感じ。

セミナーやコンサルジプシーになってお金と時間ばかりムダにしないコツの1つは、

「このセミナーから何を学び、どこに活かしたいのか」ということをはっきりさせてから通うことね。

 

そして、セミナーなんかも、基本的には講師の成功事例なんですよね。

コンサルタントも、さまざまな成功事例をストックして、相手に応じて出してるはずです。

だから、その事例を聞いて鵜呑みにして、「私には合わない」とか言う前に、

ちゃんと考えて、本質をつかみ取って、自分に当てはめる…っていう工夫が必要ってこと。

「なぜこれをやるべきなのか?」「これをやる本質的な意味は?」「その上で自分に合う方法は?」など。

 

image

 

で、ちょっと関連ありそうなので、ついでに。

先日Facebookにこんな投稿したら、なんかいろんなコメントを頂きましてね。

 

女性起業家業界(?)は、おままごとだのつるんでるだの痛いだのお茶会しかしてないだの、

いろんな評価が飛び交っていまして、実際、それに辟易してる人たちもけっこういるようですし、

「嫌だ」という声、私のところは本当に多いんです。一匹狼タイプの人が多いんだよな、うちは。

で、この投稿自体は、そんな中でも自分の意思を持った本気の人しか想定してなかったんですけど。

 

そうじゃない人も、間違いなくいます。事例くれくれ君やうちは特殊君に近い気がする。

 

これだけたくさんコミュニティがあって、似たようなことをしてる人たちがいるってことは、

恐らくそこに何かビジネス的なメリットがあるからこそ、みんなやるわけじゃないのかな。

反射的に「嫌だ」って言ってるだけじゃなく、そのあたりの本質を理解してから言ってますか?

私自身も、過去には複数のコミュニティにいたことがありますが、メリットはちゃんとありましたし、

おいしいところだけ拾って、すっと離れて外で活躍…っていう上手な人もけっこういますよ。

 

そのメリットを得られなくなっても構わない!と言えるほどの覚悟があるか。

もしくは、そのメリットを別の方法で得るために、行動したり考えたりしているか。

それとも、ただ批判したり不満を吐いたりしているだけですか?

 

まあ、直感的に嫌っていうのもあるとは思うのですが(そういう嗅覚ってあるよね)、

本心では、合わない人のところに行って傷つきたくないとか、人間関係が面倒だとか、

頑張る覚悟をしていないとか、やる気がないとか、周りに自分のみっともなさを晒したくないとか、

自分の都合で、自分を変えないで済む方向ばかり考えてる人も多そうだと感じますが、どうでしょうね~。

 

 

***********

本音をしっかり感じ、自分の頭で考えて、行動できる人が、自分のビジネスを続けられる人。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

来週です。まずはこちらで気軽にご相談くださいませ。私で良ければ何でもどうぞ。

頭の整理も、ビジネス相談も。次回の日本刀コンサルは9月26日(月)です。

 

何をしたいのかわからなくなってしまった迷える子羊さんたちは、こちらがおすすめー。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。