Blog Detail

【行き詰まったときに読む記事】行き詰まりポイントはこの3つ!

16 9月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

これは私のコンサルに限ったことではないと思いますが、

お金を払ってまで、時間を取ってまで、あえて「誰かに相談しよう」と思うときって、

 

・やりたいことがあるけど、どうしたらいいかわからない

・自分でやれることはやり尽くしてしまって、手詰まり状態

・やるべきことはやったはずなのに、うまくいかない/結果が出ない

・新しいアイデアが必要だけど、自分では何も思いつかない

→こうした状況を打破するために、客観的な意見や新しい視点が欲しい!

 

行き詰まってしまって、次の1歩が踏み出せないって感じですね。

これまでご相談いただいたケースを考えても、だいたい上記に当てはまりますし、

私自身が誰かに相談しようと思うタイミングも、多くの場合はこんな感じです。

 

で、相談される側の視点から言うと、

引っかかりポイントって、「カラダ」「アタマ」「ココロ」のどこかだと思って間違いないです。

 

 

1.行動不足=「カラダ」をちゃんと使っていない。

 

私のところだと「集客できない」っておっしゃる方に多いんですが。

 

Webで集客したい、と言いながらブログやFacebookを十分に書いていない。

リアルでのつながりを作っていない(最近みんなWebに頼りすぎな気がします)。

そもそもつながりが少なくて周りに人がいないので、いくら伝えても来てくれる人数が少ない。

告知を十分していないので、集客以前にお客様に何をしてるのか知られていない。

 

これ全部、純粋に行動量を増やせば解決することが多いんだけど、

本人的には精一杯やってるつもりだったりするので、自分では気づかないんですよね。

 

あとは、やってみないとわからないことをやらないで悩んでいるとか。

ずっと考えているよりも、実際に行動してしまったほうがわかることってたくさんあります。

 

2.思考不足=「アタマ」をちゃんと使っていない。

 

起業したい!好きなことを仕事にしたい!という方に、

「誰向けのビジネス?」「どうしてやりたいの?」「どんなサービスしたいの?」などなど、

いろいろと質問を投げかけていくと、ほとんど考えられていなかったりします。

一応の答えは持っていても、浅くて抽象的だったりする。それだとお客様に伝わりません。

 

最初のうちは、そもそも何を考えていいかわからなかったりもするので、仕方ないのですが、

「なぜ?」「どうやって?」「それで?」などと、いつもよりもう1歩、深く考えてみると、

それだけで自分の進みたい方向がクリアになったり、相手に伝わりやすくなったりします。

 

あと、悩めば悩むほど、視野って狭くなってしまうのですよね。

視野が狭まっていることなんて、自分一人ではなかなか気づけないのですが、

常に「他にアイデアないかな?」「ヒントないかな?」とアンテナ立て続けられる人は強いです。

一点をぎゅっと掘り下げることも大事なのですが、いろんなものからヒントを得る工夫も必要ね。

 

3.本音が別のところにある=「ココロ」をちゃんと使っていない。

 

いくら考えていくら行動しても、ココロが違うところを向いていると行き詰まります。

いったい何が自分の本音なのか、わからなくなってしまっている人がとても多いです。

 

ココロの奥で「目立ちたくない」「どんなお客様が来るのか怖い」と思っていれば、

いくら頑張っても、自分でブレーキを無意識に踏んじゃうから、うまくいきません。

行き詰まっているほうが、怖い想いをしなくて済んじゃいますのでね。

逆に、「目立ちたい」「認められたい」という渇望で動いてしまう人もいて、

それはそれで、中身や軸のないビジネスになってしまって、信頼を得られない。

 

一生懸命隠そうとしてるんだなあって方もいますが、けっこうばれてますのでね(笑)。

だって、話が矛盾してきたり、言い訳が増えたり、いろいろするもんですから。

 

本音に良いも悪いもありません。人間、欲も恐れもあって当たり前なので、

とにかく、自分の気持ちには素直になっておいたほうが良いです。

起業ってそんなに夢のようなことばかりじゃないので、選択を間違ってる場合もあるし、

本音を踏まえたうえで、じゃあどうしようか?と作戦を練ることだってできますから。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-19-37-14

 

そんなわけで、行き詰まっているなと感じたら、

 

・十分行動しているかどうか?(やれることは本当にもうないのか?)

・十分考えているかどうか?(本当にもう掘り下げられないか?視点は他にないか?)

・自分の本音に気づいているかどうか?(本当にやりたいことをやろうとしているか?)

 

この3つを切り口にして、ヒントを見つけられないかどうか考えると良さそうですね。

 

もしそれでも行き詰まったままだったら、9/26(月)の日本刀コンサルをどうぞ。

 

相談したいときに、単発で相談しやすいように…と4月から始めましたが、

月1回、気まぐれで日程を設定しているにもかかわらず(だからこそ?)、

毎月、さまざまな方に、さまざまな場面で活用いただいていて、本当に嬉しい限りです。

 

私自身は、コンサルをやってきた経験からしても、過去の体験からしても、

自分一人で対処できたためしがないので、さっさと人に頼ってますw