Blog Detail

やっぱり、自分を変えるのは他人なのだ。

08 8月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

週末は、知人と仕事の話をみっちりと。

 

あなたのその頭脳を6ヵ月も借りられるなんて、オリジナルビジネスコース安すぎでしょ…。

 

という、知人とはいえ大変ありがたきお言葉を頂戴しましたので、

この場を借りて紹介させていただくとともに、堂々と自慢したいと思います(←こら)

(そしてコースは近々値上げします。週末決めたわけじゃなくて、以前から決めてたから)

 

写真 2016-08-07 7 43 12

※朝からミーティング。朝苦手なんですけど、エサがあれば頑張れますw

 

★☆★☆★

 

以前、「自分を変えるのは他人だ」っていう記事を書いたことがあるんですけど、

この週末も、改めてそう思いました。自分を変えるのは、自分だけでやることじゃない。

 

なぜかというと。

 

まず、人間って自分に対して「こんなもんだ」っていう制限をかけがちだから。

気づかないうちに、自分で限界を設定してしまってる人ってけっこう多いんだけど、

他人の目から見ると、「いやいやもっとできるでしょ」「何言ってんの」ってこと、よくあります。

自分の殻を他人が外から破ってくれる。自分ひとりじゃなかなか怖くてできなかったりするけど。

 

そして、たった1人では、知らないことだらけ、見えないことだらけだから。

この世のすべてが見えている人はいない。自分が思い描けることは限られています。

でも、自分に見えていない物事も、他の誰かには見えている可能性が十分にあって、

「こういう手もあるよ」「こういうことしてる人がいるよ」などと誰かに教えてもらえたら、

その瞬間から、今まで未知の世界だったものが、目標として目指せるものに変わるかもしれない。

 

もちろん、「変わろう」とか「新しいことをやろう」とか、その決断を下すのは自分です。

他人が何と言おうと、自分が決めない限り、物事は動き出しません。

 

でも、私自身の経験を思い返してもほんとそうなんだけど、

他人がくれた意外な選択肢が、その後の道を拓いてくれることってたくさんあるんですよね。

自分ひとりで、狭い世界で、狭い視野で、ぐるぐる考えてうじうじしていても、堂々巡りで終わるけど。

 

だから私自身も、「もう1歩進みたい」とか「なんか最近しっくりこない」と思うときほど、

心から信頼している誰かに、相談したり意見を求めたりしてますねー。

 

私のコンサルも、そういうときこそ思い出してもらえたらいいな。

 

オリジナルビジネスコースは、知人に「安すぎ」と言われたものの、

それでも6ヵ月分の代金が必要なので、よろしければまずは単発の日本刀コンサルへ

8月は24日(水)のみ、3名限定です。私の頭を借りてみたい方(笑)はぜひお試しください^^