Blog Detail

【起業に向いていない人リスト】別に起業がすべてじゃないし。

25 7月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

いろいろな人が「起業したい」「自分の仕事を作りたい」と考えているようで、

周りの人に触発されるのか、資格を取ったら起業!って思うことも多いようなんですが。

 

そもそも起業なんて、誰もがしなきゃいけないもんじゃないですよね。

 

今の時代、たしかに会社にべったり依存するのもリスクだろうけど、

起業しても続けられる確率のほうが、実はよほど低かったりするんじゃないだろうか。

 

そんなわけで、「無理して起業しなくても…」という人リスト、勝手に作成。

 

 

【起業に向いていない人リスト】

 

輝きたいだけの人。

 

起業=輝ける!というのは、Facebookの見すぎじゃないかと思います(笑)。

起業したらお客様もいるわけで、自分のこと「だけ」考えるわけにもいかないし、

輝きたいだけなら、他の方法で日々を充実させたらいいだけかと。

 

人に言われたことだけやっていたい人。

 

会社員のほうがはるかに向いてます。上司があれこれ言ってくれるのだから。

起業しちゃったら、誰も指示を出してくれないので、自分で決めないと何もできません。

物事考えるのが面倒な人は、とりあえず会社辞めないほうがいいんじゃないかと思います。

 

文句が多い人。

 

文句言う暇があったら、「どうやったら変えられるか」と考えるのが起業家の仕事で、

その文句のありかって、けっこうビジネスチャンスになったりするはずなんだけど。

文句が言いたいだけなら、ずっとお客さんのままのほうがラクだと思います。

 

行動力がない人。

 

どこかで何かアクションしない限り、仕事は生めないし、知ってもらうこともできません。

「でも」「だって」が口癖で、あれもこれもやりたくない…という人は、やめといたほうがいいです。

めんどくさがりでも構わないけど、好きなことに結びつくことぐらいやりましょうぞ。

 

12113355_913244278762811_6910980874821719635_o

 

こういう根本的な部分って、会社員であっても必要だろうと思うのですが、

起業すると、上司も部下も守ってくれる会社もないわけで、なおさら隠せなくなります。

 

正直、好きなことなんて趣味にとどめておいたほうが楽しめることも多いです。

会社員としての人生に危機感があるのであれば、会社員としての立場を保ちつつ、

資金を貯めるなり、副業としてこっそりちびちび始めるなり、スキルアップなりすれば、

万一「合わない」と思っても、すぐに戻る場所があるわけです。当たり前のリスク管理。

(事業を大きくしたいのなら、どこかで覚悟を決めないといけないけどね)

 

私自身は、起業したい人が多いほうが儲かる仕事なんですけど(笑)、

起業って、自分の力を活かしてお客様に価値を届けることなので、

単なる逃避の道具としては、あんまりオススメできるもんじゃないと思いますね~。

 

 

***********

私、向いてますか?みたいな話はこちらがオススメかな。8月の日程決まりました。

月1回のみ開催。次回の日本刀コンサルは8月24日(水)です。

 

やっぱり起業したい!と思ったら、まずはこちらをどうぞ。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

実際に自分オリジナルのビジネスを構築していく作業をサポートします。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。