Blog Detail

女性起業家として自分らしく成功したい人が、捨てておきたい17のこと

15 6月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

あの資格も取らなくちゃ…。あれも勉強してメニューを増やさなくちゃ…。

私、あれもこれもまだできてない…周りはみんな売れていそうなのに私は全然…。

起業しようと活動を始めて、他の女性起業家さんや同業の人たちとの接点が増えてくると、

自分には足りないものがたくさんあるような気がしてしまって、穴を埋めることばかり考えがちです。

 

増やすよりも、まず捨てたほうがいいもののほうが多いです、実際は。

 

あくまで、私がフリーランスになり、カラーセラピーを始め、魅力翻訳家になる過程で感じたことですが、

以下、女性起業家として自分らしく成功したいのなら、さっさと捨てておきたいものリスト。

 

☆★☆★☆★☆★☆

 

1. 「そこまでやるつもりはないし…」という言い訳。苦労したくないとき、自信がないときに出てくる言葉。

2. 「がんばらなくていい」の濫用。やらない言い訳に使わないように、気をつけてくださいね。

3. 何でもかんでも「直感」でかたづけること。考えることが必要な場面、けっこうあります。要は使い分け。

4. ネガティブを悪者扱いする、上っ面だけの「ポジティブ」。ネガティブな自分を嫌っている証拠。

5. 安易なコラボ。相手のお客さん狙ってる場合じゃない。お金のトラブルなども目にしてきました。

6. 「有名人に近づいて売ってもらおう」大作戦。最初はアリでも、自分の足で立つ準備をしないといつかコケる。

7. 愚痴り合うばかり、傷をなめ合うばかり。前向きで建設的な会話が成り立たない人間関係。自分もそうなっていく。

8. 行っただけで満足して、身にならないセミナーにかけるお金と時間。行くなら何か身につける、または行かない。

9. 私に注目して!私だけを見て!っていう隠れお姫様願望。子供じゃあるまいし、自分を先に癒しましょう。

10. 私が癒してあげなくちゃ!助けなくちゃ!という余計なお世話。自分の手柄のために、相手の人生に乗り込まないで。

11. 売れなかったらカッコ悪いからやめとこう…というプライド。売れたくないならそれでもいいのですが。

12. 自分のサービスを叩き売りしてしまうプライドのなさ。提供しているものに対してはプライド持ってください。

13. あの人私より売れてるのかしら…などと比較・詮索する労力。お客様のためにエネルギー使いましょう。

14. あの人はすごいよね、私なんかどーせできないし…という卑屈さ。そう思ってるからできないんだよ。

15. 全部自分でやらなくちゃ!という余計な気合い。全部なんてできません。倒れる前に人に頼もう。

16. ブログ炎上しちゃったらどうしよう…という勘違い。その前に見つけてもらえるように努力しましょう。

17. これ書くと嫌われるかな…という自意識過剰ぎみな心配。その前に読んでもらえるように努力しましょう。

 

☆★☆★☆★☆★☆

 

はい、捨てると言っても目に見えるものではないです。

でもね、こういうの捨てれば捨てるほど、どんどん覚悟が決まってくるんです。

で、覚悟が決まると、見える世界が勝手に変わってくる。寄ってくる人も、入ってくるお金も変わる。

どんな資格を取るより、どんなセミナーに行くより、自分の気持ちを入れ替えるだけで成果は変わります。

このブログの読者の方は、人の心を扱う仕事をしている方も多いでしょうから、おわかりいただけますよね。

 

いろんなものを抱えていると、本当に大切なものがいつの間にか手の中からこぼれていってしまう。

だから、捨てるんです。数少ない大切なものを、本当に大切にしていけるように。

 

a0002_001636

 

 

***********

記事の内容、全部捨てる覚悟で来てくださいね。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分を活かしたビジネスを構築。

 

月1回、気軽に相談できる場を設けています。私が対応できる内容なら何でもどうぞ。

頭と心がすっきり、1歩前進できる。月1回限定、人数限定「日本刀コンサル」

 

こちらは、オリジナルの仕事を作るための「地図」のような感じです。必携です。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。