Blog Detail

オリジナルのビジネスに向いているのは【コレ】が嫌いな人

09 6月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

私のコンサルにいらっしゃる方からよく聞く言葉の1つが、

 

つるむのが好きじゃない

 

っていうやつです。オリジナルビジネスコースの人はほとんどそうじゃないかな。

 

これ、「オリジナルで生きる」とか「オリジナルビジネスコース」とか、

「オリジナル」って前面に出してるわけだから、当たり前といえば当たり前の話ですね(笑)。

 

誰かと一緒につるんで行動することを好む人は、「オリジナル」なんて求めないはずなんです。

「みんなと一緒」とか「師匠と一緒」とか、合わせることのほうが大事になるはずですから。

 

でもたぶん、つるむのが好きじゃない人たちって、

他人に合わせきれない、自分なりの想いや考えがしっかりあるんですね。

 

いや、もちろん誰でも「自分なりの」想いはある程度あるはずなんだけど、

誰かの受け売りでは伝えきれない、誰かと合わせては「何か違う…」ってなってしまうようなものが。

また、性格的にも、自分の意思がはっきりしていたり、他人に合わせると疲れてしまったりする人は、

ずっと誰かとつるむような状況って、まず耐えられないでしょうから、やっぱり違和感が出る。

 

※当たり前だけど、仲間がいるのと「つるむ」のは別の話ね

 

沖縄 ハイビスカス

 

だからこそ、自分なりの想いを軸にして、それを自分の魅力やスキルで補強して、

自分にしか作れないオリジナルのビジネスを作ることで、自分自身も楽しく働けて、お客様も喜ぶ。

 

せっかくそれだけの想いが自分の中にあるのなら、

仮に、想いがまだ明確になってなくても、違和感という「種」だけでもあるのなら、

それを外に向けてまっすぐ発信できるようにしたらいい。想いに沿った仕事を作ればいい。

誰かに遠慮する必要もないし、まさに「オリジナル」を作ってしまったほうがよほど楽なはずです。

 

オリジナルだからこそ大変なこともあるにはあるけど、

でも、どうせビジネスを始めるなら、長く続いたほうがいいよね。

長く続けるためには、やっぱり根底の想いを無視したらいけないと思うのです。

 

 

***********

つるむのが苦手で、自分の想いをビジネスにしたい方ばかりが、集結しています(笑)。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分を活かしたビジネスを構築。

 

こちらは、オリジナルの仕事を作るための「地図」のような感じです。必携です。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。