Blog Detail

【企業研修日記】お客様の期待に応えるために考えること。

24 5月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

昨日は、ある企業様で研修講師の仕事をしてきました。

 

私の仕事、数としては個人事業主向けのほうが多いのですが、

たまにこんな感じで、スーツを着てお仕事する機会を頂いたりします。

 

13266113_1040978149322756_6688140696405059476_n

※就活でもコスプレでもありません。仕事です。

 

 

研修内容は、文章の書き方について。

ビジネスの場面で必要なのは、論理的で簡潔に書かれた、わかりやすい文章です。

 

まどろっこしくて、誤解されかねないような、わかりにくい文章を書いてしまうと、

読み手が内容を理解するために、たくさん時間や労力を費やさなければならない。

内容を勘違いされてしまって、業務に支障が出てしまっても、まずいですし。

 

過去にも書いていますが、わかりやすい文章って、読み手への思いやりなんですね。

一発で理解できるような明快な文章を書けば、読み手の手間を省くことができる。

そこで、そういう文章をサクッと書くにはどうするか?といったお話をしてまいりました。

 

 

「文章の書き方」自体は、何年もお伝えしているテーマなのですが、

対象者が変われば、当然ながら、求められる内容も必要な情報も変わります。

 

個人事業主の方向けに文章の話をする場合は、「信頼と共感が大事」とか言ったりするんですが、

企業向けの場合、求められるのは主に「効率」とか「論理」です。感情を排して、客観的であること。

(個人事業主も「ビジネス」するわけだから、そういう部分をもっと知ってほしいとも思うのだけど)

 

私の話を聴く人たちは、どんな仕事をしているのか。どんな文章を書いているのか。

なぜ私の話が求められているのか。何に困っているのか。何を必要としているのか。

現状はどうなっているのか。将来的にはどうなりたいのか。それを踏まえて、何を伝えるのか。

 

仕事って結局、お客様(対象者)の求めるものを提供すること。期待に応えること。

自分の好きなことをやるにしても、最後は「相手」です。だから、相手を知ろうとする、相手のことを考える。

そのうえで内容を組み立てていく。自分が言いたいことだけ一方的に言えばいいわけではなくてね。

 

個人的には、うまく伝えられたこともあれば反省点もありますが、

伝えるスキルは「伝えてみてなんぼ」で、伝える機会があってこそ磨かれますね。

わざわざ私に声を掛けていただいて、場をもらえることは、本当にありがたいことです。

(もちろん磨くために場を使うってことじゃなくてね。そんな失礼な話はありえないので)

 

お忙しい中、時間を割いて研修を聴いてくださった社員のみなさまに感謝。

いろいろお伝えしましたが、何か1つでも業務の足しにしていただけたら嬉しいです。

 

 

***********

今日18時に締め切ります。今後の方向性を確認したい方、頭や心の整理がしたい方、ぜひ。

頭と心がすっきり、目の前がひらける「日本刀コンサル」は5月25日(水)です。

 

テーマは「オリジナルを生み出す魅力活用術」。魅力からオリジナルを作る具体的な方法など。

5/29(日)「魅力翻訳家のざっくり塾」詳細とお申込はこちら。