Blog Detail

「できない」なんて嘘かもしれない。苦手なことへの取り組み方

11 5月 16
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

「文章が苦手でブログが書けない」というお客様には、最初にこうお伝えすることが多いです。

 

何も考えずに、ただ書いてください。

 

書いてあれば合格。それ以上は何も求めない。下手でも短くても何でもOK。

対象読者とかアクセスとかSEOとか、もちろんそんなことも一切考えなくてよろしい。

 

で、この一言でブログ書けるようになったりするのです。文章苦手?できるじゃんね。

 

もちろん、ブログを使ってちゃんと集客しようと思ったら、ただ書いているだけではダメで、

お客様の読みたい文章を書くとか、簡潔に読みやすく書くとか、考えることは他にも山盛り。

でもね、文章が苦手な人にとっては、ただ「書く」ことだって、けっこうな重労働のはずです。

いっぺんにあれもこれも考えなきゃ…となったら、それだけで脳みそパンクするわけです。

 

最初からあれもこれも考えないと…と思ってしまって(あるいはコンサルにそう指導されて)、

その結果できなくて、「自分は文章が書けない」って思い込んでしまう人が意外といるようです。

苦手意識を持ってしまうのは本当にもったいない。あなたが悪いんじゃなくてやり方が悪いのに。

 

12990971_1015944921826079_5438160414765255934_n

 

苦手なことやできないことほど、とにかく細切れにして、

小さなことの積み重ねでクリアするのがコツです。

 

冒頭の文章の例なら、まずはとにかく書くことに慣れてもらうことからスタートです。

ある程度できたら、ターゲットが読みたいことを書いてねとか、もっと簡潔に書いてねとか、

階段を1つ1つ上っていくような感じで、1つ1つ順番に適切な課題を追加していきます。

いっぺんに2つとか3つとか負荷をかけない。できるだけ細かく分けて、1つ1つね。

 

細切れにすることでもう1つ良いことは、課題が明確になること。

 

ちょっとできないと、「文章は苦手…」みたいな感じで、まるごと諦めてしまう人が多いのですよ。

でも、原因を考えずにごろっと「無理」って思ってしまうのは、あまりにもったいないのです。

 

例えば、「文章が苦手」という人はたくさんいらっしゃるのですが、つまづきポイントは人それぞれ。

単語が思い浮かばない、長くなってしまう、短い文章しか書けない、書き出せるけどまとまらない、

はたまた、書く時間が作れないとか、PCやスマホが苦手とか、そんな理由もあるかもしれない。

 

文章が苦手ってわけじゃない、その中の作業の一部が、うまくできないってだけ。

1つ1つ細切れに分解して考えることによって、どこでつまづいているのか明確になります。

そこだけちょっとやり方をお伝えすれば、するっと文章が書けたりするものです。

 

もちろんこの話、文章はあくまで一例で、これに限った話ではありません。

私たち、なんとなく「苦手」「できない」と思っていることがけっこうあるんじゃないかな。

英語が苦手、料理が苦手、営業が苦手、時間が守れない、字が汚い…などなど。

 

こういうのも、1つ1つ分解して簡単なことからちょっとずつ取り組んだら、

自分が思っているよりも、ずっとうまくできちゃうかもしれないよね。

なんで苦手だと思ってるんだろう?本当は何が苦手なんだろう?

 

 

***********

こちら本日締切!今週末、宇都宮で「魅力の見つけ方・活かし方」のお話をします。

5/14(土)13時~、宇都宮でざっくり塾開催。11日(水)締切です!

 

◎東京のざっくり塾では実践的な話を。「オリジナルを生み出す魅力活用術」がテーマです。

5/29(日)「魅力翻訳家のざっくり塾」詳細とお申込はこちらから。

 

◎月1日限定の日本刀コンサルは5月25日(水)。頭や心を分解するのが得意ですw

頭と心がすっきり、目の前がひらける「日本刀コンサル」は5月25日(水)です。