Blog Detail

【魅力は魔法の杖じゃない】自分をいつまでも見つめるな、さっさと走れ!

09 5月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

私のところにいらっしゃる方は、たぶん自分で何かしら仕事がしたい方で、

魅力カルテを希望される方も、自分の魅力を仕事に活かしたいと考えて、いらしてるのだと思います。

 

自分を知ることはとても大事です。

自分の魅力を活かしたほうが、弱い部分を埋めようとして必死で頑張るよりも早いし、

苦手なことをわざわざ仕事にするよりも、お客様をたくさん喜ばせることができるはずです。

 

一方、世の中にはいろんな形で自分のことを教えてくれるサービスがあって、

占いやセラピーから、強み発掘とか就活向けのテストみたいなものまで、ほんと多種多様なんですが、

こういうの片っ端から受けて歩いたところで、突然ものすごい才能が明らかになることはまずないです。

自分って、別にそれ以上でも以下でもないですからね。当たり前の話なんですけども。

 

だいたい、ビジネスってのはお客様に価値を提供するわけでしてね。

自分のことばかりずーっと考えていても、誰の利益にもならないわけですよ。

 

前にも似たようなこと書いていますね。

行動できない人は、心理学とか一度捨ててみたらいいよ

 

ビジネスをしたいと言いながら、自分のことだけ考えて、自分のことしか見ていない人が多すぎると思うの。

「私のことをわかってもらえるかも!」「私だってもっと何かできるかも!」みたいな夢を持ち続けてる人も多いし。

それって、早い話が、他人に評価してもらえないと自分を認められない「軸のない人」ってことだよね?

他者評価に振り回される人が自分でビジネスしたら、くたくたになっちゃうと思うよ(今日は詳しく触れないけど)。

 

魅力って魔法の杖じゃないんですよ。知ったところで、何もしなければ何も起きません。

まして、ビジネスをしたいと思っているのなら、自分のことばかり見ていても、お客様は喜ばない。

あちこち渡り歩いて「やっぱり私ってこういうタイプなのね~」とか言ってる時間があるのなら、

お客様のために自分の力をどう使うか、考えて行動に移したほうが、有意義だし、お金にもつながるよ?

 

13041473_1022437201176851_1748343746639895300_o

 

さんざん書きましたけど、最近は、魅力カルテをうまく使ってくださる方が多くて、とても嬉しく思っています。

 

自分の仕事をどう伝えたらいいかわからないときに、キーワードが書いてある。

迷ってしまったときにどう対処したらいいか、自分のためのヒントが見つかる。

プロフィールを書かないといけないときに、流れがある程度既にできあがっている。

 

普段、お客様のほうを見て一生懸命走っている人たちだって、不安や迷いが生じることはある。

そんなときにいつでも戻れる「よりどころ」とよく言っていただきますが、魅力カルテはそういうつもりで作っています。

必要なときに見直して、また走り出せるように。そして、もっと多くのお客様を喜ばせられるように。

 

何かやると決めたなら、お客様のためにとにかく走り出してほしい。魅力はそうしないと活きません。

 

 

***********

◎締切間近!今週末、宇都宮で「魅力の見つけ方・活かし方」のお話をします。迷っている方、急いでね~。

5/14(土)13時~、宇都宮でざっくり塾開催。11日締切です!

 

◎文章にしたのは、何度でも読み返してほしいから。個人でビジネスを始めるなら、ぜひ持っておいてください。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

◎月1日限定の日本刀コンサルは5月25日(水)です。3枠だけ用意しました。頭と心の整理にぜひ。

頭と心がすっきり、目の前がひらける「日本刀コンサル」は5月25日(水)です。

 

◎魅力を知って終わらない、終わりたくない方はこちらへ。ビジネスを土台から作っていきます。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分を活かしたビジネスを構築。