Blog Detail

【集客に必要なこと】想いの純度と熱量が人を引き寄せる。

06 5月 16
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

GWも終盤…というか終わっちゃった人も多いのかな。

私はずっとちびちび仕事していたんですが、サーバーいじったりしたこともあって、

ブログをすっかりお休みさせていただきました(もともと休日は書いてないけど、平日も)。

 

で、休んでる間に餃子食べにいく宇都宮行きの日、5/14が着々と近づいております。

宇都宮での日本刀コンサルと魅力カルテは、会場の都合で本日締切になります。
(ざっくり塾は11日(水)まで受け付けています。日程調整急いでね~。)

 

先日、事務局をしてくださっている金澤美和さんが、想いの詰まった素敵な記事を書いてくださいました。

↓↓↓

1年ちょっと前のこと、1時間の出会いが人生を変えることがあるという話。

うんうん、あのゲリラお茶会の日、金澤さんものすんごい緊張していらした(笑)。

 

今回、彼女がわざわざ宇都宮に呼んでくださり、集客まで担ってくださっているのは、

バンジージャンプ並みの恐怖を乗り越えて私に会ってみた結果、大きな変化を実感していて、

「ちえさんのざっくり塾はすごく良い!」「ちえさんにぜひ会ってみてほしい!」と、

素直に、かつ熱烈に、思ってくださってるからなのだろうな、と思います。

(自分で言うのもだいぶむずむずするわけですが、まあ、記事を読むとそんな感じだし)

 

そして実は、この記事をアップした後、お申込が続けて入ったようです。

(GWだったので入金確認が取れてないんだと思いますが、ざっくり塾は残席わずかだと思います)

 

13138764_483137948558642_5767432260459666781_n

(金澤美和さん作、眠るおこじょ先生。
おこじょって男性の手のひらサイズなのだそう。日本刀引きずりながら歩くってことか…w)

 

想いの純度と熱量が、人を集めるのではないだろうか?

 

自分の中から湧き出てくる素直な想い、本気の想いにこそ、人を動かす力があるんじゃないかな。

あくまで「素直」なものだからこそ、まっすぐに伝わるし(打算や不安にまみれると屈折して届かない)、

情熱とか本気とか、ある程度の熱さが感じられないと、人の心にまで届いてくれることはない。

(松岡修造的な外向きの熱とは限らなくて、一定の量があれば、静かな熱意でもいいのだと思う)

 

今回金澤さんがしてくださっているのは「他人(である私)を紹介する」ということで、

他人のことだからこそ紹介しやすい…という部分も大いにあるのではないかと思いますが、

自分の仕事に対してもたぶん同じで、想いの純度と熱量は集客の重大要素だと思っています。

 

自分が素直にやりたいと思うことをやる。打算でもなく、不安で逃げた結果選んだことでもなく。

あっさり諦めがつくようなことに熱は生じない。少々の障壁を乗り越えてでもやりたいぐらい本気かどうか。

 

自分で「これ絶対良い!」「これやりたい!」って思えることを選んで、やっていきたいものですなー。

 

 

締切間近!5/14(土)宇都宮ざっくり塾やセッションのお申込はこちらから。

※個別セッションは今日まで、ざっくり塾は11日(水)までにお申し込みください。

 

 

※東京のみなさま、日本刀コンサルは5/25(水)、ざっくり塾は5/29(日)です(週明けに告知します)。