Blog Detail

センテンススプリングさんは人間の本性を暴いてる

19 3月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

今年に入ってから、ゲスやらセンテンススプリングやら、

なんかいろいろと面白い言葉が耳に入ってきます。

最近も、いろいろと嘘を積み重ねてキャラ作りしていた方がいらしたようで。

 

でもなんというか、どのニュースを聞いても、

 

人間ってそもそもゲスいもんなんだよなあ

 

っていう結論に至ってしまうのです。

 

結局どれも、人間の「欲」が引き起こした案件だし、

その「欲」で引き起こされた他人事を覗きたいっていうのも「欲」で、

誰かを攻撃することで自分が優越感に浸りたいっていうのも「欲」で。

センテンススプリングさんは、そういう「欲」を暴いて刺激してるんだよね。

なんかこう、人間のすごく本質的で原始的な部分を突いてくる感じ。

 

こういうネタに関心がない人も、「欲」自体は誰でも持っているわけだし、

(私みたいに、乗っかってブログのネタとして消費してる人もいっぱいいるしw)

程度の差はあれど、たぶん1つも嘘ついたことない人っていないし。

なんかそう考えると、まあ人間ってそんなもんなんだろうなあ、と…。

もちろん、悪いことをわざわざ推奨するつもりは全然ないのだけど。

 

10291296_992924024128169_4068850995663486172_n

 

でね、別に案件1つ1つを詳細に考えたいわけではなく。

 

「人間はゲスい」のだとしたら、

どんなにカッコ付けてもやっぱりゲスなわけだし、

正直で誠実なふりしてもやっぱりゲスなわけだし、

正論をいくら並べてもやっぱりゲスなわけだし、

人間である以上どうやってもゲスってことになるので、

なんか、もう何の遠慮も要らないんじゃないか?と思うわけです。

 

だいたい、隠しきれないことを隠そうとするから、おかしくなるんじゃないかな。

(週刊誌だって、「隠してたのが後から暴かれる」からこういう騒ぎになるんだよね)

自分では変なところがあると思っていても、周りは面白がってくれたりしますし、

意外と「ギャップがあって素敵!」とか言われて、覚えてもらえたりするもんです。

私なんて「ちえさん日本刀なのにすごい優しかった!」とかですから(爆)。

 

「自分を出すことが苦手」というご相談をたまに受けますが、

そういう人ほど、隙のない完璧な自分像を見せたがっていることが多いです。

そして、その裏側にあるのは、多くの場合「恐れ」だったりする。

嫌われるのが怖い。批判や非難や炎上が怖い。理解が得られないのが怖い。

 

人間はゲスい生き物なのだから、そんなの諦めたほうがいい(笑)。

 

たしかに私は、誰にでも魅力があると信じていますし、

それを引き出して活かして輝いてほしい、と思っています。

でも一方で、「自分が見せたくないところ」をどう考えるかによって、

(きちんと自覚して、素直に受け止めているかどうかによって)

突き抜けた発信ができるかどうか、愛されるかどうかが変わるような気がしています。

 

私もご多分に漏れず、ゲスいと思うよ。

これまでの人生、本当にたくさんの嘘をついてきたし、

自分の都合で、いろんな人を傷つけてきたなあとも思います。

そしてこの先も、努力はするけれど一生ゲスのままだと思うし、

少なくとも、聖人みたいにはなれない自信がある(笑)。

 

でもだからこそ、いろんな背景を持った人が相談にきてくださっても、

「人生いろいろだよね~」って受け止められるんだと思ってますし、

とりあえず背中を蹴っ飛ばす!という荒技もやれるんだと思ってます(笑)。

 

 

 

***********

◎始まりの4月だから?お問い合わせがなぜか増えているのがこちら。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。

 

4月~値上げします。3月中のお申込がオトクです。

オリジナルビジネスコースで、自分を活かしたビジネスを構築。

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。