Blog Detail

【魅力翻訳家の幸福論】何でも来やがれ、何とかしてやる。

14 3月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

もともと支配欲が強いほうです。

何事も自分の思い通りにコントロールしたくなるし、

思い通りにならないと、けっこうすぐにイラッとしてしまう。

 

まあ、自分の中だけで済めば良いのだけど、

一応、コンサルやらセミナーやらする立場だし、

支配的な立場でクライアントを良いほうに導けるとは思わないので、

他人にそういう態度を取らないように、気は遣っているつもりです。

 

それでも、無意識的にやってしまっている可能性は否定できないし、

実際、「ああ、やっちまった…orz」って何度も反省しているわけだけど…。

 

★★★

性格的に変えきれない部分はあるにしろ、

意識的に「コントロールを手放そう」と決めたことがあった。

いつだったか忘れたけど、たしか数年前の話だったと思う。

 

なぜ私は、こんなにまで自分の人生を思い通りにしたいのだろう?

 

なんかわからないけど、ふとそう思ったことがあった。

いや、誰でも思い通りになったほうが嬉しいだろうと思うんだけど、

そんなに力を入れてまで、思い通りにしないといけないもんか?と。

 

・そもそも、人生は思い通りにならないことの連続。

・それなのに何でもコントロールしようとするのは、ムダな労力では?

・ただ単に、想定外の何かが起きるのが怖いだけなのかもなぁ。

・コントロールを失ったときに対処できる自信がないだけだったりして。

・でも、力を抜いたほうが意外と流れに乗ってうまくいくかもしれないし。

 

あれこれ疑問がわいてきたりもしたけれど、

「人生どうせ悪いことは起きない」と信じる、と決めることにした。

 

思い通りにいかないことは、そっちのほうが良い道だと信じればいい。

実際、今までも、思い通りじゃなかったことはいっぱいあるけれど、

今私はとても幸せに生きているんだから、何の問題もないわけで。

 

つまり、完璧にコントロールしようとしなくて大丈夫ってことじゃんね。

 

★★★

もちろん、だからといって人生を放棄するつもりはなくて、

やりたいことはやりたいし、叶えたいことは叶えたい。

自分の人生のハンドルから、私が手をはなすことはない。

私の人生は私のもので、私が決めるものだということは変わらない。

 

とはいえ。

人生は思い通りにいかない。自分に決められることは本当に少ない。

私たちは、自分の寿命さえ、自分で自由に決めることができない。

どんなに健康に気を遣ったって、明日生きていられるか、保証はない。

 

だからこそ、本当に実現したいことに全力を注ぐしかないのだな、と。

むやみに何でも支配しようとするよりも、ここぞというところに力を集中する。

 

自分の本当の想いには、徹底的にこだわり抜く。

どうにもならないところは、どうにもならなさを笑って楽しむというか、

そのぐらいどっしりしていられたらいいな、と思ったりするわけです。

 

何でも来やがれ、何とかしてやる。

 

…まあ、そんな感じで(笑)。

 

12794372_983089085111663_4560264697785683855_n

 

 

 

**************

3月の日本刀コンサル、お申込受付中。27日(月)、残席2です。お早めに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは3月27日(月)です。

 

自分の魅力を知り、ビジネスに活かすための「ブランディングカルテ」です。

魅力カルテはあなたの「自分軸」。魅力を引き出してオリジナルのビジネスにつなげます。

 

半年あると、何よりも自分自身が変わります。ビジネスとともに自分自身の土台作りも。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築&発信!