Blog Detail

魅力だけじゃない、○○も大事。私たちは機械じゃない。

09 3月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

昨日の「魅力翻訳家のざっくり塾。

「魅力の見つけ方・活かし方」というテーマでお送りいたしました。

 

image

 

昨日お伝えしたことは、

★魅力を活かしたほうがいいのはなぜ?

★自分の魅力の見つけ方

★魅力探しのマトリクス&基準の例

 

それと、

魅力だけじゃビジネスは続かないよね!

という話も。

 

※今回は、経営に関する知識とか、そういう話ではなく。

 

魅力を活かすとか、あと強み発掘なんかもそうかな、

自分の持っているものを活かすのは、やっぱり大事です。

自分の経験で何よりも長いのは、「自分として生きてきた経験」だから。

 

でも、それだけだと、どこかで破綻することが多いように思うのです。

 

心を無視することは、やっぱりできない。

 

たしかに、得意=売れることが多いんだけど、

得意=やりたい、とは限らないのが人間だったりするわけで。

得意なことを機械的に提供していれば、はたしてそれで満足なのか?

 

「こういう人たちの役に立ちたい」「こういう世の中だったらいいのに」

「もっと目立ちたい!」「社長になりたい!」どんなことでも良いから、

自分はどうなりたいのか、どう思っているのか、どうしたいのか…。

そういう「想い」の部分を無視すると、どこかで壊れてしまう気がするんだよね。

 

だから、魅力や強みをそのままサービスに変えるというよりも、

想いを叶えるためにうまいこと使う。あくまで道具の1つみたいな感じで。

 

※先日書いた2つの記事も参考にしてください。特に2本目。

「頑張っているわりに売れない」状態から脱したいあなたへ。

「頑張っているわりに売れない」もう1つの理由。いったいあなたは何が欲しい?

 

そして。

想いにしろ魅力にしろ、自分のことって、

じっと自己分析していてもわからないことというのが、必ずある。

いろんな人と接したり、冒険してみたりして初めて見えることがある。

 

だから、自分をある程度見つめ直したら、行動すること。人に会ってみること。

あと、私はこういう人だ!と決めつけすぎないこと。人間そんなにわかりやすくできてない。

 

私自身、「自分を好きになれる人を増やしたい」という想いで、

かれこれ7年ぐらい前に、カラーセラピーの世界に足を踏み入れましたが、

その想い自体が、自分自身の変化とともに少し変わってきて、

今は、自分を好きになった「その先」のほうに興味が向いています。

7年前には感じていなかったこと。そして、活動しなければわからなかったこと。

 

そして、「私は書く人なんだ!」って思い込んでいた節があったけど、

「言葉なら何でもいい、話してもいい」と気づかせてくれたのは、お客様。

ざっくり塾みたいに、実際に話す場を設けなければ、気づかなかったことです。

 

自分のことを100%把握できる日は、きっと一生来ないだろうと私は思っています。

だからこそ、定期的に自分を見つめ、また走り出す、その繰り返しが大事なんだよね。

 

☆★☆★☆

さて、11月から5回にわたったざっくり塾、これで一区切りです。

次回は、5月~9月に開講を予定しています。土日開催です。

 

今回はテーマの変更も考えていますので(変えないかもしれない、まだわからない)、

4月に入ってから、詳細を告知したいと思います。ブログチェックしててねー。