Blog Detail

「頑張っているわりに売れない」もう1つの理由。いったいあなたは何が欲しい?

01 3月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

昨日はこんな記事を書きましたが、

↓↓↓

「頑張っているわりに売れない」状態から脱したいあなたへ。

 

今日はその続きみたいな感じです。

 

自分の魅力を見誤っていたり、過小評価したりしていると、うまくいかない。

でも、いろいろな起業家さんを見てきましたが、見誤ってるのはそれだけじゃない。

 

自分の本当の気持ちに気づいていない人がとても多いです。

 

こっちのほうが影響大きいかもしれないね。

ちょうどタイムリーに、こんなブログを見つけましたので、参考に貼っておきます。

↓↓↓

人生相談シリーズ「やりたいことが見つからない人」へのアドバイス

永江一石さんのブログ。わりとよく読んでます。

 

★物質的に豊かな生活をしたいのか、そうでないのか

★自分はなにに喜びを感じるか

 

やりたいことが見つからない人の選択基準として、この2つが挙げられています。

私が日頃感じていることと非常に近いので、紹介させてもらいました。

 

写真 2016-03-01 10 15 16

 

とにかく稼ぎたい!というのが最優先なら、稼げる仕事を選んだらいいんですよね。

お金になることを選んでどんどんやっていけば、目的は達成できるはずです。

私自身は、翻訳とかカラーセラピーとかやってきていますが、

どちらも「稼ぎたい!」という人には、全然適していないと思います(笑)。

場合によっては、会社にいたほうがお金になる人もいるかもしれないね。

 

とにかくがっつり稼ぎたい!っていう気持ちを隠しながら、

「人を癒したい」みたいな理由をつけて5000円のセッションとかやってると、

気持ちと行動がずれてるので、頑張ってもうまくいかない、なんか違う…という感じになります。

 

あともう1つ、上で紹介した永江さんのブログで言うと、

人にちやほやされると嬉しいっていう層が、実はかなり多いです。

もちろん、認められたい気持ちは誰でも持ってるわけなんですけど、

「私を見て!」「もっと注目されたい」「かまってほしい」みたいな気持ちが強い人ね。

 

目立ちたいなら、起業じゃなくても、注目浴びることをやってみたらいい。

ステージに立てるような趣味とか、世の中で誰もやってないような奇抜な活動とか。

起業そのものでは、別に目立てないと思います。よほど売れれば目立つだろうけど…。

 

★★★

私のところに来る人は、「やりたいことが見つからない」というよりも、

「こんな感じのことがやりたい」と、ある程度絞っていらっしゃることがほとんどですが、

その「やりたい」気持ちは本物か??という疑問がわくことがあるんですよね。

 

「とにかく稼ぎたい」という気持ちも、「注目されたい」という気持ちも、何も間違ってないんです。

それを勝手に「良くないものだ」と判断して、隠そうとするから、気持ちと行動が不一致になる。

自分の本音に素直にならないと、どんなに頑張っても違和感しか残りません。

 

ちなみに私は、学生時代から、時給2000円の拘束のきついバイトよりも、

時給800円で自由度の高いバイトを選んでいた、「自由重視」人間です(笑)。

 

 

***********

◎4月スタートのご予約受付中です。近日中に数万円の値上げを行います。

オリジナルビジネスコースで、自分を活かしたビジネスを構築。

 

◎自分を振り返ることは、想いの種に気づくことでもありますね。3月8日(火)、残席2。

魅力翻訳家のざっくり塾。3月のテーマは「魅力の見つけ方・活かし方」です。

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。