Blog Detail

事実と妄想を区別する。その自己評価、本当ですか?

09 2月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「文章を書くのが下手なのでブログができない」とおっしゃる方に、

なんとかブログを始めていただいて、実際に記事を書いていただくと、

「全然下手じゃないじゃん!」ということが、たびたびあります。

 

絵が好きだという方に、ブログに載せてみたら?とお伝えしたら、

「下手なので…」とおっしゃるので、見せていただくと、

「すごい上手なんだけど!」ということが、たびたびあります。

 

で、よくよく聞いてみると、以下の複数に当てはまることが多いです。

 

・学生時代の成績が悪かったので、ずっとそう思っている

・他人から「下手」だと言われたことはない(あっても少ない)

・むしろ「上手」だと言われたことがあるのに、信用してない

・何はともあれ、とりあえず自己評価としては、下手だと思っている

 

これ、それぞれツッコミどころがあるんですが、

 

事実と妄想は別!

 

とお伝えすることにしています。

 

IMG_5577

 

・学生時代の成績が悪かったので、ずっとそう思っている

→学生時代の成績が悪かったのは、事実。

→当時から一切うまくなっていないのか?「今も下手」は妄想では?

→そもそも、学校での評価がすべてだというのも妄想では?

 

・他人から「下手」だと言われたことはない(あっても少ない)

→ごく一部に「下手」だと言われたのは(言われたことがあるなら)事実。

→みんながそう言ったわけじゃないのに、まるっと「下手」と思い込むのは妄想では?

→そもそも誰も下手だと言っていないのに、勝手に思い込むのは妄想では?

 

・むしろ「上手」だと言われたことがあるのに、お世辞じゃないかと疑っている

→「上手」だと言われたことがあるのは、事実。

→お世辞じゃないかもしれないのに、お世辞だと思い込むのは妄想では?

 

↓↓↓で、事実と妄想がごちゃごちゃになった結果、

 

・何はともあれ、とりあえず自己評価としては、下手だと思っている

 

…っていうことなんですよね。

 

どこまでが事実で、どこまでが妄想なのか?

ちゃんと線引きをするだけで、自己評価が変わるのではないでしょうか。

 

そもそも、「下手だから公開してはいけない」というのも妄想で、

人に見られているという意識が、上達させてくれることも、たくさんあります。

 

誰が見つけてくれるかわからない。

誰が気に入ってくれるかわからない。

本当にわからないのだから、何でもとりあえずやってみたらいいよね。

 

 

***********

魅力表現度診断魅力発信コンサルティングは、2016年2月29日で受付終了します。

2月は予約がいっぱいですので、3月の日程でお申込をお願いいたします。

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。