Blog Detail

「わかってもらえない」と思うなら。話を受け容れてもらいやすい手法

28 1月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

特にセラピスト系のお仕事の方から伺うお悩みなのですが、

「お客様にわかってもらえない」「怪しいと思われてしまう」という話をよく聞きます。

 

私が相談を受けた限りでは、

 

自分の言いたいこととお客様の聞きたいことが違う

 

というのが、根本的な問題のような気がしています。

プロは知識を持っちゃってるから、どうしても一般の視点を忘れがち。

良くも悪くも、いろんなこだわりを持っていたりしますし。

 

で、ちょうど良い具合にまとまったツイートを発見したので、

以下にそのままぺたりと貼り付けておきます。

 

「オタクが非オタクに説明するときに聞いてもらうための方法」なんですが、

「その分野に詳しい人がそうでない人に伝えるための方法」として、

意外とヒントになるんじゃないかな?と思うわけです。

 

『自分の「言いたいこと」よりも聞き手の「聞きたいこと」を優先させる』

 

…って書いてありますね。忘れがちですが。

 

ただ、女性起業家さんたちを見ていると、

そもそも自分の言いたいことがぼんやりしすぎていて、

それじゃ相手に伝わりようがないだろ…っていうケースも多いです。

丸を1つ描いただけで「これリンゴなのよ!」って言い張られても、

見せられた側もけっこう困ると思います、大人のビジネスの世界では。

 

以下、ご参考まで↓↓↓

 

***********

「魅力翻訳家のざっくり塾。」2月9日(火)残席2です。

2月のテーマは「自分を伝える・発信する」です。「わかってもらえない」方、ぜひ。

 

魅力表現度診断魅力発信コンサルティングは、2016年2月29日で受付終了します。

ここにきて急にお申込が相次いでいます。どうぞお早めにお申し込みください。

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。