Blog Detail

考えすぎて動けない?動かないから考えすぎるのかも

15 1月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

なんか似たようなご相談受けるので、今日はその話を。

 

中身はいろいろですが、「つい悪いほうに思ってしまうんです」とか、

「つい考えすぎてしまうんです」というご相談が多いのです。

で、その結果「自信がない」「できない」につながってしまう。

 

IMG_0878

 

そういう相談をされる方の共通点といえば、

考えてもどうにもならないことや、絶対的な答えのないことに、

自分の妄想や思い込みを混ぜ込んで、答えを探しているような気がします。

 

・お金を頂けるほどの仕事ができるとは思えなくて。

→本当に?

・あの人に比べて私のほうが技術がない。

→本当に?

・こんなことしたらエラそうだと思われるかも。

→本当に?

・私が何か悪いことしたから、お客様が離れてしまって。

→本当に?

・この価格設定じゃ売れないと思うんですけど。

→本当に?

 

「本当に?」って自分に問いかけてみるのが、

自分の思い込みに気づく1つの方法です。

 

自分が正しいと思っていること、当たり前だと思っていることが、

そもそも、必ずしもそうじゃないのかもしれない。

前提が間違っていたら、その先に積み上げるもの全部間違います。

 

で、上に挙げた例を見てみると、

どれも、絶対的な答えはないと思うんですよね。

売れるか売れないかなんて、出してみないとわからないし、

他人にどう思われるかも、「他人」が誰かによっても全然違います。

そこに正解を求めているとしたら、既に時間のムダじゃないかな。

 

答えが欲しいのなら、簡単なことです。

 

答えってね、自分で決めていいんですよ。

 

世の中、正解なんて存在しないことがほとんどです。

絶対に完璧にうまくいく答えなんかも、まず存在しません。

どうせわからないのだから、自分の好きな答えを選んだらいいと思うの。

 

「きっと売れるに違いない!」という答えを一度出して、とりあえず売ってみる。

「エラそうなんて思われない!」という答えを出して、とりあえず動いてみる。

自分の都合の良い答えを出して、実際にどうなるか見てみたらいいよ。

 

考えすぎてしまう人は、実際の景色を見ないまま、

頭の中だけで妄想をふくらませていることが多いです。

 

動かないからこそ、現実が見えてこなくて、

不安になって考えすぎてしまう…とも言えそうです。

 

想像力が豊かなのは、とても素敵なことだけど、

どこかで期限を決めて行動に移さないと、妄想界の住人になっちゃうので(笑)、

「とりあえず」自分で答えを決めて、「とりあえず」行動するしかないんだよね。

 

それを難しい…と感じる方々が、オリジナルビジネスコースを選んでくださっているようです。

 

※コースは春ごろに若干値上げ予定です。ご検討中の方はお早めにどうぞ。

※いきなりコースはハードルが高い…という方には、魅力カルテをオススメしています。
カルテを気に入ってくださって、コースに進む決断をされる方が多いです。

 

***********

◎文章系メニューは、2016年2月29日で受付終了いたします。

魅力表現度診断魅力発信コンサルティングをご希望の方、お早めにお申込ください。

 

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。