Blog Detail

「見せ方」を考えても「見えてしまう」のがSNSです。

05 1月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

【お知らせ】

昨日の記事でご案内しましたが、

無料メール講座登録者限定サービス「魅力発掘おみくじ」

1/5(今日)20時過ぎに発行のメルマガでご案内します。ご登録は今のうちに。

(再送・バックナンバーはありません。本日のメルマガを受け取った方限定サービスです)

 

 

★☆★☆★

こちら、先日Facebookで紹介したのですが、

バランスが取れていて、すごく良いなあと思いました。

自分と相手を両方とも大事にしてる感じ、って言えばいいのかなあ。

↓↓↓

わたしのFB、ツイッターなどSNSとの向き合い方

 

17項目どれも共感したのですが、

個人的には、1番目が何よりも大事だなと思っています。

 

1)正直に語る

嘘をつかない。率直にその時に思っていることを書く。
それはあとから見て、自分の参考にもなるし、
嘘をついていると絶対に矛盾が出てくる。

人はそういうのを見逃さないので、信頼を失う。

 

これがないと始まらないと思うんだけど、意外に難しい。

 

IMG_0232

 

最近、「見せ方」という言葉がよく使われているように思います。

自分の見せ方がわからない。SNSで自分をどう見せたら良いですか、と。

「見せ方」という言葉、意図は理解できるんだけど、1歩間違うと危険です。

 

見せられるものは、あくまで自分が持っているものだけです。

売れている誰かを表面的に真似して、人気者を繕うのとは違います。

おとなしい人がごちゃごちゃと着飾って、華やかなふりをするのとも違います。

そういうことをすると、どこかで無理が来て、矛盾が出て信頼を失うというわけ。

 

だから、余計なことを考えるよりも、正直に1つ1つの言葉を綴る。

もしそれで「俺様感」みたいなものとか、相手に不快感を与えてしまうのなら、

それは自分という人間がそうだからです。嫌なら、見せ方よりも自分本体を見直す。

 

SNSって、対面じゃないから…と思いがちだけど、

相当いろんなことが透けて見えてしまう、怖いツールだと思いますよ(笑)。

「見せ方」をいくら考えても、本当の素のところが「見えてしまう」のがSNS。

 

ああ、強いて言うなら、

「見せ方」っていうよりも、「見られ方」のほうが近いかも。

「見せる」っていう言葉は、どこかこちらが積極的な響きがするけど、

「見られる」っていうと、相手にお任せで、こちらはなすすべがない感じね(笑)。

 

 

**********

◎1月のテーマは「人間関係」です。SNSも人間関係だってこと、忘れてないですか?

「魅力翻訳家のざっくり塾。」1月12日(火)申込受付中!残席2。

 

◎文章系メニューは、2016年2月29日で受付終了いたします。

魅力表現度診断魅力発信コンサルティングをご希望の方、お早めにお申込ください。

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。