Blog Detail

魅力的な人になるためのたった1つの方法。

15 12月 15
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

魅力的な人であることが、売れる条件の1つ。

 

昨日の記事で、「買いたくなる3つのポイント」を挙げましたが、

その中で、こんな小項目を盛り込んでおきました。

 

「会いたい!」と思ってもらえる魅力的な自分であること

 

「人」はとても大事。「自分の魅力を知って伝えること」はとても大事。

だからこそ、魅力カルテなんていうサービスをしてるわけなんですが。

もちろん、会ったときに魅力的に見えることも大事です。

 

そうなると、当然浮かんでくる疑問がコレですよね。

魅力的な自分であるためには?魅力的な自分になるためには?

 

12347670_940349912718914_735608938638485700_n

 

これ、究極の答えは1つしかないような気がしています。

 

素直でいること。

 

これだけじゃないかと。

 

魅力翻訳家としてたくさんの人の魅力を引き出してきて、

「魅力のない人はいない!」というのは、もはや前提条件です。

ただ、その魅力をちゃんと外に出せている人とそうでない人がいる。

 

出せていない人は、往々にして素直じゃないです(笑)。

 

まず、褒め言葉を受け取るのが下手ですね。

「他人の言葉を受け入れない」ってことだから、この時点で素直じゃない。

「そんなことないですよ」って、相手の思ったことをわざわざ否定するより、

素直に「ありがとうございます♪」って受け取る人のほうが素直だよね。

 

思い込みも強いから、かたくなになりがちです。

相手が褒めてくれても、「そんなことない!」「私なんてダメなの!」って、

うーん、そんなに自分の視点に自信があるのもすごい気もするけど(笑)。

でも、自分のことって、外から見たほうが客観的によくわかったりするもんです。

 

それと、素直じゃない人ほど、人と比べるのが好き。

自分の見たままを、ただまっすぐ絶対評価で受け取ればいいのに。

人気のありそうな人と自分を比較して、私はダメ…と決めつけたり、

変に目立とうとしてしまったり、他人の真似ばかりしてしまったり、

自分の魅力を封印する方向に行動してしまうわけです。空回りします。

 

素直じゃないってことは、目の前の景色を自ら歪ませてしまうってこと。

 

人の意見を全部鵜呑みにしろとか、そういうことではなくて。

目の前に差し出されたものを、ありのままに見て、素直に受け取る。

良いこと言われたら、言葉のとおりまっすぐ受け取って「嬉しい♪」って思えばいい。

 

素直になると、余計な力が要りません。

かたくなに「そんなことない!」とか拒否する労力とか、

無理に他人の真似をする労力とか、そういうのがかかりません。

逆に言うと、素直じゃない人は、そういうところに余計な力を使って、

わざわざ自分から疲れに行ってる…と言えるかもしれない(笑)。

 

変に力んでいる人よりも、力の抜けた人のほうが、自然で魅力的に見えるよね。

 

 

**********

 

◎あなたの魅力は、あなたが当たり前だと思っているところに眠っている。

魅力カルテは、あなたの魅力を文章化。ビジネスに活かすヒントまでお伝えします。

 

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。