Blog Detail

セラピーやヒーリングを一般の人にも広めるための伝え方

08 12月 15
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

手法をアピールするのではなく、結果をアピールすること。

 

これに尽きるんじゃないかなあと思うのです。

 

あなたのセラピーを受けると、いったい私はどうなれるのですか?っていうこと。

 

「わかってもらえない」「怪しいと思われる」というご相談、今も多いです。

私もカラーセラピストやってましたが、業界内の人が思っている以上に、

セラピーやヒーリングって普及してないんじゃないかなあ。

内輪で盛り上がっている人も、まだ多いような気がしています。

 

そんな状態で、

 

●●セラピーをやっています

xxリーディングしています

 

などということをアピールしても、業界内の人はともかくとして、

それ以外の人にはどの程度のアピールになるのか?

 

資格や技術の名前をアピールされても、

今そのセラピーを知らない人には、何のことだかわかりませんし、

「怪しい」と思っている人がいるとしたら、かえってマイナスに働きます。

 

そして、お金を払うお客様からしたら、技術があることなんて当たり前ですし、

お金を払ってまで受けるからには、結果が出て当たり前のはずなんですが、

 

それを受けるとどうなるのか?

 

を具体的に説明できない施術者が多いような気がします。

 

coffee

 

「効果は人それぞれなので…」というのもわかりますが、

お客様がわかるように伝えるのも、仕事のうちですよ。

 

何だかわからないものは買えません。要らないものは誰も買いません。

「欲しい!」と思ってもらえるようにすることも、起業してしまったら業務の一環です。

 

カラダを扱うお仕事なら、例えば、

肩こりが治るのか、更年期障害に効くのか、スポーツのパフォーマンスが上がるのか。

ココロを扱うお仕事なら、例えば、

会社で慕われる上司になるのか、恋愛がうまくいくのか、お金のブロックが取れるのか。

 

こんな感じで具体的に効果をイメージできるような書き方がされていたら、

少なくとも特定の層のお客様は、ちょっと欲をかきたてられるはずです(笑)。

手法が何であれ、「試してみてもいいのかな」って思ってもらえるかもしれません。

 

 

**********

年内のセッション・コンサルは満席です。2016年1月以降のご予約受付中!

 

◎「伝わらない」とお悩みの方、切り口から文章術までカバーします!

魅力発信コンサルティングには、単発コンサルと3回連続コースがあります。

 

◎そして、セラピストって最後は「人」なんだよね。

魅力カルテは、あなたの魅力を文章化。ビジネスに活かすヒントまでお伝えします。

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。