Blog Detail

【商標登録されてます】オリジナルを生み出せる人の3条件とは。

03 12月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

エッグシェルモザイク®を手に入れました。

 

篠原ういこさんが参加されているグループ展にお邪魔しました。

 

ういこさんとは、かれこれ1年半ぐらいのお付き合いでしょうか。

作品を見せていただいて、魅力カルテもおつくりしました

 

今回のグループ展は、ステンドグラスの作品展で、

ういこさんも、ステンドグラスを20年以上やっていらっしゃるのですが、

今回彼女が出展したのは、オリジナルの「エッグシェルモザイク®」。

 

 

「エッグシェル」モザイクという名の通り…これ、卵の殻を使っています。

言われないと卵の殻だとわからないぐらい、美しい色味と仕上がり。

ういこさんがご自身で編み出したオリジナルの手法で作られています。

 

生ごみの三角コーナーに捨てた卵の殻に、しょうゆの色がしみこんだ様子を、

「美しい」と感じたことから始まったのだとか!ヒントはどこにでもあるね~。

 

裏はこんな感じ。ピンになってます。

 

オリジナルを生み出せる人とは。

 

ういこさんを見ていると、オリジナルを生み出せる人というのは、

こういう人なのかな、と思います。

 

 

・どこかに「どうしても」という想いがあること。

 

小さいお子さんがいらして、ステンドグラスを扱うのが難しくなってしまい、

「それでも何か作りたい!」と身近なものに希望を見出した。それが始まり。

ある意味、とても困った状態に置かれていたことが原動力になった。

 

「どうしても」「なんとか」…こういう気持ちがないと、

大変な想いをしてまで、オリジナルを生もうと思えません。

ある種の危機感か、よほど本気の想いがないと、オリジナルもどきで終わっちゃう。

 

・何かしら、長く続けてきたものがあること。

 

20年にわたってステンドグラスを作り続けてきたことで、

ご自身の中に、いろんな知識や技法がストックされているのだと思います。

 

ガラスと卵の殻は、素人目にはずいぶん違うように思えますが、

続けてきたことが土台になって、応用を生んでくれるのは、

ものづくりに限ったことではないだろうと思います。

 

長く続けてきたことなんて何もない?いつもお伝えしていますよね?

「自分として生きる」ことなら続けてきてるよね、自分の中を探してって。

まったく関係ない分野の組み合わせこそ、何ができるかわからないですよ。

 

・「人間力」があること。

 

ういこさんのコミュニケーション力を、心から尊敬しています。

絶対に人を傷つけない。でも自分の意見をさらりと述べている。

「人」の魅力だけでも、作品買いたくなっちゃうんですよ。

「あなたの作品なら買う」って、言ってもらえる人なんですよね。

(だからぜひ直接会ってほしい人。ざっくり塾にゲスト出演とかしてもらうか?)

 

さらに、「私はこうする」という意思がはっきりしていて、

変に群れることのない、とても自立した女性です。

オリジナルって、自分がなくて群れていたら絶対作れません。

みんなと同じ…を敢えて外れていくことになるわけですから。

「人」としてしっかりしていることが、何よりの土台なんですよね。

 

 

ういこさんの作品に会いたくなった方へ。

 

現在は、池袋にある自由学園明日館で、見ることができます。

(エッグシェルモザイク®は5日までの展示と聞いたような)

クリックするとDM大きくなります↓

12295330_1628422194079018_8224985732043177964_n

入口で「ステンドグラスの展示を見にきました」と言うと無料で入れますが、

明日館の館内を見て回りたい場合は有料です。素敵な建物なのでオススメ!

 

池袋が難しい方、来週9日から表参道でも展示があるようです。

こちらもクリックすると拡大します↓

12309179_1627457510842153_1801777303_n

※DM画像はういこさんのFBからお借りしましたm(__)m