Blog Detail

ネクラが布団の中で重ねた研究の成果。

30 11月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

【お知らせ】アーティスト・クリエイター向けの

アート作品の魅力カルテ、本日11/30で受付終了します。

 

★☆★☆★

 

基本的にネクラ気味です(笑)。

 

1人が好きすぎて、1日誰ともしゃべらなくても大丈夫だし、

3日ぐらい1歩も家から出なくても、全然平気だったりします。

みんなと騒ぐよりも、ぐるぐる1人で考え事するほうが好き。

落ち込んだときは、1日中布団をかぶって、出たくなるのを待つw

 

でもそのおかげで(?)、自分の心の「研究」みたいなものを、

ずいぶんとたくさん、やってきたような気がします(笑)。

 

怒りがおさまらないとき。悲しくてたまらないとき。

裏切られたと感じたときや、わかってもらえなかったとき。

なんでこんなことになっちゃったんだろう?

どうして私はこんなに気持ちが振れているんだろう?

こういうときは、どう考えたら気持ちが落ち着くんだろう?

 

 

考えて解決することばかりではないのだけど、

個人的に、ちゃんと納得しないと気が済まないところがあって、

布団の中で(笑)あれこれ考えていることがけっこうあります。

何かしらの糸口がわかれば、次似たようなことがあったとしても、

少し早く対処&回復することができるかもしれないしね。

 

もちろん、根拠なく「大丈夫」と信じることも大切なのだけど、

もうこれっぽっちも大丈夫だと思えないときだってある。

他人に適当に「大丈夫だよ~」と言われても響かない。

いい加減にあしらわれている感じがして、かえって不快(笑)。

 

だから、1つ1つ、絡まった紐をほどいていくように、

自分と向き合って、自分なりの答えを出して、立ち直っていく。

私はひたすら、そんなことを繰り返してきました。

 

祖母が昔、絡まったあやとりか何かを前にイライラしていた私を見て、

「根気良くね」と諭すように言ってくれたのを思い出します。

穏やかに話しながら、手を動かして、するっとほどいてくれた。

 

まさに、その「根気良く」なんですよね。

「なんでこんなにダメなんだ私!」と投げちゃうんじゃなくて。

どんなにダメに見えても、根気良く付き合い続けること。

 

こういうことの繰り返しで、私自身何が変わったかというと、

「自分を好きになる」というレベルをはるかに超えて、

「自分への揺るぎない信頼」が育った気がしています。

 

好き嫌いは正直どうでもいいんだ。どっちにしろ私は大丈夫なのだ。

(そう、ここまで来ると根拠なく「大丈夫」って本当に思える!)

引き出しが増えれば増えるほど、安心感も増していく感じ。

 

そして、この積み重ねてきたものが、

お客様にお伝えするときにも、すごく役立っています。

 

「不安です」とおっしゃるお客様に、何をどう伝えたら、

その不安に寄り添いつつも、不安を解消することができるのか。

つい自己否定をしてしまう方や、落ち込んでしまった方に、

何をどう伝えたら、無理なくそこから抜け出すことができるのか。

 

私の経験は、当然ながら絶対的なものではありません。

でも、絡まってしまった心の糸をほどくためのヒントとして、

自分を心から信頼できるようになるための第1歩として、

私の経験が気づきにつながった瞬間は、本当に嬉しいものです。

 

 

***********

◎私の「研究」の具体的成果はこちらで。何に気づいていただけるか楽しみ!

「魅力翻訳家のざっくり塾。」次回は12月8日(火)。残席3です!

 

◎半年間続けたら、きっと自分で絡まった糸をほどけるようになっているはず。

オリジナルビジネスコースで、ビジネスを作りながら揺るがない自分を手に入れる!

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。