Blog Detail

「自分を好きになる」って、さっさと卒業していくもの

26 11月 15
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

 

昨日、訳あって「自分を好きになる」っていうテーマの本を探していたのですが、

Amazonで検索したら、さらっと2,000件近く出てきてびっくりしました。

 

来月こんなのも出るらしいです。(タイミング遅くないか??)

スクリーンショット 2015-11-25 22.35.46

『幸せになる第一歩は、ありのままの自分を愛すること。』

って帯に書いてありますが、うん、その通りだと思います。

私も自分を好きになることからすべてが始まった気がする。

仕事も恋愛も、自分を好きになれてきたところで、自動的に動き出した。

 

でも、「第一歩」なんですよ。

それがすべてじゃなくて、最初の一歩でしかないの。

 

「自分を好きになる」っていうテーマがこれだけ広がっているということは、

自分を好きになれなくて悩んでる人がたくさんいるってことだろうし、

それだけみんなが大事だと思っているんだと思うのですが。

そして、実際に大事であることは、私も1ミリも否定しないのですが。

 

「自分を好きになる」はさっさと卒業しよう!ってあえて言いたい(笑)。

そればかり言ってないで、早く2歩目を踏み出しなさい、と。

 

実体験があります。

自分を好きになりたくて、セミナーに通ったり心理学を習ったりして、

数年ぶりに、その仲間とごはんを食べに行ったときの話。

 

その中の1人は、ずーーーーっとセミナーを再受講していました。

さぞかし、自分を好きになれているのかと思ったら、全然違った。

それどころか、彼女は受講前からほとんど変化していなかったんですね。

「それ、セミナーで習ったでしょ…」っていうことさえできていなかった。

 

これは何事もそうなんだけど、特に自分を好きになることなんて、

カラダで覚えるというか、ちゃんと体験・体感に落としていかないと意味ないよ。

 

セミナーで知識だけ入れて、宿題になったワークを上っ面でこなして、

あとは、一緒に学ぶ仲間に褒められてすっかり満足していた彼女は、

毎日の生活で学んだことを実践するっていうことを、知らなかったんですね。

一生セミナーに通って暮らすつもりなんでしょうか…。

 

最初の一歩は、セミナーでもどこでも教えてもらったらいい。

でも、その先の道のりのために、「自分を好きになる」があるわけだから、

次の一歩を踏み出しながら実践していかないと、未来は変わらない。

 

数ヵ月前に、「自分を好きになるということ」というテーマでお話した

魅力翻訳家のざっくり塾では、こんな質問がありました。

 

 

Q. 自分を好きになれたという基準は?

A. 「自分が好きかどうか」とか、もはや考えなくなったとき。

 

 

だいたい、基準なんて自分が良ければいいと思うんだけど、

ずっと「自分を好きにならなきゃ」って言ってる人は、

たぶんまだまだ自分を好きになっていないってことだと思います。

というか、たぶん頭でしかわかっていない。実践できてない気がする。

 

ずっと「最初の一歩」のままでとどまっていても仕方がない。

「自分を好きになる」ことばかり頑張ってきたあなた、そろそろ卒業しませんか?

 

 

現在提供中のメニューはこちらからご覧ください。