Blog Detail

ターゲットの考え方。「同じ○○を目指す人」を集めてみる。

19 11月 15
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

【まずはお知らせ】今度の土曜日は銀座でゲリラお茶会です!

 

 

☆★☆★☆

先日のセミナーの作り方講座で、「ターゲット」の話が出ましたので、

今日はそのあたりの話を書こうと思います。

 

セミナーに限らず、ビジネスの話でよく出てくる「ターゲット」。

早い話が、「あなたの商品は誰のためにあるの?」ってこと。

 

性別や年齢、職業などによって、欲しい商品は違います。

相手が明確に決まっていれば、その人たちが欲しい商品を生み出せる。

結果的に、相手もこちらもハッピーになれる!というわけですね。

 

で、一般的には、年齢や性別、職業、家族構成などを切り口に、

ターゲットを絞ってください、と言われることが多いと思います。

でも、これがしっくりこない…という人がまた本当に多いのですよね。

 

年齢?30代とか40代とか…いろんな人が来るし…

仕事だって、主婦でも子供がいても別にかまわないし…みたいな。

 

私の場合、そういう方には、

 

あなたはどんな未来を目指していますか?

 

という質問をすることが多いです。

 

私自身の例を出すと、一応「女性起業家」向けということで、

性別と職業でも絞り込んでいるわけなんですが、

でもそれより何より、コンセプトの「オリジナルで生きる」が大事。

 

私自身が、「オリジナルで生きよう」と、そういう未来を目指して活動していて、

その結果、「オリジナル」という言葉に反応した方々が集まってきている。

 

というわけで、

 

私はこんな未来を目指しています

あなたも一緒に目指しませんか?

同じ未来に向かって歩みたい人に来てもらう

 

こんな流れ。結果的に「オリジナルで生きたい人」が集まってくる。

 

IMG_9640

 

で、こういう形で来てほしい人を絞るのであれば、

当然ながら、自分の方向性がある程度決まっていないとダメだし、

自分自身をどんどん見せて、売っていかないと、厳しいです。

 

サービスや商品を売るというよりも、あなた自身の生き方を売るということ。

 

「人」の力で売れるものが、まだまだ増えていくだろうと思っています。

自分を知り、自分を伝えることから、どんどん逃げられなくなると思う。

今から少しずつでも、やっていきたいものですね。

 

 

***********

◎自分の何を売り、何を伝えたら良いのか?すべてはここに書かれています。

魅力カルテは、あなたの魅力を言葉にして、ビジネスに活かせる形でお伝えします。

 

◎次のテーマは「自分を好きになるということ」。すべての土台の話です。

「魅力翻訳家のざっくり塾。」次回は12月8日(火)です!

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。