Blog Detail

オリジナルの起業って「徹底的にやる」ことだと感じる件。

29 10月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

先日の個展の直前にこんな記事を書きました。

自分で決めたコンセプトを貫いて生きる。ただそれだけのこと。

 

「オリジナルで生きる」と言っている以上、

まずは自分がそのコンセプトを貫いていたいな、と。

そのためのコンセプトですから。ある種の宣言ですからね。

 

「貫くこと」がオリジナルを作るのではないか、と最近強く思うのです。

 

自分で決めたコンセプトを、徹底的に貫く。徹底的にやる。

周りから見たら「突き抜けてる」って思えるほどに、徹底的に。

この「徹底的に」というのが、意外と難しかったりするものだけど、

難しいからこそ、なかなかできる人がいないのです。

本当に徹底的にできたら、それだけで他とは違う立ち位置が確立できる。
スクリーンショット 2015-10-29 09.50.11

 

例えば、エステサロンをやろうと思ったとき。

「和の癒しを提供したい!」と思ったら、徹底的にこだわってみる。

施術の中身も、使う化粧品も、リネン類も、内装も、全部「和」で探す。

DMとか封筒とか名刺とかも、全部和紙とかにしたらいいよね。

さすがに着物で施術するわけにはいかないだろうけど(笑)、

常に「和」を思わせるアイテムを身につけることぐらいならできそう。

 

例えば、コンサルをやろうと思ったとき。

「億万長者を増やすコンサルをする!」と決めたとしたら、

自分自身も豊かに見えるようにしたいし、行動もふさわしくしたい。

コンサル場所も、コーヒー1杯150円の店よりはホテルのラウンジだろうし、

擦り減った靴とかくたびれた服も、ふさわしくないような気がするな。

私、億万長者じゃないから、よくわかんないけど(笑)。

 

2つとも若干安易な例ではありますが(笑)、何が言いたいかというと、

 

自分の決めたコンセプトを貫けば貫くほど、

そのコンセプトに共感したお客様が来てくださいますし、

独自の世界観が作られて、オリジナリティの高いものに見えるわけです。

 

ついでに言うと、徹底していればしているほど、

あなたの世界観に合わない人は近寄ってこなくなるので、

「理想的なお客様」ばかりが集まってくることにもなりますね。

 

中途半端なのが一番魅力的に見えないと思うのです。

突き抜けるほどに、徹底的にやるのがポイントなのではないかな、と。

 

 

***********

◎まずは自分のオリジナルの種を見つけてください。

魅力カルテは、あなたの魅力を言葉で表現するバイブルです。

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。