Blog Detail

上っ面では済まない。面倒だし大変。それでもオリジナルで生きたい方へ。

23 10月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「オリジナルで生きる」とコンセプトに掲げていますが、

正直、オリジナルって面倒だし大変です(笑)。

 

12088027_912787392141833_2699459213513564918_n

 

自分で何か仕事を始めるにしたって、

誰かのやってることをまねるだけの方が、よっぽど簡単。

誰かのまねなら、既に世に知られているわけですから。

 

一方、オリジナルを作ると、知ってもらうことも大変です。

私自身も、「魅力翻訳家?何それ?」から始まるわけですし(笑)。

 

世に知られていないものや新しいことを始めると、

理解してくれない人も、批判してくる人も、きっといるでしょう。

誰かの作ったものなら、既に誰かが広めてくれているわけだから楽だし、

何を言われようと、「私が作ったわけじゃないし」っていう言い逃れもきく。

 

オリジナルを勘違いしている人も多いです。

本来オリジナルって、「原点」とか「元の状態」のことなんだけど、

みんな、オリジナルを目指しているようで、ただ奇抜で目立つものや、

目立つからこそ売れるもの…を探してるだけにも見えるのです。

 

オリジナルで生きるというのは、自分の鎧をすべて外して生きることじゃないかな。

 

本来の自分の姿で生きることであって、頼るべきものは自分ってことになる。

だから、外に向かって「目立つこと」を考えるのではなく、

「自分」を見つめ直し、しっかり棚卸しすることを先に考えないといけない。

オリジナルを考えているつもりで、自分を見ようとしていない人も多いです。

 

自分からはね、逃げられないんですよ。オリジナルとか自分らしさとか考えたら。

上っ面の話じゃなくて、ものすごく根源的な話です、オリジナルって。

 

儲けたいだけなら、オリジナルなんて言わずに儲かることだけやればいい。

自分を見つめるのが嫌なら、自分と向き合うことが怖いと思うのなら、

そこから逃げ続けることだってできる。資格や誰かの知名度で自分を固めて生きればいい。

そういう形で仕事をしている人、世の中探せばいっぱいいます。

 

それでもやっぱり、自分を活かしたい、自分オリジナルの何かをやりたい、

もっと自分らしく生きていきたいと思うのなら、まずは逃げないことではないでしょうか。

 

自分の気持ちから逃げない。自分のやりたいことから逃げない。自分の好きから逃げない。

みっともない自分や、見栄を張りたくなる自分や、いろんな醜い自分からも逃げない。

 

「そういう生き方、大変よ、頑張ってね」って、いつだったか人生の先輩に言われたことがあります。

「あなたは大変なほうばかり選ぶのね」って言われたこともありました。20代の頃だったかな。

周りの大人がそうやってわざわざ言ってくるぐらい、楽な生き方ではないのだろうなと思うけど、

私は自分自身の気持ちに従えないほうが苦しい。それだけの話です。

 

…さて、あなたはそれでもオリジナルで生きたいですか?

 

 

***********

「はい!」と答えられる方に来てほしいな。半年間、精一杯のサポートを行います。

6ヵ月間のオリジナルビジネスコースで、自分の魅力を活かしたビジネスを構築。

 

自分らしさ、自分のオリジナルを見つけたい人は、まずこちらから。

魅力カルテは、あなたの魅力を言語化して、オリジナルのビジネスにつなげます。