Blog Detail

悩みについて悩んでもムダ。私が淡々とつぶしていく2つの悩みとは。

02 9月 15
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

先月から始めたオリジナルビジネスコース

 

1回目のセッションが始まり、メールでの質問や報告も届き始めています。

 

早くも、驚くほどの偶然や、面白い動きが出始めた方もいらして、

「やろう!」と決めることの威力や、行動することの大切さを実感させられます。

決して安くなく、半年も続いてしまうコースを申し込むということは、

その時点で自動的に、ある種の「決意表明」になるわけですから…。

 

11960184_893288334091739_6724191468066426248_n

 

今お申込くださっている皆様は、ほぼ2パターン。

これから新たに起業しようとしている方々か、

既に起業はしていたけれど、いま一度事業を見直して、

改めて自分オリジナルのビジネスを構築しようという方々です。

 

何か新しいことに着手しようとするとき、

誰にでも生まれるのが、以下の2つのお悩みではないでしょうか。

そのお悩みを淡々と(笑)つぶしていくのも、伴走する私の役目かなと。

 

(1)自分に本当にできるのだろうか、これでいいのだろうか…。

 

不安、ですよね。新しいことって特に。考え始めると止まらない。

止まらないままだと、どんどん腰が重くなって動けなくなっていきます。

そして、動けない自分に嫌気が差したりして、さらに動けない…。

 

この辺のスパイラルをうまく断ち切るためにも、

「不安を吐露されたら、筋の通った根拠を伝えて不安を取り除く」

という、なかなかドライな対応を取ることにしております(笑)。

(ドライだけど、ちゃんと心が納得するような理由付けね)

 

(2)そもそも何をしたらよいのかわからない…。

 

やることさえ決まれば、行動に移せるんだけど、

そもそもどこから手を付けたらいいのかわからなくて動けない。

「誰かに聞けば?」と言われても、聞く相手がわからないとか、

「検索すれば?」と言われても、なんかイマイチ見つけられないとか。

 

…そこで、自分とは違う人のアタマの出番。

「なるほど!」っていうアイデアが転がってきたりするもんです。

 

で、私がコースの際に意識しているのは、

「期限付きで行動を指示する(課題を出す)こと」です。

「いつまでにこれをやっておいてくださいね」と。

期限がないと、ずるずる考えてしまって、結局時間のムダ。

考える時間が多すぎると、不安のスパイラルにも陥りやすいですしね。

 

 

信頼と共感が得られてこそ、できること。

 

コンサル時の話は、できるだけサクサクとするようにしていますが、

(メールで質問できるとはいえ、貴重な90分ですから)

これ、土台として信頼も共感もあるからできることだと思っています。

気持ちの部分で安心しているから、そのサクサク感についてきてもらえる。

 

ちえさんなら、わかってくれる。

ちえさんなら、安心して相談できる。

ちえさんのアドバイスなら、やってみよう。

 

そう思っていただけて初めて、行動や結果に結びつくんですよね。

だからこそ、感情も含めて、話を否定せず受け止めることから。

目の前にいる相手の可能性を、まるごと信頼することから。

 

ほら、結局「人」が問われるんですよ、やっぱり!

…責任重大な終わり方になってしまった…wでも実際そういうコースです。

 

 

********

1人1人のステージに合わせて、徹底的に個別対応。

私なんかが行っても大丈夫かしら…と思っている方、たぶん大丈夫です(笑)。

魅力を活かして輝き続ける!オリジナルビジネスコース

 

※そうは言っても、ちょっと自分にはまだ早いかも…という方には、

「まず魅力カルテを受けてみては?」とご提案しています。

後からコース代を追加しても、同額になるように設定してあります。

 

その他のメニューはこちらからご覧ください。