Blog Detail

1歩前に進むためにも、ぜひ決断と宣言を。

05 8月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

パレスホテルでアフタヌーンティー。

 

昨日は、「魅力翻訳家のざっくり塾。」に

過去にご参加いただいた方限定のお茶会を開催しました。

 

ざっくり塾は、5月からスタートして既に4回開催しましたので、

横のつながりを深めるためと、復習や質問の機会を設けるため。

ま、あまり細かいことは決めてなかったのですけれど(笑)。

 

パレスホテル東京で、ちょっと和の雰囲気のアフタヌーンティーを。

パレスホテル東京 アフタヌーンティー

 

1歩前進するために必要なこと:決断と宣言。

 

今回のお茶会では、自己紹介タイムの時点で、

「私、○○します!」との決意表明が飛び出しまして。

これが最初にあったことで、みんな刺激になったんじゃないかな。

 

決断すること、本当に本当に大事です。

気持ちが迷っているうちは、つい逃げることを考えがちです。

「これやろうかな」ぐらいだと、「でもな~、やっぱりいいかな」とか。

 

「決断」って、「決めて断つ」こと。

他の選択肢をすべて切って、「これをやる」と1つに決めること。

 

だから、決めた瞬間もう「やる」以外の選択肢はないってことね。

「やろうかどうしようか」と考える選択肢はもう与えられていないので、

「さて、どうやってやろうか」と考えるしかないんです。

 

さらに、誰かに対して宣言することも非常に大事。

だって、自分だけで決めると甘えが出やすいから。

「決めた!…ん~でもやっぱりいいや」みたいな感じで(笑)。

 

誰かに対して宣言すると、それができなくなります。

聞いた人が「証人」というか、「監視」役になるから(笑)。

 

「あれ?あのとき決めたこと、どうなってるの?」とか、

万一聞かれても大丈夫なように、行動するしかなくなりますよね。

他人に宣言してしまうと、ますますやるしかないわけです。

 

パレスホテル東京 皇居

 

宣言したご本人は、宣言後も、

「怖い~~!!」とおっしゃっていましたが(笑)、

新たな1歩って、だいたい誰でも怖いもんです。

私だってもう、毎度毎度怖いことばっかりです(笑)。

 

だからこそ、「よしっ」って決めないと進めないのだし、

誰かの前で宣言しないと、決意が揺らいでしまったりする。

今回は「証人」が5人もいるので、もう逃れられない(笑)。

私、言われたことけっこうしつこく覚えているタイプだし…w

 

でもね、逃げ道のない人は強いです。1歩前進、おめでとう^^

 

気持ちの整理をして「決断」と「宣言」をする場としても。

また、決めたはいいけど、この後何をしたらいいの…?という方も。

3日間限定のざっくりコンサル(何でも相談室)、ご活用くださいね。

頭と心の整理ができて、自分に必要な1歩が確実に踏み出せます。

 

※今後、このような個人セッションの予定は、いまのところありません。