Blog Detail

【夏休みの宿題】「すごーい!」以外の言葉で感動を表現せよ。

29 7月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

いや、別に絶対に言ってはいけない、というわけじゃないのですよ。

「すごい」って言葉、つい出てしまうこともあるし、便利だし。

でも、便利だからと言って、あんまり連発するのも…ね。

 

言いたいことが的確な言葉にできない…

ボキャブラリーが少なくてうまく文章が書けない…

 

こういうご相談、以前から本当に多いんです。

頭の中にあることを的確に表す言葉が見つかりません…と。

 

厳密に言うと、完璧に一致する言葉探すほうが無理なんですけどね。

私だけがそう思ってるわけじゃなくて、複数の文章本で見ましたので、

えーと、まあそういうわけで、適度に諦めてください(笑)。

 

そうは言っても、言葉が思いつかなくてブログが書けないとか、

日々のお仕事に差し障りがあると、ちょっと困っちゃいますよね。

 

そこで、タイトルの話!この夏の宿題です(笑)。

 

「すごーい!」以外の言葉で感動を表現せよ。

 

ついつい言ってしまう「わーすごーい!」をやめて、

違う表現で感動を伝えるとしたら、どういう言葉を使いますか?

 

IMG_3042

 

この↑景色を見て、「すごーい」って言うのは簡単なんですが、

景色を見ていない人にも、雰囲気が伝わるようにするには、

もう少し具体的な言葉で描写する必要がありますよね。

(もちろん、こうやって写真を貼ることで伝わるものもあるけど、

「あなたが」どう感じたのかは、あなたが説明しないとわからないよね)

 

そもそも、「すごーい」ってなんとなく言うけれど、何がすごいんだろう?

難しい言葉でなくてかまわないので、いろいろ説明してみてください。

 

・海の色が、関東ではなかなか見られないエメラルドグリーンでわくわくする

・よく見ると淡い色と深い色のグラデーションになっていて、とても美しい

・水面が太陽の光できらきら輝いているのを見ると、心がときめいてくる

 

…などなど。

類語辞典なんかも、うまく使ってみてくださいね。

とりあえずWebの無料版でもかまわないと思います。

 

ボキャブラリーって、やっぱり使わないと減ってしまいます。

いつも「すごい」ばっかりでは、気の利いた表現なんて忘れちゃいます。

(気が利いていなくても、使わない言葉って忘れちゃうものです)

 

それに、ざっくりとした抽象的な言葉ばかり使っているのって、

具体的に考えていないから、そういう言葉しか使えないのね。

抽象的な言葉って、相手には「なんとなくわかった」レベルにしか伝わらない。

そう、「なんとなく」で済ませていると、伝わる文章って書けないんですよ。

 

言葉にできないぐらいの感動、というのもあると思いますが、

「すごーい!」って言ったら、「何が?」「どんなふうに?」って、

3回に1回でもいいから(笑)ツッコミ入れてあげると、勉強になりますよ~。

つい「わあ!」とか「きゃー!」で済ませがちな方もぜひ(笑)。

 

 

*************

☆さらに詳細なボキャブラリー対策や文章のご相談は、

魅力発信コンサルティングで受け付けております。

 

8月の3日間限定!何でも相談室「ざっくりコンサル」を開催します。

ざっくり塾でお話している内容等、個別に相談に乗ります!

 

◎その他のメニューは、こちらからご覧ください。