Blog Detail

「見つけてもらう」と「選んでもらう」は別。中身で勝負、できますか?

21 7月 15
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

はじめましての方が会いにきてくださったとき、

特に、魅力カルテ魅力発信コンサルのように、

いきなりマンツーマンのサービスをお選びくださったときは、

「どこで私のことを知ってくださったんですか?」と、

必ずひとこと伺うようにしています。

 

知人の紹介とか、シェアされたブログ記事を見て…とか、

いろんな答えが返ってくるのですが、

最近意外と多くて驚くのが、このパターンです↓

 

『たまたま、誰かがFacebookで、

ちえさんの記事に「いいね!」していて、

気になったのでブログに飛んでみたら、

すごく良いことが書いてあって、表現も素敵で。

それから記事をがっつり読み込ませてもらって

お会いしてみたいと思ったので申し込んだんです~』

 

共通の友人が1人もいない方に限って、

このパターンでお越しくださったりしているので、

誰のもとにどうやって届いているか、

ほんとわからないもんだなあ…と思うわけです。

 

それで。

 

お客様からのこの反応を聞いたときに、

「見つけてもらう」のと「選んでもらう」のは別だなと、

わかってはいたけれど、改めてはっきり自覚したんですね。

 

IMG_5031

 

さっきのお客様の反応で言うと、

 

『たまたま、誰かがFacebookで、

ちえさんの記事に「いいね!」していて、

気になったのでブログに飛んでみたら、

↑↑↑

この辺までが、「見つけてもらう」話。

 

すごく良いことが書いてあって、表現も素敵で。

それから記事をがっつり読み込ませてもらって

お会いしてみたいと思ったので申し込んだんです~』

↑↑↑

で、結果的に「選んでもらう」ことができたわけです。

 

「文章が読みやすくて、どんどん引き込まれた」

「ちえさんみたいな肩書き、私も欲しいです~!」

「ブログに書かれていることにすごく共感しました」

 

選んでくださったお客様にお話を伺うと、

いろんな褒め言葉を一緒に返してくださるのですが、

少なくとも、ブログを見て、「イマイチだな…」と思ったら、

私のところには来なかったはずでして。

 

最後は中身で勝負でしょ、って改めて思うのですよ。

 

もちろん、商品・サービスを買ってもらうためには、

存在を知ってもらう=見つけてもらうことも大事です。

多くの方が気にするSEO対策とか、アメブロの読者登録は、

この「知ってもらう」「見つけてもらう」ための方法ですよね。

 

でも、当たり前のことですけど、

見つけてもらえたからと言って、買ってもらえるわけじゃない。

 

当然ながら、多くの人に知ってもらえれば、

それだけ興味を持ってもらえる確率も高くはなりますが、

最終的な目的は、やっぱり「選んでもらう」ことであって。

 

選ばれようと思ったら、

当然、商品・サービスが魅力的じゃないとダメだし、

透けて見える人柄も魅力的に見えないと、難しい。

 

それだけ、商品・サービス自体の魅力も、

自分自身の魅力も、ちゃんと伝える必要があるってこと。

 

私の場合、ブログに裏表も遠慮もないせいか(笑)、

たまたま見つけてくださった方、みんな理想的なお客様なんです。

(他の人が悪いという意味ではないです!)

 

お会いしたことがないからこそ、

私の発する言葉を1つ1つしっかり読み込んで、

本当に私に共感してくださったうえで、

お越しくださっているのだろうな…と予想しています。

 

というわけで。

中身で勝負、あなたはできますか?

 

 

*************

即答できないそこのあなたに、心からオススメいたします。

伝えたい想いを明確にして、言葉で伝えられるように。

魅力発信コンサルティング3回コース始めました!(単発もあります)

 

まずはご自身の魅力を明確に知りたいという方へ。

HPリニューアルやサービス変更の前に受ける方も多いです。

あなたの魅力を言葉で伝える魅力カルテ。

アーティストさんは、作品の魅力カルテもどうぞ。

 

◎その他のメニューは、こちらからご覧ください。