Blog Detail

誰も悪くない、誰も責めない。私の考える人間関係論。

16 7月 15
魅力翻訳家CHIE
, , ,
No Comments

 

昨日は4回目の「魅力翻訳家のざっくり塾。」

集客の時点で、なかなか面白いことが起きたのですが(笑)、

まあ、結果的に良いようになるもんですね。何事もそうだけど。

 

開始前の板書はこんな感じ↓(もちろん後で書き込み増えました)

11234824_872511116169461_8020067981921874543_o

 

どんな人間関係も根っこは同じだよね…というのは、

先日ブログにも書きましたその根っこが①と②ね。

(①と②の中身は、このFBの投稿にも書いてあります)

 

でも、人間関係ってどうしても相手がいるものだから、

自分がいくら頑張ってもダメなことって、やっぱりあるんです。

そんなときに、相手に文句を言い続けるのも建設的じゃないし、

「私が悪いのかな…」ってぐるぐる悩んでしまうのもちょっと違う。

 

そもそも誰も悪くない、誰も間違ってない、ってこと多いですもの。

ただ、物事の見え方が違ってたり、伝え方が違ってたりするだけで。

他人を責めても自分を責めても、なんの解決にもならないんです。

(だからこそ、あれこれ狭いと、うまくいきにくいわけですね)

 

私の個人的なスタンスとしては(完璧にできているわけじゃないけど)、

 

自分のことも、相手のことも、まずは100%信じる。

そのうえで、関係がうまくいくかどうかはわからないけど、

どっちにしても、結果的に最善の形になると信じてかかわる。

ただし、自分のことを粗末に扱う相手や、自分を疲弊させる関係は、

しっかり線を引いて、距離を置く。だって、自分大事だもの。

 

こんな感じのことをとりあえず心掛けています。後半大事!

自分を大切に扱う習慣のある人は、ちゃんとこの線引きができるので、

大切に扱ってくれる人しか周りに残らなくなりますね。結果的に。

 

自分を責めてしまうクセのある人や、理不尽な人間関係の多い人は、

「あ、今自分を責めてる」「なんか私、粗末な扱いを受けてる」といったことに

①まずは気づけるようになることと、②気づいたら思考回路を切り替えること。

「それ、ほんと?」が魔法の言葉。自分にツッコミ入れましょうね。

 

思考のクセは、習慣づけないと直らないので、日々「筋トレ」「ドリル」です^^

 

◎次回のざっくり塾は、9/5(土)11時~になります。

テーマは「魅力の見つけ方・使い方」です。

(8月は、過去の参加者限定でアフタヌーンティーをします。

募集始まってるので、該当される方はグループをチェックしてくださいね^^)