Blog Detail

フォトブックの本音。「使える道具を全部使う」とこうなる

24 6月 15
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

昨日の記事に書いた、「使える道具は全部使う」という話をします。

 

3月から販売していたフォトブック。

1人で3冊、5冊、10冊、20冊(!)と購入くださる方もいて、

先月のうちに完売しております(まとめ買いご希望の方だけ個別に承ります)。

 

フォトブック「私は生きる。私のままで。」

 

いろいろな方から、嬉しいご感想を頂きました。

ブログやFacebookでご紹介くださった方もいれば、

「プレゼントしてもらった」という見知らぬ方からメールをもらったり。

 

でね、私一応「フォトブック」を作ったわけなんですが、

感想の大半が、添えた言葉に関することでした(笑)。

写真のこと1行、言葉のこと10行、みたいな(笑)。

 

まあ、今回フォトブック買ってくださった方は、

「言葉のプロ」として私を認識してくださっている方がほとんどですし、

私の写真は万人受けするものではない、と自覚していますので(笑)、

ある程度は予想していました。言葉のほうが受けるだろうなって。

 

でも、ここまでですか、そうですか…と。

写真について、もっとなんかないの?って真剣に思った(笑)。

 

フォトブック「私は生きる。私のままで。」

 

ただね、改めて思い直してみると。

 

言葉があったからこそ、買ってくださった方もいるはずで。

写真にもとから興味を持ってくださってる方なら、

どっちにしても買ってくださっただろうと思うのですが、

私の言葉が好きな方は、写真だけだったら買わなかったかも。

 

そして、言葉に惹かれて購入いただいたとしても、

結果的に、写真も目にしていただけたわけですよ。

 

そう、まさに「使える道具を使った」からこそ売れたんだなと。

昨日書いた「複数の発信方法があるという強さ」なんですね、これが。

言葉のおかげで、写真を見てくれる人を増やせたのだから。

 

在庫がなくなる頃になって、ようやくこのことが納得できました。

 

私の場合は、言葉の威力が放っておいても強い(笑)。

自覚もありますし、いろんな人から「言葉が強い」と言われていますし。

だから、言葉に注目が集まるのは仕方がない…というか、

むしろ、それを活用しない手はない!というわけなんですね。

 

今回はフォトブックの話でしたが、

毎日のブログなんかでも、同じことが言えます。

世の中、文章を読むのが好きな人ばかりではありません。

でも、絵や写真、動画などがあれば、そういう方にも伝えられる。

逆に、ビジュアルだけではわかりにくいものには、言葉が必要ですよね。

 

少しでも自分のことを知ってもらう確率を増やすためにも、

伝えるための道具はいろいろ持っているとオトクですし、

今既に使えるものがあるなら、使わない手はない!と思うのです^^

 

 

***********

次回「魅力翻訳家のざっくり塾。」は7月15日(水)です。

今回は「人間関係」がテーマです。人生の大半の悩みって、これじゃない?

 

書き方だけではない、包括的な「伝え方」「発信方法」についてアドバイスします。

ブログやホームページにお悩みの方は、魅力発信コンサルティングをどうぞ。

 

◎その他のメニューは、こちらからご覧ください。