Blog Detail

ただの石ころに見えるのは、あなたがそうと決めたから

12 6月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「こういうところが素敵ですよね」とお伝えしても、

「いえいえ、そんなことないんです…」と否定される方がたくさんいます。

わざわざ、「こんなところがダメで…」と、ネガティブ変換してくださる方まで(笑)。

 

私は、魅力を引き出して言葉でお伝えするのが仕事ですが、

ご自身が魅力だと受け入れない限り、魅力は魅力として輝きません。

お金払って魅力カルテとか受けていただいてもムダになるわけで、もったいない…。

 

誰の中にも、素敵な宝物がたくさん潜んでいるわけですが、

自分では、どこを掘り返してもただの石ころばかり…と思っていたりするものです。

でも、石ころだと決めつけているのは、自分だということに気づいてほしい。

 

だいたい、ただの石ころって言い方も、石ころにわりと失礼で(笑)。

石だって磨いてみたら、輝き出してアクセサリーになるかもしれないし。

日本庭園を美しく見せてくれる、とても良質な石かもしれないし。

よく見たらウサギの形に見えて、顔を描いたら素敵な作品になるかもしれないし。

何に化けるかわからないのに、「ただの石ころ」って決めつけられる石ころも不憫よね(笑)。

 

ちゃんと見る気がなければ、いつまでもただの石ころです。

でも、「この石、なんかきれい」「何かに使えそう」など、違う目で見ることができれば、

そこからどんな可能性が生まれるか、どんな未来が生まれるか、わかりません。

 

自分の可能性をただの石ころだと決めつけているのは、自分です。

すばらしい魅力に、泥をかぶせて隠しておいているのは自分です。

1つ1つ掘り起こして、洗って泥を取って、よく眺めてみたらいい。

 

それでも石ころにしか見えなかったら、誰かに聞いてみたらいい。

必ず、あなたが気づいていない宝物を見つけてくれるはずだから。

 

IMG_9329

※あえてぼかして撮りました。さて、何でしょう?

 

 

***********

※残席2です

次回「魅力翻訳家のざっくり塾。」は6月23日(火)です。

文章、写真、動画、フォトブック…。

いろいろやってきた私なりに、「伝える」とか「表現する」の話をします。

 

何をどう掘り返しても石ころしか出てこないんだけど!という方、

魅力カルテでその思い込みを覆します(笑)。受け取る準備だけしてきてね。

 

◎その他のメニューは、こちらからご覧ください。