Blog Detail

【フリーランスの覚悟】マックでバイトしてでも、その仕事続けたいですか?

09 6月 15
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

…というのは、フリーランスになりたての頃、フリーの先輩に言われた一言だったと記憶しています。

 

当時の私は、英語の翻訳業でフリーになって、まだ1、2年?

たしか当時は、リーマンショックの頃じゃなかったかなあ。

翻訳の仕事も、分野によっては大きく影響を受けてしまったようで、

「仕事がなくて失業状態」なんていう話を耳にしたこともありました。

(私はその「分野」が良かったのか、1ミリも影響を受けなかったけど)

 

マックでバイトしてでも続けたいかどうか。

 

もちろん、始めた仕事が順調に行くのが一番なんですが、

万一、リーマンショックのようなことがあって仕事がなくなっても、

事業が軌道に乗らなかったり、うまくいかなくなったりしても、

それでもその仕事を続けていく覚悟が、自分にはあるだろうか?

バイトして収入を補いながらでも、続けていこうと思えるだろうか?

 

たしかこういう話でした。

早い話が、覚悟できてますか?っていう問いかけですね。

 

この話を聞いた当時、私はまだ20代でしたので、

自分でやっていくのってやっぱり大変だよな…ぐらいのことは思いましたが、

まだ若かったこともあって、バイトにそれほど抵抗がなかったんですよね。

20代のうちなら、最悪まだフルタイムの会社員にも戻れるはず…と思っていました。

年齢が上がってから独立する人のほうが、バイトに抵抗を示しますね、どうしても。

 

湘南新宿ライン恵比寿駅

 

あれから、5年以上10年未満ぐらいの月日が流れていまして、

私は幸い、マックを含め、バイトで補う必要性は生じていないのですけど、

いろいろな人を見てきて、「覚悟」ひとつで大きな差がつくことを実感することは、とても増えました。

 

「覚悟」というものが、どれだけ人を左右していることか。

 

絶対この仕事を軌道に乗せるんだ、続けるんだ、という強い想いに加え、

自分でよく考え、1つ1つの決断をして、失敗しても言い訳しない人は、

他人に振り回されることもなく、自分を信じてしっかり歩いています。

 

こういう覚悟のある人は、軸が見えますし、順調に進んでいる人も多いですが、

そうでない人は、揺らいで見えますし、趣味レベルを超えられない印象もあります。

マックでバイトなんて嫌だ、でもうまくいかなかったらどうしよう…みたいな、

自分に自信がなくて、何もかも決められず曖昧なままのゆらゆら感というか。

 

1つ1つの小さな決断ができないとしたら、大きな覚悟なんてとても決められない。

 

まあ結論としては、「マックでバイトする覚悟」がある人ほど、

実際にバイトする確率は低いと思います、だって覚悟できてるから(笑)。

 

 

***********

 

◎現在ご提供中のメニューは、こちらからご覧ください。