Blog Detail

コピーライターよりも、売る側が死んでいないだろうか

28 5月 15
魅力翻訳家CHIE
, ,
No Comments

 

糸井重里さんの話が、一部で話題になっているみたいで。

↓↓↓

糸井重里さん、コピーライターやめました 売れるを語る

コピーライターという職業は「死んだのか」 糸井重里の「引退宣言」にネットで批判も

 

私個人としては、糸井さんの意見にとても共感できます。

その流れで、私が思っていることをここに書き残しておこうと思います。

私はお客様が主に個人事業主なので、ちょっと視点が違うと思いますが…。

 

11200612_841005272653379_1678935751049168_n

 

私自身、以前は文章を代筆するサービスをもっと幅広くやっていて、

サービス案内もキャッチコピーも、頼まれれば全部お書きしていました

でも、思うところがあって、全部やめました。

 

「文章さえ書ければ売れるのに」「キャッチコピーさえあれば売れるのに」みたいな、

言葉で何とか売って!的な雰囲気を感じることがあって、それが嫌だったから。

 

言葉が力を宿すとき、当然ながらライター側の力量もあるんだけど、

エネルギー源って、商品・サービスの作り手が生み出すものだと思っています。

どれだけ真剣に、どれだけ本気で、自らの商品・サービスと向き合ってきたか。

お客様の役に立てる自信があるか。お客様に勧められる良いものだと言えるか。

そのエネルギーをもらったうえで、ライターは(少なくとも私は)それを文字にします。

 

「今流行っているから」「これから来るらしいから」と、情報に流されただけとか、

「コンサルの人にそう言われたから」と、言いなりで持ってこられたものとかも、

もちろん、頼まれれば、魅力的な切り口を提案して言葉にしますし、できます。

 

でもね、起業しちゃったら、一度言葉にすればいいだけじゃなくて、

この先ずっと、何度も伝え「続け」なければいけないんですよね。基本、自分で。

パンフレットとかホームページができたら終わり、ではないんです。

 

自分で考えずに「他人事」みたいな状態で、文章をプロにやってもらったとしても、

個人事業主の場合は特に、実際にお客様とやり取りをするのは自分ですし、

ブログとかFacebookとか、Webでの発信を続けてやっていくのも自分です。

他人事っぽさって、お客様に伝わっちゃいます。気持ちが乗っからないから。

 

だから、他人の力を借りるときほど、基本的な熱量があるのって絶対条件じゃないかなあ。

言葉を紡ぐ作業は人に頼んだとしても、頭を使う努力を、より良いものを作る努力を、

想いを確かめることを、お客様の喜びを思い描くことを、投げ出してはいけないと思う。

(もちろん、それに取り組むために助けを求めるのはOKだけど)。

 

そんなわけで、冒頭の記事にあえて結び付けるならば、

コピーライターという職業は全然死んでないと思うんだけど、

もし巧いコピーや言葉頼みで、適当なモノを売っている人たちがいるのだとしたら、

そういう人たちの心のほうがよっぽど死んでる感じがするんだけど、どうでしょうかね…。

 

 

 

◎現在受付中のメニューは、こちらからご覧ください。