Blog Detail

ダイエットだけじゃない。心もリバウンドします。

22 5月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

なんか最近、人に会うたびに「ざっくり塾気になります」って言われるのですが…(笑)。

 

5月31日の「魅力翻訳家のざっくり塾。」は、「自分を好きになる」というテーマでお話しますが、

以前こちらの記事に書いた通り、私自身は「自分を好きになる」ってあまり言わなくなりました。

 

11051959_801133933307180_925204742339020805_n

 

決して間違っているわけではなくて、大事なことなのですよ、自分を好きになれること。

でも、私自身の経験からも、他の人を見ていても感じることなのですが、

好きになろう、好きになろうとするほど、「リバウンド」しちゃうような気がしています。

 

ダイエットしてリバウンドしてしまうときって、わりと極端なことをやるときではないでしょうか。

食べなきゃやせる!みたいな感じで、食事ごそっと抜いてすごい我慢したりして。

で、結局何かの拍子にやけ食いしてしまったりして、自己嫌悪に陥って…の繰り返し。

0か100か、みたいなやり方は、リバウンドしやすいような気がします。続かないしね。

 

一方、「自分を好きになろう」って思うのは、今そう思えなくて苦しいからですよね、たぶん。

自分を好きになると、人生うまく回るようになるよ…って言われたりするとなおさら、

今すぐにでも変わりたい、自分を好きになりさえすれば変わる…って力が入るんですが。

 

急に何でもかんでも好きにならなくちゃって、そりゃ無理じゃないかね(笑)。

 

好きになろうって頑張ってしまう人ほど、「嫌い」が許せなくなってしまうみたいで、

ちょっとでも自分が好きになれないと、自分がすごくダメな人に思えてしまう。

で、「しばらく落ち込んでました…」なんて近況報告が出てきたりするんだよねぇ。

これまた、0か100かみたいな考え方だから、両極に針が振れてしまうわけですよ。

 

両極を体験しないとわからないこともあるし、良し悪しの話ではないんです。

でも、心がぶんぶん揺れ動くのって、あまり頻繁だとけっこうしんどいですし(笑)、

リバウンド繰り返す状態を何年もやってる人、これまでに何人も見てきたのですよね…。

 

「好き」という言葉を強調すると、どうしても裏側にある「嫌い」も影として強調される。

もちろん、今まで目を向けていなかった「好き」に目を向けるのは大事なんだけど、

黒い影が敵みたいに見えちゃって、よけいリバウンドするのかなって思ったりもしたので、

あまり「自分を好きになる」って言わなくなった…っていうのもあります。

 

好き嫌いに振り回されずに心を安定させる具体的な方法は、31日に譲りますね。

 

 

***********

次回ざっくり塾は5月31日(日)。

「自分を好きになる」がテーマですが、ぶれない自分の作り方や、

揺らいでしまったときの落ち着き方などがメインになりそうです。

 

自分のよりどころや道しるべとして、魅力カルテも年中オススメしてます(笑)。

 

◎その他のメニューは、こちらからご覧ください。