Blog Detail

オリジナルの仕事をするなら、すべては○○。ざっくり塾開講しました

19 5月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

昨日は「魅力翻訳家のざっくり塾。」開催しました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!

参加者専用のFacebookグループで、限定情報等、流していきますね。

 

10411130_782078835212690_351886259670708366_n

(ざっくりすぎて写真はありませんので、いつかの写真でごまかしますw)

 

「オリジナルの仕事について」というテーマを設定しておいたのですが、

今回は、これから起業を検討している方が多かったこともあり、

事前に質問いただいた内容は以下の通り、とても多岐にわたっていました。

 

・メニューの伝え方(書き方)
・メニューの値段設定
・嫌らしくないアピールのしかた
・集客方法
・セミナーを開いた時等のリスクの考え方
・オリジナルが仕事になるという発想から確信まで
・ブログテーマを構築する秘訣
・ブログ継続させる秘訣
・表現のしかた
・ターゲットの絞り方

 

さまざまなステージの方に、この内容を2時間でお話するとなると、

1人1人に合わせた細かい話はもちろんできないわけなのですが、

だからこそ、誰にでも通用する本質的な部分がお話できる良さもあるかなと。

(個別のご相談は、魅力発信コンサルとか魅力カルテとか用意してますし)

 

だいぶしゃべり倒した感がありますが(爆)、メールやFacebookで頂いたご感想を見ていると、

各自がちゃんと必要な情報を持ち帰ってくださったかな…と、ひとまず安心しております。

 

「オリジナル」というのは、こちらの記事にも似たようなことを書いていますが、

結局のところ、「原点に戻る」「自分に戻る」ということになります。

 

人がやっていないことをやろうとすると、単なる人まねより勇気が要ります。

新しいものは、当然ながら理解してもらえない可能性もあるわけですし。

「魅力翻訳家」だって、聞きなれない肩書きだから、知ってもらうまでが大変で(笑)。

翻訳家さんですか、英語できるんですね、って名刺渡すと今でも言われますw

 

人と同じようなもの、巷に溢れているものをやっているほうが、たぶん簡単。

それでもオリジナルの仕事をするなら、自分がしっかりしていないと続かない。

仮にすぐに理解してもらえなくても、伝え続けられるかどうか。

「私はこれが良いと思っている」と、信じ続けられるかどうか。

 

「自分に戻る」のがオリジナルですから、

自分という土台がしっかりしていることが絶対条件になるわけですね。

 

ざっくり塾は、そういう根っこの部分をしっかり作る場でありたいと思っています。

手法を教えてくれるところはいっぱいある。手っ取り早さだけなら、そちらに行けばいいかもしれない。

でも私はまず土をきっちり耕したいし、ちゃんと根を張れる環境を作りたいのです。

 

***********

次回ざっくり塾は5月31日(日)。「自分を好きになる」がテーマですが、

ぶれない自分の作り方や、揺らいでしまったときの落ち着き方などがメインになりそう。

ここまで読んでのとおり、オリジナルの仕事をしたい方には必須テーマです。

 

その前に、明後日5月21日(木)に「ゲリラお茶会」がありますので、

ざっくり塾のことを聞いてくださるも良し、私が怖くないか確かめに来るも良し、です(笑)。