Blog Detail

【自分軸を持ちたいあなたへ②】軸がぶれるってどういうこと?

16 4月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

※昨日の記事の続きです。

【自分軸を持ちたいあなたへ①】そもそも「自分軸」とは?

 

鎌倉長谷大仏

 

自分軸はぶれてはいけないの?

 

→別にぶれたっていいじゃない。

 

私は軸ってわりと緩いもんだと思っていまして(笑)、

ぶれることもあるよね~という考え方で生きています。

 

自分軸を「判断基準」とか「価値観」と定義するのであれば、

そんなもの、生きていれば変わってもおかしくないはずですよね。

「価値観が180度変わりました!」みたいな出来事、起きたらだめですか(笑)?

 

だから、別にぶれたっていいのですよ。「ぶれ」じゃなくて「変化」。

 

たしかに、言動があまりにコロコロ変わる人は信用されにくいかもしれません。

でも、コロコロ変わっているそれって、軸じゃなくて単なる感情だったりしませんか?

軸がぶれるのと、感情が揺れ動くのは、本来別の話のはずです。

 

 

自分軸が見つからないのです…。

 

→そもそも自分軸がない人はいないです。

 

魅力カルテ作ってるとよくわかるんですが、誰でもちゃんと自分軸ってあります。

「軸がない」「ぶれてる」って悩んでいる人は、軸がないんじゃなくて、

「片道4車線ぐらいありそうな幅広い道を走っているんだ」と思ってください(笑)。

 

なにしろ4車線もあるから、車線変更し放題(笑)。

それを、右に左にふらふらしているように思ってしまうみたいですね。

 

でも、車線変更したって、同じ道走ってるでしょ?

実際、ちょっと俯瞰して見てあげると、ちゃんと1本の道を進んでいるんです。

自分のことだから見えにくいだけで、ちゃんと進むべきところに進んでますよ。

 

誰もが、生きている中で日々いろんな選択をしています。

だから、選択の集合体である自分軸がまったくない…っていうのは考えにくいです。

 

 

自分軸を明確にしたいなら。

 

自分軸が、人生どんな選択をしてきたか?の集合体でできているとしたら、

自分が今までどんな選択をしてきたのか振り返ってみることと、

これから先、自分はどんな基準で選択をしたいのか考えてみること。

 

そして、実際に自分で1つ1つ考えながら選択していくこと。

仮に、今はぼんやりとした軸しか見えなかったとしても、

結果的に、その積み重ねが自然と軸を絞っていってくれます。

 

とにかく、自分軸はどっかから拾ってくるものじゃない。自分の中にしかありません。

ないと悩むぐらいなら、淡々と自分と向き合い、自分で考え、選んで、生きるのみです。

 

東京スカイツリー@浅草

 

ちなみに、私自身の自分軸は「自由であること」です。

いつも自分が最も自由でいられる選択をしてきたし、これからもきっとそうする。

 

そして、自由であるためにも、自分らしくオリジナルでありたいし、多くの人にそうあってほしい。

だから、「オリジナルで生きる」ことを仕事のコンセプトとして掲げていますし、

1人1人が自分らしく輝き、他人を尊重できる社会になってほしい、と願って仕事してます。

 

 

**************

★「自分軸」を見つけたい方にもオススメのサービスです。

魅力カルテは、あなたの魅力を分析して文章化。自分らしい生き方の地図が手に入ります。